So-net無料ブログ作成

ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気展 [■ART]

●HP・・・http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/

2017-06-25T14:07:41.jpg

美術館のポータルサイトを見ていて、目に飛び込んできた不可思議な鏡像。
これは見に行かねばと思い、【ギンザ・グラフィック・ギャラリー】に足を運びました。
チェシレヴィチはポーランドを代表するグラフィックデザイナー。
彼については今回の展覧会で初めて知ったので、詳しいレビューはかけませんから、本当に思いのままを記します。
鏡像作品以外にも「KAMIKAZE」と題した雑誌に掲載された写真、様々な催しの大型ポスターが並び、そのシンプルかつ大胆な構成、カラフルだけど全くごちゃつきのない配色に一気に心奪われました。
モナリザが人民軍に身を包み、アルブレヒト・デューラーが一つ目になりぎょろりと上向く。

2017-06-25T14:07:41.jpg


シュールレアリスムを彷彿とさせる幻想的なコラージュ。
第二次世界大戦や冷戦が彼の人生に陰を落としているのか、作品の全体的に激しい批判を内に秘めた、暗く暴力的イメージがつきまといます(いかんせん作品タイトルやタイポグラフィーがポーランド語なのでよくわからない)

そういった異形の艶めかしさについつい引きずり込まれてしまいそうになりますが、現に戻り客観的に眺めるとそのデザインの素晴らしさに気がつく。
アドルフ・ヒトラーとフセインを=で結ぶ赤の使い方。
モノクロのなかのCMY、隙間を埋めるための色ではなく、一つ一つが際立ってる。
神(キリスト教でいうところの)と悪魔と人間とキリストと仏陀とマホメットを同じ面積で分割して並べた見開き。マホメットだけ白紙という表現に、思わずうなる!(イスラム教は偶像崇拝を禁じているので)

2017-06-25T14:07:41.jpg

2017-06-25T14:07:41.jpg

2017-06-25T14:07:41.jpg

2017-06-25T14:07:41.jpg

2017-06-25T14:07:41.jpg

とにかく一つ目の魔力に取り憑かれたような作品群は、太古の神々の時代のティターンを彷彿とさせる神秘さも持っているし、異形な物を見ずにはおれない人間の、背徳心をも刺激する。
その甘美な罪悪感を味わいながら、蟻地獄に引きずり込まれるような感覚。

また、印刷する際の「網点」が、大きく引き延ばされて一種のリズムや統一感を与えているように思う。
この時代の手法がよくわからず恥ずかしいのだが、これはA4くらいの印刷物をA1より大きく引き延ばした結果なのか、それともシルクスクリーンを原寸で転写した原画を印刷したのかが、わからない。

なんにせよ作品がほぼ「印刷物」なので、近づいてみると網点だらけになるのはしょうがなく、これならば是非コラージュ作品などの原画(原型)も見てみたいと思った。

2017-06-25T14:07:41.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0