So-net無料ブログ作成
検索選択

篤姫、終盤収まるか? [時代劇]

小松たてわき.jpg
↑小松帯刀クン 

いやぁ近年稀に見る高視聴率を持続している篤姫ですが、本当に最近の大河のなかでぴか一の面白さですね。

しかーしとっても心配なことが一つ[exclamation]いや二つ…三つ…?
あと12回しかないんですよね、気づけば。
いっつも終盤めちゃくちゃ駆け足になりがちなNHK大河ですが、今回も同じ轍を踏まないか心配で[あせあせ(飛び散る汗)]
その回数であとこれだけのことを描かなきゃいけないんですけど、大丈夫でしょうか。。。今までが面白いので、余計。。。

・家茂上洛にあわせ京都守護職・松平容保を任命、上京
・将軍護衛の浪士組が上京(新撰組チラっと出るか?)
・長州藩が下関アメリカ商船を襲う。
・薩摩、イギリスに賠償金払って生麦事件解決。
・長州藩クーデターvs薩摩(西郷復帰)&会津で応戦した禁門の政変
・坂本龍馬の亀山社中を小松帯刀も支援、お竜との仲人も勤める。
・家茂上洛後、京都で死亡。
・孝明天皇死去。
※上記二つには公家の岩倉具視が暗殺に関わっているとも言われています。
・徳川慶喜が将軍に。
・坂本龍馬の取り持ちで桂小五郎&西郷隆盛が手を結ぶ。
・1868年、慶喜が大政奉還。
・もろもろあって戊辰戦争勃発(新撰組と幕府軍らvs長州・薩摩・肥後・土佐)
・勝海舟と西郷隆盛の会談、江戸城明け渡し。
・慶喜は上野寛永寺に蟄居謹慎。
・クーデター成功、薩長土肥が政権握る。
・小松帯刀、明治3年に死去。
・明治16年、篤姫は徳川の人間として一生を終える。

他にも細かいこといえば、これからがいかにも幕末というところ、篤姫の正念場で、モリモリ盛りだくさんですよっ?

そもそもこのドラマ唯一ともいえるフィクション部分は小松帯刀と篤姫の友情なのですが、その2人を中心にしてるので描こうと思えばもう一年やれるくらいの情報量があるはずなんですよ(描かれないと思いますが小松帯刀は実は江戸で妾を作ってるんですよね。それでお近が琴の面倒みたっていうエピソードも)

私の予想としては、明治後も勝海舟と篤姫は仲良かったというので、『明治維新数年後――』みたいなくだりで、二人で部屋で囲碁でも打ちながら過去を振り返る、というエンディングになるんじゃないかと思ってるんですけど[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

第三の主役、西郷と大久保が征韓論で決別後に起こった西南戦争まではきっと描かないんでしょうね。大久保の末期のうわごとは「西郷、もうええ加減にせんかい」だったそうです[どんっ(衝撃)]
私は西郷の英雄扱いには前から疑問をもっていて、早い段階で「死にたがり」の、自分からは動かないけど人に頼られて動くって言う芯の無い人、ってイメージだったのですが、このドラマではそこがやや描かれているので納得しているのですが、彼らの描き方も今後注目ですね。

篤姫と和宮ら公家のばか者どもの確執、ちょっとしつこかったんじゃぁ?[ふらふら]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(6) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 6