So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

4/8 奥高尾縦走②陣馬山~高尾599~高尾山・夜間ムササビ観察 [■お出かけ・雑記]

〈行程〉
06:45 高尾山駅到着
07:30 高尾山登頂 6号路
09:10 小仏峠
11:02 景信山登頂
12:52 明王峠
13:37 陣馬山登頂~高原下バス停まで和田林道を歩く
16:00 高尾599ミュージアム
17:00 高橋家で夕食
17:40 ケーブルカーで薬王院へ
18:00~20:00 高尾山でムササビ観察、1号路を下山

陣馬山までに一度急登がありますが、あとはなんてことないです。足の痛みは下山時に酷いので、登りの方が楽でした。奥高雄は林道もあれば気持ちの良い稜線もあり、奥深い森も楽しめ、展望が各々異なりリラックスして歩けるのがいいですね。
陣馬山ではコーヒー二杯にドーナツ♪ 40分ほど休憩し、平原のような広い山頂でお昼寝したくなる気持ちをぐっと抑え、急いで下山。ハイカット履いてるのに舗装された和田林道をジョギング気味に歩く。
登山客が多かったため、バスは急行の臨時便も出ました。

陣馬高原下バス停でJR高尾駅まで行き、再び電車で京王高尾山口駅に戻り【高尾599ミュージアム】へいきました。 丁度生き物の剥製が飾られている壁でプロジェクションマッピングが始まり、高尾の動物たちが躍動し四季折々の素敵な物語を紡いでいました。
こちらのミュージアムは動植物の標本が主です。整然と並べられており清潔感があるからか、昆虫苦手な私でも見ることに耐えられました。
ミュージアムショップは既にしまっており残念。お洒落な手ぬぐいが一押しです。

剥製のムササビを見ていたら見たくなってナイトハイクすることにしました。
【高橋屋】でお蕎麦を食べてビールを引っかけたら、ケーブルカーに乗り薬王院へ。その辺りで日が暮れるのを待ちました。誰もいないかと思ったら、2.3のグループが続々と。
情報では日暮れから1時間が活発と書いてあったのですが、薬王院周辺では見ること叶わず、一時間ほどして下山し始めました。
すると、男坂を過ぎた辺りの道中「ケケケケキキキキ」と鳴き声が!ヘットライトに反射して、闇夜にキラッと目が6つ光りました。子供のいる巣かもしれません。それにしてもムササビの鳴き声はかわいくない(笑)。
残念ながら滑空場面は見ることができませんでしたが、木々の辺りをガサガサしている音は聞こえました。

猿園を過ぎ、いよいよ電柱がなくなり真っ暗になると、ヘッドランプに蛾が飛んでくるので困りました。
更に下ると水飲み場辺りでテンらしき生物にも出会いました。逃げる胴体の長い生き物が光に映し出され(笑)。
しかし野生生物の観察をする学者や写真家などには頭が下がります。ただなにもせず待つのが苦痛でしょうがない。もちろん、少しでも巡り会えたときの喜びったらありません。

闇夜で登ってくる何組かとすれ違いました。昆虫採集(網を持っていた)、暗闇デート、いろいろ理由はあるでしょうが、不思議でしょうがない。相手も私たちのことをそう思っていると考えると面白い。

2018-04-19T18:52:38.jpg
Fotor_15239471582023.jpg
↑明王が岳にもベンチや茶屋
2018-04-19T18:52:38.jpg
2018-04-19T18:52:38.jpg
2018-04-19T18:52:38.jpg
2018-04-19T18:52:38.jpg
2018-04-19T18:52:38.jpg
2018-04-19T18:52:38.jpg
P_20180408_164316-800x600.jpg
2018-04-19T18:52:38.jpg
2018-04-19T18:52:38.jpg
2018-04-19T18:52:38.jpg
2018-04-19T18:52:38.jpg
↑誰もいない薬王院
2018-04-19T18:52:38.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

4/8 奥高尾縦走①高尾山~小仏峠~景信山 [■お出かけ・雑記]

〈行程〉
06:45 高尾山駅到着
07:30 高尾山登頂 6号路
09:10 小仏峠
11:02 景信山登頂
12:52 明王峠
13:37 陣馬山登頂~高原下バス停まで和田林道を歩く
16:00 高尾599ミュージアム
17:00 高橋家で夕食
17:40 ケーブルカーで薬王院へ
18:00~20:00 高尾山でムササビ観察、1号路を下山

普段から高尾は人が多いので、相方が行きたくないと後回しにしていた奥高尾縦走。
難易度の順番で言えば、雲取山よりも先に来るべきでしたが(笑)、桜が見頃ということと、移動費が安い!という強力な動機により実現しました。

