So-net無料ブログ作成
検索選択

シン・ゴジラ [ディザスター・ディストピア]

満足度★45点


シン・ゴジラ DVD2枚組

シン・ゴジラ DVD2枚組

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD


■自分の直感を信じ見に行かなくて良かった

まずざっくりと。
ゴジラのVFXがひどい。
②ゴジラ出現理由をあえてぼかしているのがあざとらしい。
③ゴジラによる恐怖がほとんど感じられない。故に、パニック映画として中途半端。
④随所にエヴァ。ヤシオリ作戦が「ヤシマ作戦」の音楽そのまま、ゴジラの初めての咆哮がエヴァ初動機発動を彷彿とさせるなど、エヴァをゴジラでやりたかっただけ。
⑤石原さとみの投下に撃沈。
評価を具体的に書くと
①このVFXをもってしてハリウッドに対抗できたと評価している邦画界がちゃんちゃらおかしい。何かと批判されるエメリッヒ版にも劣る。エメリッヒ版もポップコーンムービーとしては及第点だったんじゃないの?
②ラストの「尻尾にたくさんの人間らしきもの」に対して様々な考察がされていますが、たとえば「牧悟郎が日本政府を恨んでいて、恨みありきで米国エネルギー省へ入省し、そこで虎視眈々とモンスターを生み出し復讐の機会を狙っていた」というのもあまりに個人の復讐劇に偏りすぎだし、「ゴジラこそが牧」というのも、「エネルギー省に入省して、ゴジラを研究し始めた」という時系列が崩れる。
私はシンプルに「牧がエネルギー省で研究していたゴジラを盗み出して、東京湾に沈め、自分も自殺した」と考える。そして尻尾の人間らしきものは、劇中で言及されていた「ゴジラは分裂して増殖する可能性」があることを示唆したものだと思われる。

ともあれ、政治的批判も内包した映画ではあるが、一応はパニック映画。そこに「謎」をわざわざ残す必要もない。
「謎を放り込んでおけばみんな喜ぶでしょ?」 と言わんばかりにとってつけた結末に嫌みを感じる。
娯楽作でありつつ政治批判も含めただけで終われば、初代ゴジラのように色々考えさせられるね」 という感想に至るのに、余計なことしたなという感想しかもてない。
③ゴジラが動き回ることがほとんど動かないので、危機感を全く感じられない。
仮に制作陣が「政治サスペンスなんだ!」と主張するのであれば、モチーフがゴジラである必要は無い。日本への皮肉を内包しつつ、現状打開するため奔走する群像劇を見たいのであれば、【東京原発】や【日本の一番長い日】などで十分。

④「シン・エヴァンゲリオン」を作りたいが延期していることに対して、ファンにお詫びとして作った作品としか思えない。
⑤石原さとみのトゥーマッチな演技はそれはそれで面白いが、「私が大統領になったら」発言にはずっこけ。
あそこで微妙なバランスで保たれていたギャグの均衡が崩れた。

劇場公開時、前情報、トレイラー、それら総合的に判断して私にとって劇場に見に行かなくてもいいと判断した。
そしてそれは正しかった。長谷川博己が頑張ってシリアスさを維持していたので+10。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。