So-net無料ブログ作成
検索選択

4/23 スーパーラグビー ジャガーズvsサンウルブズ [■スポーツ観戦]

■HP・・・https://super-japanrugby.com/

DSC_0518~01.jpg


DSC_0519~01.jpg

いやー初勝利を秩父の宮で見ることができてよかった!!
涙が出そうになりました!
もう盛り上がって盛り上がって、人目も憚らず、吠えまくった。
先週の大敗から一転、吹っ切れたようにいい内容で勝ってくれました。

スクラムの際の遠吠えはやっと定着してきたね!
声が高いとちょっと間抜けかもしれないけど、これが「サンウルブスの応援」なのだと、スーパーラグビーの世界で認識されれば嬉しい!日本で行われたサンウルブスの試合は全部来てるけど、応援も含めて手探りで作り上げていく感覚がたまらない。今回の試合前のイベントは【大江戸助六太鼓】だった。ジャガーズの面々が練習を引き上げていく際、興味深そうにちら見していったったけ。

今回はトゥシのキックがよく入った。カーペンターからフィルへのパスがインターセプトされたミス?もあったけど、全体的にイージーミスが無かった気がします。
笹倉がフィジカルが弱いという声を吹き飛ばし、トライでの活躍以外も最後まで低いタックルなど防衛面も健闘していたし、1試合目から出ていなかったカーベンターが見事な連携でトライを決めた事など、段々チームがまとまってきていることを感じさせてくれました。

スクラムの際には堀江さんに檄を飛ばす声ちらほら。叱りというより、気合いを入れてもらうため、なんだろうね。
今回もラインアウトの息が合わないところが多々あり、ジャガーズよりも二回失敗してた。
主にリアキがジャンパーなのだけど、支える側のタイミングが合わないのだろうか。
ノットストレートにはならなかったけど、今後の調整が心配です。

試合後、座席付近でも知らない方々とサンウルブズの健闘を称えあいました。
ラグビーファンには経験者が多いのですが、今回もまたしかりで、その方々はフォワード面、特に三上を褒めていました。
私はトゥシ・ピシやフィル・ヨーンやリアキばっかり目立つところに目がいってしまったので、ポジションごとにきちんと動きを把握できる玄人に早くなりたい・・・。

試合後は、なかなかエドワード・カークフィル・ヨーンが来てくれません~( ノД`)…
でも大好きなリアキ・モリが自由席付近にいて、ラッキーな事にオートグラフをもらえました。

マーク・ハメット ヘッドコーチとの2ショットもいただけました。
一番ほっとしたのはキャプテンの堀江さんよりも彼かもしれませんね。
解説の村上さんと実況の矢野武さんが外にいたので、サインをもらいました。このお二方本当に爽やかで、良い人です。
互いに「お疲れ様」と称えあいました(笑)

P1090092.jpg
↑ジャパンワールドカップのマスコットキャラ

P1090093.jpg
↑写真を撮って横にするとトライしているように見える


P1090114.jpg

P1090116.jpg
↑向こうにジャガーズの面々

P1090123.jpg
↑願掛けのヒゲ姿、堀江さん。後ろに木津さんとカーペンター

P1090125.jpg
↑ジャガーズの面面は、思いのほか大きかった。日本人と同じように、
比較的小さいアルゼンチン人でも体格が良い人が揃っている


P1090151.jpg
↑清清しい顔の堀江さん

P1090139.jpg
↑清清しい顔のエドワード・カーク

P1090140.jpg
↑満足げなデレク・カーペンター

P1090146.jpg
↑フィル・ヨーンの顔にも笑顔

P1090154.jpg

DSC_0521~01.jpg
↑上からジョン・スチュワート、マーク・ハメット、トゥシ・ピシ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁 [クライム・サスペンス・社会派ドラマ]

★満足度50点

■どちらが夢か?

時系列では前回のドラマ最終回からの続き。
飛行機に乗せられて降ろされるまでのわずかな時間に、シャーロックが「記憶の迷宮」に入り込む…という設定。
薬を使ってぶっ飛んでる間に、ビクトリア時代のロンドンで活躍している自分達を体験しているのだが、そのビクトリア時代でもシャーロックは薬で瞑想して現代に意識が飛ぶという設定なので、「どちらが夢で現実なのか?」という古典的SFの手法をとり、「カンバーバッチ版のシャーロックが原作に忠実な時代にいたら?」という観客の夢をうまい具合に実現化しているのである。

ま、いわゆるコスプレですね。ファンの欲求を満たしてくれます。

マイクロフトデブだったり、秘密クラブでの手話のやり取りや、大家さんとの丁々発止のやり取りなどお馴染みの光景が楽しませてくれます。
花嫁~自体の種明かしは大したことないので、確実に、ドラマファンじゃないとつまらないでしょうねえ。
ま、そもそもが正月特番のスペシャルドラマを、日本では劇場公開しただけですからね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ [青春・恋愛・コメディ]

★満足度50点




■恋したくないといいつつ・・・ 

アナが魅力的。最初もさいな~と思ってたけど、化粧っ毛のないところとか、純粋そうな目の輝きとか、ガツガツしてなくてセレブ狙いの軽薄な女じゃないところが、クリスチャンに刺さったんだろうなぁ…と思いました。

個人的にグッとにきたのは、車プレゼントでもなく、ヘリデートでもなく、アナがバージンだと告白する場面で、クリスチャンが戸惑いながら「何してたんだ?」というところ。
早くバージン卒業しなきゃ!なんて焦る大半の女子と違って、手あかのついてない女ってところも、クリスチャンをくすぐったんでしょうねぇ。

初めての恋愛セックスに真っ直ぐ過ぎるアナ。触れたい、一緒に寝たい、なーんて口にするから相手が物怖じすることがわからないのが惜しい。もうクリスチャンを手玉にとってるようなものなのに。

クリスチャンも恋愛は駄目だ、愛してはいけないとかいいつつ、「契約どうでもいい、デートもOK」なーんて、めちゃアナに惚れてるじゃん!と激しく突っ込んでいました。

あんたらのやってることが恋愛というのでは~?と教えてやりたくなりました(笑)

女子高生向けの漫画レベルのおとぎ話だった。
続編(小説)では結婚妊娠もするらしい。
スキャンダラスではなく普通に幸せ…ですね(笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

築地~汐留のランチやSweetS [■グルメ]

■セリSweetS factory

●HP…http://s.tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13158733/

シュークリームで有名なお店で、いつも行列です。歯医者の帰りや、銀行帰りに人の少ない時を狙って、買えるときに買わないと機を逸します。
皮がしっかりと固くて、クリームもたっぷり入って、幸せになります。甘いですが、飽きがくる甘さではない。
普通のシュークリームも美味ですが、抹茶クリームが私は好き。

DSC_0399~01.jpg

p20160208-144339.jpg

■築地テラス

この界隈ではあまりない、おしゃれなカフェレストランです。
ですが、一階と二階の連携がいつもいまいちで…。基本はイタリアンです。
立地はよくて雰囲気は抜群なので、駆け足で築地を回ったあとに、まったりするのにいい店です。
築地には食べたらささっと出なければならない店が多いので、重宝します。
p20160208-144408.jpg

■あさみ

言わずと知れた鯛茶漬けで有名な料亭です。個室もありますが、カウンターで頂くのも乙です。料理人の包丁の音をBGMに。
肉厚でしっかりとした歯応えの切身を濃厚かつ少し酸味のあるゴマだれで。ご飯とよく合うんですよね。本当に、いつも最後の一切れが残念でしょうがない!
私はご飯で頂くのが好きなので、お茶漬けには4分の1くらいしかあてがいません。
季節によってデザートが違うのも楽しみです。

p20150927-001806.jpg

p20150927-001858.jpg


■Sun-mi7丁目店

●HP・・・http://r.gnavi.co.jp/p109600/?sc_lid=scl_sbtn_ml

洋食屋さんと言うべきか、ちょっとしたパーティーにも使えそうな、夜はややフォーマルなレストラン。
「本日の鮮魚」をいただいたのですが、焼いた白身魚をロールキャベツ仕立てにしたものでした。
クリームスープが凄く美味しい!
焼いた香ばしさとミルクっぽいまろやかさ。
ドリンクバーで珈琲やフレッシュジュースがお代わり自由でしたし、意外な穴場かも。

p20160109-155231.jpg

p20160109-155255.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

テデスキ・トラックスバンド@武道館 [■音楽・演劇]

4月1日、千鳥ヶ淵。風が強く水面にさざめく桜を愛でる@武道館
会社を早引けしてプラプラ花見
石垣を触ると温かい。これはもしや放射能力のある石なのか…などと連れとしょーもないことを言いながら、散歩する。

2年ぶりのテデスキ、Made Up Mind、Bound For Gloryの二曲目までが私のクライマックス(笑)
新譜も含め全体的に渋い選曲。ブルーノートかビルボードで酒を堂々と飲みながら聞きたいよ。

三曲目、このまま終わってしまうのではないかと思える泣きのギターは、デレクの怪我した指の影響かちょっと音がぶれたり。
喋ると可愛いスーザンには、女性からの歓声が大きい。可愛い~!っと私も叫んだ者の一人。
シンプルすぎるきらいのあるステージを、キレッキレのホーンセクションやマイク・マティソンの哀愁漂う歌声など、バンドが盛り上げました。
2時間ほとんどMCなく、みっちりとした演奏。途中、曲名はわからないが黒人メンバーだけで演奏したブルースがかっこよかった。
アンコールは3曲、最後にビートルズのWith a little help of my friendをジョー・コッカーが歌うバージョンで。

しかし、今回もスタッフの対応にうんざり。開演前なのに自分の席でセルフィーも撮れないし(撮らないでくださいと言われるが理由がわからない)、終わったら急き立てるように退場させられるし、予定外の雨で庇の下で雨宿りしてたらそれすら注意されるし、なんなんだろうね、客を楽しませようとする配慮がない。
気分に水をさすようなことばかり。

ライブハウスより大きくコンサートホールより小さい、そのまま居残って飲んだり食べたり交流できる場所はないのかね?
終わったらはい終わり!駅に直行!味気ないなー。

P1090078.jpg

P1090071.jpg

P1090069.jpg

P1090044.jpg

P1090079.jpg
↑Tシャツのデザインがいい!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