始発で高尾山口に到着。気持ちよい6号路をのんびり。既にトレランの人が降りてきたり(笑)。
先週の雲取山の疲れが残ってるので、異様にゆっくりなペースになってしまった。
高尾に登頂、春霞の出る前に登って良かった。富士山がくっきり!
途中にあった硯岩は昔海の底にあった高尾一帯が地殻変動で盛り上げられ、砂や泥が固められたものだという。堅く粒子が細かいので、硯や碁石に使われたことから別名「硯石」と呼ばれたと言います。
忘れましたけど、これ、絶対ブラタモリで紹介されましたよね。

2018-04-19T18:36:13.jpg

2018-04-19T18:36:13.jpg
↑6号路を登ります

2018-04-19T18:36:13.jpg

2018-04-19T18:36:13.jpg

2018-04-19T18:36:13.jpg

一丁平、モミジ平の満開の桜を眺めながら小仏峠へ。開けた茶屋の上に降り注ぐ桜。日本百名山のロケが来てました。登山家の名前はわかりませんが、記念写真を撮ってる方がちらほらいました。 ろくな朝食をとっていなかったので、ここで早めの昼食。

2018-04-19T18:36:13.jpg
↑まだ午前中なので霞がでておらず富士山が見えます

2018-04-19T18:36:13.jpg

2018-04-19T18:36:13.jpg

2018-04-19T18:36:13.jpg

2018-04-19T18:36:13.jpg
↑道中、花が咲き誇ります

気持ちの良い林道から相模湖を垣間見たり、開けた眺望から関東平野が眺められたり、トンネルが下を通ってる山道では軽めのアップダウンを繰り返し、景信山に到着!
崖のギリギリまでベンチとテーブルがあるのがいいですね。木々が影になって、ちょっと密やかな気分になる。
ここでは小休憩だけにし、茶屋の一つの看板犬と戯れて癒されました。
5匹いたのですが、雑種?と巨大プードルちゃんと秋田犬!みんないい子でしたが、プードルちゃんはとっても大人しい!フワフワの毛をさわると気持ちよさそうにしてましたが、毛が細過ぎて厚みがないため、骨の感触がじかに手に当たるのでなるべく優しく撫でました。
対して、秋田犬の毛の密度はすごいです。もっさもさで分厚くて。山の男!っていう雰囲気です。
雑種はシエパードとボクサーの混血犬のようでしたが、泥まみれのままじゃれてくるので嬉しいやら困るやら。

犬に癒された後は、陣馬山へgo! しかしこの途中、右足首痛が再発してしまったので、ゆっくり怪我しないよう歩いたのでペースが遅くなり、そのため相方が疲れてしまったようです(笑)

2018-04-19T18:36:13.jpg

2018-04-19T18:36:13.jpg

2018-04-19T18:36:13.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

4/17 super rugby サンウルブズvs.ブルーズ [■スポーツ観戦]

〈イベント〉
ウルビーバルーンが向かって左に移動。 三菱自動車、宝くじブースなど先週と変わらず。
コンコース内にJスポーツが提供したスクラム「VR」体験が面白かった。
最初にドームに入り、ボールの視点でスクラムを見上げる形。
堀江さんやジャバさんのぶっとい足がこれでもかと押し寄せる!あー触りたい。
その後ドームを出てVRのヘッドセットを(手で)支えつつ鑑賞。ドームで見た通りのスクラムが、実際にそこで行われているように見えました!思わず立ち上がってしまいました。何となく立ち上がった方が選手と目線が合うような気がしました。

●稲垣の解説
・1回目のディフェンスで人数を割きすきている。一人の人に対して人が集まりすぎている。ラックに無駄に人数をかけすぎている。相手が少ない人数でボールを回そうとしているのに、サンウルブズは人数をかけている。
一週間そのディフェンスを修正してきた。
・ラインアウトは、後ろにパスを出せればバックスに速やかに回せるため、それに固執しすぎていたからミスが多くなったり、相手に読まれた。
・ジャバさんなどジョージアのスクラムは癖があるので、いま日本流に仕込んでいるところ(笑)
・ナイアボロに対して無策すぎた。
・マイケル・リトルは運動量も多く、チームに刺激を与えてくれるいい選手。
・敵陣深く切り込んで、トライ寸前でボールを奪われて、一気にゲインされてトライされるのは一番やってはいけないミス。
・フォワードがしっかりサポートしていれば、いいトライが生まれる。
・サンウルブズは得点する能力は高いが、ディフェンスのミスが多いため、失点が多い。
・ジョージアのニコロズ・カティアシヴィリのスパイクには「PUSH」と刻印されている。余程のスクラム好きかと。
・・・よく前に出てくれる姫野選手のことも褒めてました。稲垣選手は凄く頭の回転もよく、解説がうまい。将来は解説者ですね!

