So-net無料ブログ作成

題名の無い子守歌 [ヒューマンドラマ]

★満足度85点

題名のない子守唄

題名のない子守唄

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD

■子に収斂する深い情愛

最初は復讐かと思えたイリーナの行動が段々明らかになるにつれ、執念では無く執着だとわかってくる。

彼女の搾取された空っぽの人生で、残された一粒の光。全編スリリングに描きながら、母親の愛情の物語に集約していく。一粒の光は、ラストで燦然と輝く太陽になる。

凄いのは、緻密に計算された見せ方で、スリリングさをずっと維持してること。過去のフラッシュバックと現在が平行して、最後のフラッシュバックで謎が収斂していく。

あの女の子が実は・・・というのは最初のシーンで概ねわかる。
でも、女の子を誘拐するつもりなのか何で家捜ししているかは、はっきりとはわからない。
じょじょに明らかにされていく編集の素晴らしさ。

その目的が『愛すること』と気付いた時、涙せずにはいられない。
トルナトーレ監督は結局のところ感動作をつくるんだなぁ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0