So-net無料ブログ作成

独裁国家で何が悪い [■お出かけ・雑記]

独裁国家ロゴ.jpg 

ビートたけしの『独裁国家で何が悪い』を観ると、つくづく民主主義+社会主義が世の中の理想なんじゃないかって思えてくる。
社会主義(共産主義)=悪政というイメージがどうしても根強いけど、人間って悪いイメージをより記憶する性質を持ってるから、善政を行ったモデルケースをつい忘れがちなんだなと感じた。

ブルネイでは生活水準が低いにも関わらず、人々の幸福度が高いという。とある記事で、王は国内のすべてを自分で見て歩き、その土地に足りないものを支給したと書いてあった。ルポされた村では何世紀も前の生活をしている農民も多いが、概ねその生活に不満を感じていなかった。

福祉や公共事業のインフラを国が整えてある程度の生活水準の底上げをする――。
基本的人権自体にも社会主義の性質をはらんでいると思うのだけど。

って、無い頭で何を考えたかというと、日本は国民の性質的に資本主義がそぐわないと思うのですけど(個人的に反対してるわけではないが)。アメリカのように、エコ投資さえいち早くビジネスに置き換えて、結果的にお互い損の無いシステムを作り上げるスピード感と合理性はあまり持ち合わせていないように思える。日本人は資本主義ばんざいに追従してるけど、出る杭は打たれるし、よくよく考えてみると望んでるのって【一人勝ちのない、平等な社会】って感じがする[たらーっ(汗)]

結局は立憲君主制にしても何制にしても、信念を貫くより善いリーダーがいればいいい話なんですけどね[あせあせ(飛び散る汗)]

日本は小麦粉など輸入しなくてもいいように、食料自給率をあげることも含めて米粉を推進していた矢先、事故米ですからね[ふらふら]

そもそも米だけは100%に近い水準で供給できるものなのに、他国の事故米を購入しなければいけない条約を結ばされた政府が根本原因。もちろん微妙なバランスの上に外交は成り立ってるから簡単にはいかないだろうけど、事故米を食用に流通させてしまう落とし穴を作るくらいなら、言い方悪いけど金だけ渡して現品はいりません。の方がよっぽどいい。


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

トラックバック 0