So-net無料ブログ作成

秩父宮みなとラグビーまつり2017 [■スポーツ観戦]

■みなとラグビーまつり

2017-06-13T21:45:47.jpg

みなとラグビーまつりで、女子ラグビークリニックに参加!
元ラガーマンでメダリスト岩崎恭子さんの旦那の、齊藤祐也さんが指導してくれました。
パス、ラン、ラン&パス、ミニゲーム、たった一時間で滝汗。
何でもないところで滑るわ、全速力で走っただけで転びそうになるわ、日頃の怠けた体が悲鳴をあげました。
とっても貴重な経験をさせて頂きました!


P1180057.jpg

P1180065.jpg

2017-06-13T21:45:47.jpg
2017-06-13T21:45:47.jpg

■秩父宮フレンドシップマッチ2017

午後、去年のトップリーグ王者SUNTORYサンゴリアスvsスーパーラグビーのワラターズの試合も観戦。
クリニック参加者は500円でチケットをくれたので、とってもお得!
ビール二本空けただけで、疲れで後半睡魔と闘い、余計疲れました(笑)

今回は特別ルールで、選手交代 は自由に行われたため、畠山選手などが惜しみ無く、野球で言うワンポイントリリーフのような使われ方をしていました。
中靏選手は交代そうそう相手のトライを防いだし、松井千士選手は相手を翻弄するような素早いランで湧かせてくれました。

田村選手がコンバージョンキックを邪魔されたことが悔しいですね。 モーションに入ってからが長かったので、相手に蹴られてしまいました。その前にも一回やられそうになっていたので、もっと警戒すべきだったのでは。
ワラターズは主力が休んでいたので、日本のリーグ王者として勝利してほしかった。
最後、垣永選手が悔しそうに空を仰いでました。勝つ準備をしてきたからこそ残念でしょうね。
キャプテンの日和佐選手、サンウルブズ時代が懐かしい(笑)。

ちなみに最後は選手同士がユニフォームを交換していましたが、パンツまで交換してる選手がいました。
ビキニパンツは 「Budgy Smuggler」。サンウルブズのウィリー・ブリッツも愛用しているブランドです。
やっぱり流行ってるんですね。
ウィル・スケルトンは交換したユニフォームがきつすぎて、胃の辺りが苦しそうでしたw

2017-06-13T21:45:47.jpg
↑久しぶりのノーサイドハヤシライス

2017-06-13T21:45:47.jpgP1180150.jpgP1180186.jpg
↑パンツまで交換

P1180188.jpg



2017-06-14T02:57:39.jpg
↑ユニフォーム交換したウィル・スケルトン

●余談

前述の「みなとラグビーまつり」に「ときめき宣伝部」が呼ばれてました。目的に叶わないアイドルを呼ぶイベントに最近出くわすことが多いのですが、こういう手法は的外れだなぁと思います。
まず、アイドルファン達はラグビーに興味を示さず、アイドルだけを見に来ている。
「ラグビーファンを増やす、ラグビーに興味をもってもらう」というターゲットにはなり得ません。
目的はあくまでアイドルですから、彼女たち見たさに場所取りをし、彼女たちのステージが終わったら消えてしまうので。

 「通りがかりの人にもラグビーに興味をもってもらう」これも、アイドル自体がラグビーファンでもないから、何のアピールにもなっていません。
「ラグビーに詳しくないけど、ラグビーまつりやってるから来てみた」という人たちが、ラグビーに触れることのできないイベントで満足するでしょうか。
もちろん集客だけすればいい、飲食だけしてくれればいい、こういう考えであれば成功とはいえるでしょう。
でももし、本気でそのスポーツの未来を考えるのであれば、ラグビーVRの体験コーナーを設ける、控えの選手による握手会や、スクラムを組むなど選手の凄さを体感できるイベントにすべきではないでしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0