So-net無料ブログ作成
検索選択

LA LA LAND ラ・ラ・ランド [青春・恋愛・コメディ]

★満足度85点

320.jpg

■夢は叶ったけれど、隣にいるのはあなたじゃない

見終わってから暫く経つが、ようやっとレビューを書こうと思う。
文字におこすと凄く陳腐になってしまいそうだなと思い、大分経ってしまった。

まず、見終わった日の事を。
終演して隣の友達を見ると、俯いて黙りこくっていた。
期待しすぎて、つまらなかったのかな?と思ったら、コインロッカーまできたときに突然、「いぢわるー!!」と泣き出した。そして「こんなのやだよー!」と人目を憚らず号泣。
びっくりして大笑いしつつも、それまで、胸にたまったはち切れんばかりの切なさを一生懸命こらえていたのが瓦解して、結局私も涙が溢れて止まらなかった。

友達がいうように、カサブランカやロミジュリのような「どうしようもない状況で別れざるを得ない二人」ではないからこそ、こんな結末を用意したチャゼル監督はまさに「いぢわる」なのである。

そういう私は、失恋の切なさよりも、封印していた「夢見ていたあの頃」を揺さぶられて苦しくなった。
高校生時代の書きかけの小説や、へたくそなイラストなどが捨てきれずにどこかの机の引き出しや物入れにそっと眠っていて、大人になり現実でそこそこ楽しい生活をしているときにそれがうっかり目に入ると、かさぶたをめくられたような痛みを感じる。自分へのふがいなさと、「夢が叶う人は少ない」という言い訳をしてきた人生に。

例えばそんなような、夢を抱いた結果がどうしようもないお粗末なものでも、夢といえるものを追ったことのある人なら、彼らの姿に自分を重ねるんじゃないだろうか。特にミアのオーディションでのシーンに。

そしてこの映画は、見終わった後にじわじわ来る。
セブが見上げた天井の染み、不本意なバンド参加、ジャズバーの名前、そしてラスト怒濤の「タラレバ」。
夢は叶えたのに、隣にいるのはあなたじゃない。

なんだこれ、切ないぞ…!

貧しくても一生夢を追っている方が幸せなのか、一緒に夢を追った人がいなくても成功することがいいのかなんて、比べられない。
だが、ラストのミアもセブも、安定こそすれ幸せの高揚感のなかにいるようには見えなかった。
それこそが恋という熱病にかかると同時に、夢を見させてくれるハリウッド(ラ・ラ・ランド)の甘さと辛さなのだろう。

振り返ると、二人の破局は色々な台詞や描写で表されていた。
初キスをした思い出の映画館は閉鎖し、昼間見る展望台は「いけてない」と色褪せてみえた。
女は現実的で、男は女との思い出を糧に生きる
きっとミアの旦那は彼女がパリに行ったときのプロデューサーかなにかだと思う(笑)。
ミアめ、適当なところで手を打って、安定な生活と堅実な男を選んだな!
それに対して、二人がうまくいかなかった理由は何だろう」と、どうしょうもない感情を鍵盤にのせて奏でたセブ。
あの表情、ほんっとにどうしょうもない切なさに苛まれる。

よせばいいのにサントラを聴いてまた切なさに浸る。本当にチャゼル監督はズルい。
溜め息が出るほどズルい映画である。

セッション コレクターズ・エディション [Blu-ray]

セッション コレクターズ・エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • メディア: Blu-ray


蛇足だが、ララランドは王道中の王道でもあるので、セッションほどの意外性は全くないし、プロットの緻密さもセッションの方が上だと思う。でも、愛される映画としては「ラ・ラ・ランド」に軍配。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0