So-net無料ブログ作成
検索選択

アカデミー賞2017 [★映画こぼれ話]

http://eiga.com/official/oscar/

毎年欠かさず観ているアカデミー賞。
司会によって、全然雰囲気の変わるアカデミーshow。

長いこと連続して司会を頼まれていたビリー・クリスタルは、その年のノミニー作品に自分を紛れ込ませる合成映像で楽しませるのが定番だった。ブラックジョークは得意ではなく、ほっこりと笑わせるタイプ。

ビリークリスタル.JPG
エレン・デジェネレスは才気ばしりすぎて、会場がドン引くときもあった。カチッとはまるときははまるんだけど。
授賞式中にブラピなどと一緒にセルフィーしちゃったときと、宅配ピザを本当に頼んでしまったという演出は面白かった。

エレン・デジェネレス.jpg

ジミー・キンベルは辛口ですがきまずくなりすぎないブラックジョークを織り交ぜ非常に上手かった。
メル・ギブソンに「元気そうでよかった。新興宗教のおかげかな?」とか、宗教の話をタブーとせず茶化すユーモアセンス。
トランプに攻撃されたメリル・ストリーブには「偉大ではない女優に拍手を送りましょう」!
皮肉というユーモアで包み、政府や政権に反意を示す。
なかなか日本人には上手く出来ないアプローチですよね。

ジミーキンメル.jpg

そして問題の作品賞取り違え事件。百聞は一見にしかず。
やっと顛末の全貌が確認できてすっきり。
【ラ・ラ・ランド】のプロデューサーが自ら「本当の受賞は【ムーンライト】」と話したことで救われた。
ムーンライトプロデューサーも、「これは「嘘のような本当の話だ!」となごませる。
キンメルはプレゼンターのウォーレン・ビーティに「何をしたんだ!」って(笑)をとって、「これは僕が司会をしたからなんだ、きっとそうだ」と自虐的に終わらせた。

ビーティは、封を開けた紙に『エマ・ストーン ラ・ラ・ランド』と書かれていたため、なかなか読みあげなかったんですね。
作品賞に女優名が書かれていることはおかしいですから。

もしかして、もしかしてですけど、今回は終始『人種や宗教の壁を無くそう』というスピーチに溢れていたので、白人から黒人へオスカーを渡す…なんていう劇的な場面を演出したのだったりして…とふと思ったのですが、会計事務所の責任問題に発展してるから違うかな(笑)

最後はアレだったけど、今回は名スピーチがたくさん生まれた。
なかでもヴィオラ・デイビスのスピーチが印象的。
「すべての才能ある人々が集まる場所があります。それは墓地です」
「よく聞かれます。あなたはどんな物語を伝えたいの?私はこう答えます。死者の物語を掘り起こしたい」
「大きな夢を見た人たち、夢破れた人たち、恋に落ち、恋に破れた人たち。俳優になって本当によかった。人生という物語を祝福できる唯一の職業です

 

ぐっときました。
【殺人を無罪にする方法
】【ヘルプ心がつなぐストーリーでファンでしたがますます好きになりました。



ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ [Blu-ray]

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0