〈試合概況〉
稲垣が言っていたディフェンスのミスが、今回も出てしまいました!
前半はリードしていたのに、やはりブルーズとは相性がいい気がします。またラピースが気を吐きました。
でも彼がどんなにタックルをかましても、縦に切り込める選手がいないことには。
後半、最終ラインの15番松島が交代。これは、見ていたときは「?」だったのですが、監督曰く「ディフェンスで何回もミスしたから」とのこと。リプレイで見ると、トゥポウも簡単に抜かれすぎていたし、フルバックの松島だけの責任ではない気がします。素人目にも、ちょっと最終ラインやウィングが前に出すぎな気がしますね。

しかし今回はラインアウトもよく通ったし、スクラムでの反則もとられる回数が減ってきた。
それに対してオフサイドが多かった気がします。一進一退ですね!3年間で定着しないメンバー、足りない練習量、長距離の移動、慣れない外国、どんなプロチームでも新造チームが短期間で強くなるわけがない。
地道に応援していこう!と心に決めたのでした。

そういえば、試合が終わった後の会場近くで、相撲の呼び出しさんがいました。テレビで見た美声の人でしたね…。大荷物持ってたから、巡業の帰りかな?

2018-04-21T15:38:20.jpg
↑今回も秘密の場所でエネルギーチャージ
2018-04-21T15:38:20.jpg
2018-04-21T15:38:20.jpg
2018-04-21T15:38:20.jpg
↑VRは手持ちです
2018-04-21T15:38:20.jpg
↑アキラ・イオアネ・・・かも?
2018-04-21T15:38:20.jpg
↑ラガマルがTV出演?!すっかり遠い存在に・・・
2018-04-21T15:38:20.jpg
↑ドヤ顔ジャージはブリッツ

2018-04-21T15:38:20.jpg
↑買っておいてよかった

2018-04-21T15:38:20.jpg
↑気づけば3年目のカーキー。後ろに偶然カーキーのリアルフェイスタオル
2018-04-21T15:38:20.jpg
↑稲垣は解説者タイプですね
2018-04-21T15:38:20.jpg
↑パフォーマンス前のチア
2018-04-21T15:38:20.jpg
↑パフォーマンス後のチア♪元気いっぱい
2018-04-21T15:38:20.jpg
↑ハーフタイムショーはリトルグリーモンスター
2018-04-21T15:38:20.jpg
↑当たったことなどない!


nice!(0)  コメント(0) 

グレイテスト・ショーマン [ヒューマンドラマ]

満足度★90点

■リンゴの場面で傑作の予感がした

告白するとバーナム少年に差し出された林檎の場面で既に、一気に涙のコップが満杯になって溢れそうになってしまった。
表面張力で辛うじて保っていた涙は、何度かのピークを経て「ディス・イズ・ミー」で一気に決壊。
人の悪意ある視線は凶器になる。それをはねのけ、恥じることはないと前に進む勇気に感動した。

いじめじゃないにしろ、大勢の前で恥をかかされたことのある人はわかると思う。恥ずかしさとやるせなさの上に降りかかる、憐れみ。憐れみは善意のようでいて、人を卑下させる。自分が矮小で無価値なものになった気持ちにさせられる。
対等に扱うことが差別ではないことだと思うのだが、人間である限り、完全に心の中の差別を無くすのは難しい。 でも、差別が大手を振って正義面すると、暴力が正当化され暴走してしまう。
偽善的であろうと、皆が差別を露わにするのは恥だと思う倫理観を持つ努力はしなくてはいけない。
誰だっていつか、マイノリティーの立場に立たされる日がやってくるかもしれないのだから。

話は王道中の王道。 貧しい男が成功を夢見て、成功を手にした後に自分を過信しすぎて破滅。そしてなぜ成功を手に入れたかったのか、という原点に立ち返る。
わかりやすい物語を、補って余りある音楽の素晴らしさ。
編集も素晴らしく、流れるようにどんどん話が進んでいく。特に前半部分のバーナム少年とチャリティ少女の話の運び方は見事だった。(チャリティとバーナムを繋いだ思いを表すためのガラスが、バーナムとリンドで使われたときは淋しかった!)

フェイクと揶揄された面々が、本物のタレントに出会ったとき。 その輝きに気圧されながらも、私たちにも私たちなりの生きる場所で輝く権利はあると歌い上げた「ディス・イズ・ミー」。
誰しもがメインストリートで生きられる訳じゃない。メインストリートじゃなくても幸せになっていいんじゃないの、と。 歴史上の見せ物小屋こそ差別の象徴だとか、バーナムを善人に仕立て上げたことへの違和感や批判もあると思う。 しかし史実のバーナムは取りあえず脇に置き、今この真っ直ぐなメッセージを素直に受け取り、歌の持つパワーに身を委ねたいと思った。

