So-net無料ブログ作成

メッセージ [SF]

満足度★85点


http://www.message-movie.jp/

メッセージ.jpg

■たとえそれが閉じた輪だとしても

深い余韻が胸を満たした。
もう一度、ゆっくり見返したい映画。

辛い未来が待ち受けているとわかっていても、自分は 同じ選択をするだろうか?と自問する。

ヘプタポッドの言う通りだとしたら、人間が互いに争いをやめ、融和をしなければ彼らの未来が危ういということ。
しかし彼らの到着により、人間達は疑心暗鬼に陥り、 さらに分断する恐れも生じた。
この矛盾、ルイーズの登場で回避できるということすら、彼らのなかでは折り込みずみだったのだろうか。

ルイーズが持つ「武器」は、彼女が元々持つ能力なのか、ヘプタポッドと (間接的に)触れあうことで引き出されたものなのか曖昧でもあるし、未来がわかってしまうということは、全宇宙の運命は決められたものであるのか?という疑念も湧く。

しかしそんな疑問は全てうっちゃって、ルイーズが我が子を失うとわかっていながら、それでも精一杯愛することを決意した場面に心を揺さぶられた。 子供のこと、今目の前にある危機、全ては「今自分ができる最善のことを行う」というルイーズの行動に集約されていく。

宇宙は閉じた輪だとしても、その輪はヘプタポットの文字のように蠢き形を変えるかもしれない。
これからのルイーズや人類の選択によって、未来が変わっていくのかもしれない。

ルイーズがイアンに余計なことを言わず、二人がずっと一緒にいたら、未来はどうなっていくだろう?


【インターステラー】でもキーワードだった愛。人類が情愛をもって最善の選択をしていけば、未来は明るいのかもしれない。 たとえそれが極論でありそして理想論だとしても、憎しみで社会が分断の方向に向かっている中、こんな風に希望を持たせてくれる話があってもいいと思った。

インターステラー [Blu-ray]

インターステラー [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0