So-net無料ブログ作成
検索選択

WBC2017終わり感じたこと [■スポーツ観戦]

●HP・・・http://www.wbc2017.jp/

DSC_1131.JPG

WBC、ようやっと本国アメリカが勝ちましたね。
まあそれが本来の姿というか、当たり前というか、寧ろ今まで優勝しなかった(しようとしていなかった)のかが不思議なくらい。

日本では大谷離脱、プレミア12での小久保監督の采配への不信感などから、あまり盛り上がっていたようには感じませんでした。
ですが始まってみると、辛勝だけれども全試合勝ち続けるサムライJapanの熱闘を目にして、応援ムードも高まったように思います。
かくいう私も、沸き上がる気持ちを押さえきれず、ドームに観に行ったのが、たまたまあの大熱戦のオランダ戦。
人生のスポーツ観戦では記憶に残る一戦となりました。

あらためて感じたのは静寂が生む緊張感の良さ。


私は松井秀喜のファンで、彼がヤンキースに入った後メジャーリーグを見るようになり、試合を見るにつれ日本独自の「鳴り物」がないほうがいいと考えるようになった。

確かに応援歌は他人同士が片寄せあって同じ歌詞を歌い、一体感も出るし、一種の高揚感を味わえる。
しかし、それは野球を真剣に見ていると言えるのだろうか。
応援にかまけすぎて、応援が目的で球場に来てやしないだろうか。

つまらない試合は静かになってもいい。ブーイングしてもいい。途中でお喋りに興じてもいい。
だが面白い試合になったときは、自然発生的に歓声が沸きおこる。それでいいではないか。

日本で行われたWBCの試合では、相手の攻撃の時には鳴り物はやんだ。
それが効を奏して、日本にいながらにして、忘れられない瞬間を味わうことができた。
オランダ戦、則本が打たれて同点に追い付かれたときの切迫した叫び声、応援、それらが混然となって球場を揺らし、一体となった瞬間。そしてモーションに入ったときの、一瞬の静寂。四万人が息を殺して球の行方を見守る、はりつめた空気。

何にも変えがたいこの瞬間を手放してまで、ひっきりなしに音をだし続ける意味があるのだろうか。

そもそも外野にいくと必然的に立ち上がるという同調圧力もいただけない。
スポーツ観戦はもっと自由であるべきだと、あらためて感じた。

DSC_1140.JPG

DSC_1148.JPG

DSC_1162.JPG

DSC_1100.JPG
↑外野で配られた応援歌詞カード


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

スヌーピーミュージアム [■ART]

●HP・・・www.snoopymuseum.tokyo/

今は第二期の展示「もういちど、はじめましてスヌーピー」。
誕生から50年間の連載をテーマごとに丹念に追います。
50年って…凄いですね!半世紀ですよ。

そういえば漫画のタイトルは「ピーナッツ」なんですよね。
主役は一応チャーリー・ブラウンと子ども達だったのですが、どんどんスヌーピーが主張し始めて「スヌーピーと飼い主の子ども達」のように変わっていって。
子どもの頃は「チャーリー・ブラウンはなんで禿げてるの?」って不思議に思ってたっけ…。
省くイラスト手法とも知らずに。


ちなみに最初の20年間はスヌーピーは四本足で歩いて(走って)いたそうです(笑)
今では不思議でもなんでもないですが、動物の考えていることをふきだしで表現したのは、スヌーピーが初めてではないかとのこと。確かに!
50年の間スヌーピーは様変わりしちゃったけど、初期の頃も可愛い

モデルは二匹目の飼い犬「スパイク」。
犬の生活は「なんて惨めなんだ」と嘆き、他の動物のマネをしてみたり、戦場の英雄やお医者さんや小説家を夢想するスヌーピー。「ごっこ遊び」がエスカレートして、本当に小説を書いて応募したりする。でも絶対「人語」を喋らない鉄の掟は50年間通して守ってるんですよね。

私が一番好きなキャラは「ジョー・クール」。丸いサングラスをかけて女の子からモテたい少しクールな男の子。
初めて知りましたが、スヌーピーが足をバタバタして飛び上がる独特の仕草を「ハッピーダンス」というらしい。

原画の他に直筆のポスターや、ヌーピー電話や子機、指人形や各国民族衣装を着たフィギュアなど懐かしのアイテムも。
貯金箱やぬいぐるみ、持っていた子が多かった!