ほんの少し物足りなかったことと言えば、せっかく口説き雇ったカーライルの才能を示す描写が無かったこと。白人と黒人カップルが受ける偏見を表すための役割だったのだとは思うが、彼の力でサーカスがブラッシュアップされていく風景を見たかった。そこまで求めるのは、欲張りだろうか。

〈鑑賞後の楽しみ〉
・ミッドタウン日比谷…https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/jp/

3/29に開業してすぐでしたので、まあまあ人は多かった。特に上にあがるエスカレーターへの誘導が非常に悪く、人が並んでいないのに蛇腹にロープが張られており、延々と歩かされてしまった。
鑑賞後ふらふら。3階は日比谷セントラルマーケットが面白い。小売店やアパレルと飲食店が壁で仕切られていないオープンスペースのようになっていて、面白い物がいっぱい詰まってる市場の雑然とした雰囲気を表現しているそう。でも、食べ物と化粧品の匂いが混じってしまうことも…。
立ち飲み【三分】は、銀座界隈にあったときに何度かお世話になりました。この日は客がいっぱいだったので又今度。リーズナブルな地下一階へ。

▼Susan's MEAT BALL(HIBIYA FOOD HALL)(スーザンズ ミートボール)
ボックスかパンかを選びます。ボックスだと必然的にライスになります。肉は牛・豚・鷄、もしくはビーガンから選べます。ソースも4種類から選べます。マッシュルーム、チリコンカン、バジル、あとは何だったかな…
ビールはカールスバーグの瓶のみ。客も店員もモタモタ。
とにかく!ミートボールは直径4センチ大ほどあり、食べ応えはあります。
そして友人の頼んだ鶏肉を食べましたが、断然牛の方がうまい!

このフロア、ほぼ全店ファストフードか軽食風なのに、23:00にフロア閉鎖で22:00ラストオーダーとちょい早め。キャッシュ&デリバリーなんだから、ラストオーダーは30分前でよくないか?
そしてフードコートと思いきや、実は他店の椅子とテーブルははっきり分けているという曖昧ぶり(よく見ると椅子とテーブルのデザインが違う)。
空いてるからあそこ座ろう♪とトレーを持って移動すると注意されるかもしれません。

2018-04-09T17:17:40.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

4/7 super rugbyサンウルブズvs.ワラターズ [■スポーツ観戦]

〈試合概況〉

強風のあおりでラインアウトがノットストレート、キックオフボールがダイレクトでタッチを割ったりと、ちょっとツイてなかった。
でもまあそれは相手も同じ条件なので、それを修正できなかったのもまた事実。

先週お休みのラピース、相手ラインまであと数メートルというところまでキャリー。そのとき味方にパスしたが、敵に阻まれてトライにならなかったのは惜しかった。そのままキャリーすれば良かったのでは、と思うがラピースは走力のある方ではないのかな。
バーナード・フォーリーがキックをパカスカ決めます。

ひどい点差ではないけれど、何かズルズルと負けるべくして負けた印象。
その中で、マイケル・リトルのビッグゲインと、マシレワのランが光りました。

〈イベント〉
イベント前に、個人的に最近流行の秘密の場所で一休み。ガパオ弁当で栄養補給。

ウルビーバルーンが正面入り口の右手に固定。
今日はウルフミーティングが無いので、三菱自動車や宝くじなど、さまざまなブースをチョコチョコ回りました。
バックスタンドのコンコースも、この日は子供とのパス&ランを行っておらず、その代わりボランティアの方がいて、選手が使った練習球でキャッチボールしてくれました。

ステージのトークショーにヴァルアサエリ愛と村上晃一さん。
アサエリはいつ試合にでるのか!と村上さんも突っ込み。前回の試合を振り返って解説してくれました。

それにしても、アサエリのX脚、大柄力士の明瀬山を思い出します。
成長期に上体が急に重くなってしまったのかな。

ハームタイムにMAN WITH A MISSION、DJにTRFのKOOさん。
MAN WITH A MISSIONがウルビーと記念撮影してて、MAN WITH A MISSIONよりウルビーの巨大頭の方が目立ってて笑ってしまった。

2018-04-17T10:30:11.jpg
↑今日のエネルギーチャージ飯
2018-04-17T10:30:11.jpg
↑ポケットティッシュしか当たらない!

P_20180407_122625.jpg
↑てんぱって、しょうもないことを書いてしまった・・・
P_20180407_124229.jpg
↑どや顔は田中
P_20180407_125635.jpg
↑焼きそばまだ未体験・・・!

P_20180407_130247.jpg
↑アンケートに答えたらもらった飴ちゃん
P_20180407_135950.jpg
↑ラピースの足がコーチの腕を突き抜けているように見えてしまった

P_20180407_141510.jpg
↑お馴染みとなったカウントダウン
P_20180407_150831.jpg
↑ハーフタイムはマンウィズがプレゼントバズーカ。ワオーンコラボ


nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -