So-net無料ブログ作成

2/25 SUPER RUGBY サンウルブズvsハリケーンズ& 2/24 キャプテンズラン [スポーツ]

■2/24 サンウルブズ キャプテンズラン

サンウルヴズのファンクラブに入ったので、有給をとって参加してきました。
前日は小春日よりだったが、この日は折悪しく寒風吹きすさぶ冷え込んだ。
09:45~10:15受付、写真撮影は前半15分のみ。

選手同士はだいぶ仲がうちとけている様子でしたが、逆にこんなにのんびりしていいの?と一抹の不安を覚えました。
フィールドに入っている矢富の後頭部に向けて、イラウアがボールを蹴りこんで的当てゲームをやったり。
確かに当てたくなる後頭部だけど(笑)。
用意された大量のバナナを、皆が伊藤選手につきつけたりして、ちょっかい出してました。

対してカーキーとブリッツは、二人でパスやタックルなどの練習をひたすら行い、練習が終わるまでふざけあう事は一切していなかった。
思うに、外国人の真面目と、日本人の真面目は違うんですよね。
日本人の真面目が「決められた時間に遅れずにきて、言われた通り黙々と行う」受動的なことだとしたら、外国人の真面目は「いかに積極的であるべきか」という主動的なことなんだと思います。
いかに自分で考え戦略を練り効果的な鍛錬をするか。そんなひたむきさが伝わってきました。

練習終わると、田中選手、立川選手などがファンサービス。
立川選手は、クボタの試合のときより愛想がよかったように思う。
サンウルブズはカーキーとの合同キャプテンだけど、クボタではキャプテンは一人なので重圧や緊張感が違うのかな。
クボタは二部に降格する可能性もありましたしね。
カーキー、ブリッツ、カーペンター、モリ、うっちー、などのメンバーもバスに乗り込む前にファンサービスに応じてくれました。


■2/25 SUPER RUGBY サンウルブズvsハリケーンズ

DSC_0558.JPG


●運営に苦言


マン・ウィズ・ア・ミッションのオープニングイベント。
「チケット販売した後の」試合1週間前に急遽立ち見自由席部分をを潰してのこのイベント発表に私は大反対でした。
指定席を購入した人には影響がないと思われるかもしれないが、「チケット価格の値上げはこの為だったのか?」と思うと納得はできない。全く興味のない物に貴重なお金は払いたくはないから。


もし今回のイベントが、ギャラが発生しない「ソニーミュージックによる宣伝」だったとしても、キャラクターがたまたま同じ狼だという以外に、全く関係のないジャンルの物を『ごり押し』されると、条件反射的に拒否反応がでてしまう。

SNSでも問題は大きくなってて、批判も高まってた。
だから、当日どうなるのかな~と思ってたら、蓋を開けてみたらたった二曲しかやらなかった!
これでは自由席潰された人もこの日のためにチケット買ったファンもどっちも満足できなくない?
それに、スタンドの客の殆どが(特にメインスタンド)「何かやってんなー」というようなあまり興味がない様子でした。
宣伝として効果があったとは思えません。はっきり言うと一部の人しか喜んでいなかった。

他、時間通りに行われない販売に苛つくこと多し。
パンフレット販売ブースでは、10時になっても販売開始をしない。
たらたら喋ってるバイトに、「パンフレットは?」と聞くと「10時過ぎを予定してます」といけしゃあしゃあ。

公式グッズ販売でも問題がありました。
サイトでは当初販売開始時間10:00と表示されていたのが、前日に10:15に変更されていました。
予定より15分以上オーバーの10:30過ぎになっても公式グッズの販売を始めない。
列は延びる一方で広場を埋めつくし始めました。

そのうち10:45からのファンクラブ会員先行入場が始まりそうになったので、結局グッズを買うのをやめました。
予定して発表していることは、ちゃんとやってもらいたいですね。

こちらは混み合う前にと思って予定を組んでいるし、運営側も人が分散された方が混雑が起きずにすむはず。

そんなモヤモヤした気持ちのまま、カンタベリーショップへ向かおうとしたら、なんとトンプソン・ルーク選手に出会いました!
彼に会ったことで同伴者と私の機嫌もすっかり直ってしまった(笑)

お買い物をして広場に戻ると、テイジンのテントとオリジナルグッズのテントとの狭いスペースで、田中選手、後藤選手、具選手が今季から登場のマスコットキャラ、ウルビーと一緒に撮影に応じていたので、ここでもテンションが上がります。

また、会場では前シーズンからお馴染みのkaopangさんがDJ。
選手からのリクエストなども流してましたが、なんと突然演歌が流れました!三上選手が吉幾三の「雪国」をリクエストしたとのこと(笑)。会場は一気に(笑)に包まれ、なんともほっこりとした雰囲気に包まれました。
結局、私たちを楽しませてくれるのは選手なんですよね。

1487935584170.jpg

●厳しい試合結果

気を取り直して試合雑感。
前半の内容では、あわや百点を越えられてしまうかという不安を抱かせる展開に。
最終的になんとか3トライ取ったけど、大差がついてしまったので、ハリケーンズが花を持たせてくれたように見えました。

何がこうも違うのか、素人目に考えてみましたが、ハリケーンズはタックルされた後の倒れかたが上手いと思いました。
タックルされた後の体の倒れる向きも順目に向かっていってます。
より味方の走り込むスペースに向かって倒れているというか、倒れることも含めて導線ができている。そしてオフロードパス。
対してサンウルブズは、自分が走ってきた方向に押し戻されたり、そこで完全に止められてしまうなど前に進めない。
だから攻撃側に回ってもどんどん後退させられてしまい、苦し紛れのパスはインターセプトされる。

ハリケーンズのプレッシャーが早いししつこい、迷いがない、相手に考える隙を与えさせない。
サンウルブズはトリッキーなパスを何度か試していたけれど、試合を捨てて実験に走ったとしか考えられない。
※ちなみにサイクスは手を押さえて何度かうずくまっていて心配していましたが、後日指を脱臼していたことが判明。

ただ、スクラムは決して押し負けていなかったのは良かった!YAMAHAのスクラムコーチが入った成果でしょうか。
パスや守備の連携はこれからどんどん良くなっていくと思うので、ハリケーンズ相手にスクラムが通用したというのは大きな成果ですよね。

来週の第2節は是非とも勝って欲しいですね。
ちなみに試合終了後、バックスタンドから正面へ回り込む外通路で、オレンジのジャンパーを着たボランティアスタッフの方々がずらりと並んでいて、帰りの客とハイタッチしてました。
「お疲れ様でした、また応援しましょう!」って。胸が熱くなりました!

DSC_0653.JPG

p20170228-021858.jpg

DSC_0708.JPG
↑選手用はサンウルブズのワッペンが刺繍です。レプリカはゴム製です

DSC_0746.JPG
↑ウルビーから名刺をもらいました

DSC_0832.JPG
↑練習風景

DSC_0767.JPG
↑マンウィズのパフォーマンスの間、イラウア選手が踊りながら近づいていきました(笑)

p20170228-021754.jpg
↑ボランティアの方がたとハイタッチ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

マリー・アントワネット展 [■ART]

●HP…http://www.ntv.co.jp/marie/
 
DSC_1154.JPG

DSC_1151.JPG
↑撮影可能の、浴室を再現した部屋

DSC_1152.JPG
↑限定マカロンが入っているラデュレのマカロンセットですわよ!

土曜日はアントワネット展。
入場規制があって入るのに40分&見終わるのに3時間。最近はどこも混んでるなぁ。

肖像画がこれでもかとたくさん飾られてますが、オーストリア時代のマリーとフランス時代のマリーの顔つきが違う。
オーストリア時代はややキリっとしていて、フランス時代は垂れ目で柔和。
どちらも美人ですが、私は前者が好み。後者はロココの画風?
どちらが実像に近いのか、想像をめぐらすとよりミステリアス。
そして全体的に絵画よりも彫刻の方が緻密。

●気になった展示

・「22.王太子の結婚祝いのテーブル飾りの部分的復原」。

アントワネットとルイ15世の結婚式に際し、王家の親族たちが着席するテーブルに、アーリア式列柱を擁した神殿のミニチュアがドーンと置かれていた。

着席すると下座にいる者からは、上座にいるルイ14世を列柱の間からのぞき見する格好になり、なんだかすっごく居心地悪そう(笑)。一種の遊興なのか本気で悪趣味なのか。
テーブルの周りには着席した親族達の名前が書いてあり、上座や下座の並びを確認できて面白い。

・やはり一番の生々しさをもって胸に迫ってきたのは 「193.マリー・アントワネットの「(サン=チュベルティ風の)短靴」「187.タンプル塔のマリー・アントワネットのシュミーズ」。
シュミーズは汚れ、かつて王妃だったものが身に付けていたとはとても思えない粗末さ。
断頭台にあがる際に脱げたという靴はとても小さい。どんな風に自分の人生を振り返っていたのだろう。

また、幽閉されていたときに使用したとされる化粧瓶も、彼女が存在したことを感じさせる物だった。
瓶に一種の黄ばみや使用感があったからかもしれない。
蓋をとり、手に適量を出し手のひらで馴染ませて顔に塗り…自分が行っている日常の行為と重ねてみてしまう。
思うままに化粧もできない境遇の哀れさ・・・女性なら誰しも共感してしまうだろう。

・処刑される前のマリーを書いたジャックルイ=ダビットの素描は、偏屈な中年女に見える。
対照的にウィリアム・ハミルトンの絵には、かつて彼女にフランスの栄光と憧れの想いを重ねた国民らを慰めるかのように、理想化されて描かれていると感じた。
即位した際の「46.パリ市庁舎付近で打ち上げられた花火の舞台装飾」ではその盛大な様子が見てとれる。
ちなみに花火というより爆発と落雷のような描写ではあったが(笑)。

・フランツ1世の肖像画に、「金の羊毛騎士団」のチャームがついたネックレス」がぶら下がっており、「そうか、アントワネットの父は神聖ローマ皇帝でもあるのだった」とハッとする。
私が好きなローマ、アウグストゥスやハリアドヌス皇帝などの時代は遠い日のかなた。
ローマ皇帝はかつてローマから追い出したキリスト教徒を、このときは積極的に異端から守っている存在になっている。
皮肉なものだ。

●アントワネットへのイメージ

史実を知っても、あの名作ベルバラから受けたマリー像は変わらない。
あの漫画がいかにマリー・アントワネットの実像に肉薄していたかを思いしった。

本当は国を背負う立場であるのはルイ15世であるべきなのだが、彼の存在感は薄く、一方マリーは希代の悪女などとそしられ、一身に罪を背負った。王妃であるのに浮気をしてしまうなど、確かに資質はなかったかもしれない。
だがフェルゼンが作った二人のための暗号表(166)などを見ると、その純愛に憐れさも感じてしまう。

たった19年の短い年月に結婚、王妃即位、出産、迫害…。
母親のマリア・テレーズとはくらぶるべくもなく、為政者としての人徳は備わってなかったのかもしれないが、失神せずに威厳をもってギロチン台に上がっただけでも精神力が凄いと思ってしまう。
靴の展示には「靴が脱げたことで王妃が一種の性急さをもってギロチン台に上ったことがわかる」と書いてあったが、死ぬ恐怖から自ら歩を早めたのだろうか。
プライドの高さから、民衆に引きずられるように登らされるのを良しとせず、自ら死をもって民衆を糾弾する、という姿勢を見せたかったのだろうか。色々なことを想像させられた。

写真はヒルズ・ダル・マットの季節のフルーツパスタと展覧会コラボのデザート。
リンゴの果肉が動物性の肉かのような弾力と歯ごたえ。これも一種の焼きリンゴ?
昔は焼きリンゴが大嫌いな子どもだったけど、ペロッといけちゃいました。とっても満腹感を与えてくれる逸品です。
シャンパン飲み放題をつけて頂きました。

DSC_1155.JPG

DSC_1153.JPG
↑スタンプラリーで頂いたポストカードと共に

Guns N' Roses japan tour 2017 1/29 at さいたまスーパーアリーナ [■音楽・演劇]

●HP…https://www.creativeman.co.jp/artist/2017/01guns/

DSC_1158.JPG

DSC_1156.JPG
↑11時半、物販には長蛇の列
DSC_1157.JPG

DSC_1159.JPG

●コンサートの流れ

15:00 開場
17:00 ベビメタ開演
17:30 ベビメタ終演
18:40頃 ガンズ開演
21:15頃 ガンズ終演

●運営に苦言

のっけからあれですが、あまりにムカつくので苦情から書く。

▼誘導の悪さ(誘導:待機列に雑に並ぶ→整理番 号順に呼ばれる→チケットを確認する係→荷物確 認する係→リストバンド渡す係→エリア入り口にリストバンド確認する係)

・VIPスタンディングの待機列。最初から番号順に並ばせれるか、呼ばれた人が前にいきやすい用に道を空けさせておくべき。列がギュウギュウにできてから番号順に呼ぶの で、番号が早い人は人を掻き分けて前へ行かねばならず、焦る。
・入場前にクロークへ事前に預けられるのかアナ ウンスすべき。サイトのどこにも載ってない。結局、入場してから預ける制度だった。嫌な予感がして、最初から他施設のロッカーにいれておいて本当に良かった。
・持ち込み可なのは水だけのアナウンスすべき! お茶も拒むとは想定外。開演までの二時間立ちっぱなしでどうしろというのか。
・入場したあとに、リストバンドを配る手際の悪 さ。スタンディングは場所とりが命!入場したあとにリストバンドを渡し、その場でつけさせられた。だったら待機列で番号呼んだ時にチケット確認してそのときに渡し、呼ばれた者が全員がつけ終わってから中に入れさせればいいと思う。

▼ベビメタのモッシュメイトで台無し


前座のベビメタは本当に邪魔だった。ベビメタのことを知らないが、それでも前向きに観賞しようと思った。
だが!モッシュで全てぶち壊された。
モッシュ野郎どものせいで、早い整理番号が台無し。

私は小さい女の子だから(笑)、押し潰され、前にいても見えやしない。がんばってがんばってベビメタを耐え、ガンズが始まるまで辛抱辛抱と思ったら、ガンズが始まったら更にひどくなって4曲目であえなく撃沈。後ろにいかざるを得なかった。
ベビメタのモッシュメイトが居続けてそのまま暴れ、ガンズが見たい人たちが前に押し寄せるという悪夢。

メタルという名は冠しているが、つまらない打ち込みのような速弾きを繰り返すバックの演奏にJPOPをのせただけだから、彼女らのライブにモッシュが付き物とは思いもよらなかった。あまりにも興味がなさ過ぎて、予習を怠った。

しかし謎なのは、なぜアイドルでモッシュ文化が生まれたのかということ。
私の記憶では、パンクやメロコアではサークルモッシュが生まれたり、モッシュに巻き込まれたことはよくあったが、METALの祭典でモッシュが起きることはあまりなかった。みんな演奏やテクニックを見たいのでステージの方を向いているし、盛り上がる曲で は前のめりになるけど、100%密着状態で縦ノリになるくらい。

やつらは音楽聞いてるのか?暴れたいだけなのか?きっと後者だろう。

しかもモッシュメイト(と呼ぶそうだ)は、はっきりいって運動神経なさそうなモサイ奴ら。そんな奴らがここぞとばかりに我が物顔で暴れ回り、「女はどいてろ」とばかりに見下すことに腹が立つ(頭をこづかれたので蹴ってやった)。
はっきりいって、アスリートの端くれだった連れが、本気で殴りかかろうとしたのを私は止めたくらい。
時と場所をわきまえず暴れ回るとあいつらはいつか痛い目に遭う。

ベビメタワンマンライブだけでやった方がいい。

それにしてもアイドルというカテゴリでベビメタ を捉えているそんな人たちに、モッシュ文化が生まれるんだということに非常に謎を感じる。最近のフェスがいけないのだろうか。

私にとってBABYMETALにあのファンがついてくる限り、それを容認しているスタンスである限 り、BABYMETALが嫌いになったと同義。
ガンズ好きだけど、チケットの売れ行きが悪いからといってアイドルに頼るようじゃ、ガンズも終わりだと思った。
ただベビメタが消えてもモッシュはなくならな かったので、ガンズファンでモッシュ野郎もいたとは思う。

●取り直してガンズの感想

▼セットリストはこちら

http://www.livefans.jp/events/736381

はっきり言って、あまり書くことないんだよね (笑)。
魅力なんて語り尽くされてるし、見所と聞かれれ ばそりゃあダフとスラッシュとアクセル、夢のトリプルコンボ!これにつきるでしょう。一言言うなら、20年待った甲斐があったパフォーマンスだった!

「声が出てない」とか「太りすぎ」 とか、アクセルに最近はちょっと批判めいたコメ ントがつきものだったけど、全然問題なかった。
スラッシュは心臓手術したらしいけど、ツインギター持ってけっこう走り回ってたし、昔より太ったけどプロレスラーのような肉質的な体型もそれはそれでかっこいい。ブルーのライティングに映し出されるスラッシュのシルエットは様になっていた。
屹然とした佇まいでベースを奏でるダフの相変わらずの硬質的なかっこよさったらないし、リチャード・フォータスは上手いし、メリッサはキャラが立ってるし。

オープニングからたたみかける、It's So Easy、Mr. Brownstone、Chinese Democracy、 Welcome to the Jungleの流れ。アペタイトの3曲にいきなりチャイデモが乱入しているが、全く違和感なし。
オリジナル外のメンバーは、ビジュアルをオリジナルに寄せていたとはいえ、ガンズという道を外れてはいけないという意識の余り、譜面通りという印象が強かった。はっきりいって演奏自体はオリジナルメンバーより上手かったかもしれない。しかしスラッシュやダフはオリジナルそのものだから、そういう「ガンズらしくあらねば」という枷がない。
スラッシュのリバーブ?がかったデュルデュルした残響音が残る音に、アクセルのキンキン声。
やっぱこれだよね!テージ全体が、ものすごく生き生きしてた。
私は楽器が弾けないので、技術的なことはこれ以上言及できない。

あまりコンサートでやらない【yesterdays】も聞けたし、すごく好きな【bettr】もやってくれた。
【Knockin' On Heaven's Door】では涙が出そうになった。
名カバーというのは、オリジナルを超えてその演者の色に完全に染まる。
【Live and let die】と共に、大合唱の外せない名曲。

オリジナル以外の曲も最高。
Misfitsの曲はダフがボーカルをとり、レイラはディジー・リードが弾き…。
Angie(ストーンズ)のインストもピンク・フ ロイドのインストもかっこいい。
アメリカではこのピンク・フロイドの曲では大合唱が起きる。

4年前のzepp東京の小さい箱もよかったけど、 やっぱり今回はステージセットがかっこよかっ た。
中央にメインスクリーン、スラ側とダフ側の両脇 に縦長のスクリーンというシンプルな物だったが、そこに映し出されるイメージ映像が曲にぴったり合ってた。

ラスト、Whoの【The Seeker】と【Paradise City】の流れは完璧!

惜しむらくは【coma】もいいんだけど、【Pretty Tied Up】が聴きたかったっということと、ずっと「この立ち位置でいいのか?もう一度もう少し前へ戻るか?」と悩んでいたってこと。あとDJアシュバがいなくなってちょっと寂しいってこと。

願わくはもう一度来て欲しいけど、もうクリエイティブマンからは絶対買わない。
新譜を作って返り咲き、自力で席を埋めて欲しいよ。

P1140999_1280-960_60.jpg

P1150082_1280-960_60.jpg

P1150073_1280-960_60.jpg

P1140964_1280-960_60.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