作者のシュルツさんは、毎日書きかけのスケッチを毎回未練無く捨ててしまっていたそう。
家族か知人かが拾ったのか、クシャクシャの紙が丹念に広げて一枚飾ってありました。丹念に広げられた紙から、そこに作者を取り巻く人々の存在を感じて心温まりました。

原画点数はそれほど多くはないですが、ゆったりまったり見るには丁度いい分量なのかも。
併設のカフェでは、飲み物にはオリジナルコースターをつけてくれます。

 DSC_0394.JPG

DSC_0522.JPG

20170309015438.jpg
↑スヌーピーおなじみのポーズ

 DSC_0945.JPG

DSC_0956.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アカデミー賞2017 [★映画こぼれ話]

http://eiga.com/official/oscar/

毎年欠かさず観ているアカデミー賞。
司会によって、全然雰囲気の変わるアカデミーshow。

長いこと連続して司会を頼まれていたビリー・クリスタルは、その年のノミニー作品に自分を紛れ込ませる合成映像で楽しませるのが定番だった。ブラックジョークは得意ではなく、ほっこりと笑わせるタイプ。

ビリークリスタル.JPG
エレン・デジェネレスは才気ばしりすぎて、会場がドン引くときもあった。カチッとはまるときははまるんだけど。
授賞式中にブラピなどと一緒にセルフィーしちゃったときと、宅配ピザを本当に頼んでしまったという演出は面白かった。

エレン・デジェネレス.jpg

ジミー・キンベルは辛口ですがきまずくなりすぎないブラックジョークを織り交ぜ非常に上手かった。
メル・ギブソンに「元気そうでよかった。新興宗教のおかげかな?」とか、宗教の話をタブーとせず茶化すユーモアセンス。
トランプに攻撃されたメリル・ストリーブには「偉大ではない女優に拍手を送りましょう」!
皮肉というユーモアで包み、政府や政権に反意を示す。
なかなか日本人には上手く出来ないアプローチですよね。

ジミーキンメル.jpg

そして問題の作品賞取り違え事件。百聞は一見にしかず。
やっと顛末の全貌が確認できてすっきり。
【ラ・ラ・ランド】のプロデューサーが自ら「本当の受賞は【ムーンライト】」と話したことで救われた。
ムーンライトプロデューサーも、「これは「嘘のような本当の話だ!」となごませる。
キンメルはプレゼンターのウォーレン・ビーティに「何をしたんだ!」って(笑)をとって、「これは僕が司会をしたからなんだ、きっとそうだ」と自虐的に終わらせた。

ビーティは、封を開けた紙に『エマ・ストーン ラ・ラ・ランド』と書かれていたため、なかなか読みあげなかったんですね。
作品賞に女優名が書かれていることはおかしいですから。

もしかして、もしかしてですけど、今回は終始『人種や宗教の壁を無くそう』というスピーチに溢れていたので、白人から黒人へオスカーを渡す…なんていう劇的な場面を演出したのだったりして…とふと思ったのですが、会計事務所の責任問題に発展してるから違うかな(笑)

最後はアレだったけど、今回は名スピーチがたくさん生まれた。
なかでもヴィオラ・デイビスのスピーチが印象的。
「すべての才能ある人々が集まる場所があります。それは墓地です」
「よく聞かれます。あなたはどんな物語を伝えたいの?私はこう答えます。死者の物語を掘り起こしたい」
「大きな夢を見た人たち、夢破れた人たち、恋に落ち、恋に破れた人たち。俳優になって本当によかった。人生という物語を祝福できる唯一の職業です

 

ぐっときました。
【殺人を無罪にする方法
】【ヘルプ心がつなぐストーリーでファンでしたがますます好きになりました。



ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ [Blu-ray]

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

フューリー [戦争ドラマ・戦争アクション]

満足度★60点

フューリー [SPE BEST] [Blu-ray]

フューリー [SPE BEST] [Blu-ray]


■戦争を体感させようという意欲作

どれだけ御託を並べようと、大義名分を振りかざそうと、戦場にいる兵士にとっては戦場はやるかやられるかの世界で、「ひたすら怖いもの」でしかない。

新人兵士は、敵国の人間は子供だろうが市民だろうが、いつ自分に牙を向くかわからない、だから殺しておけと教わる。
そいつらを殺さなければ、結局は自分が殺される。どのみち死体が増えることには変わりないから殺しておけと。

理屈や理想が通じない生の現場を、戦車に取り残された死体の顔や道いく死体を潰す音などあえて嫌悪を感じさせる演出をして、なるべく視聴者に届けようとした意欲を感じる。

少しでも日常的に過ごしたい…そんな彼らは時折見せる横顔は、良心的であまりに普通。
ひたすら恐怖から逃れてきたら生き残ってしまって、またこの恐怖がいつまで続くかわからない生活に心の底から疲れている。

誰がこんなに人間を追いつめるのか?
最後の選択肢は、そんなちっぽけな男たちがありったけの勇気を振り絞って、自分等が戦う意味を残そうとする切ない場面。アメリカ映画的なヒロイズムを少しだけ感じはしたが、戦争に善悪はないという普遍性を持たせようとはしたようにも思う。

ただ、ドイツ人女性宅で起きたことはいささかドラマ的すぎる。
私は女なので、それまでの視点が逆転して、女性に感情移入して見ていた。
言葉の通じない男たちが、いつ自分に牙を向くか。誰が乱暴して誰が理性的で話が通じるか。
おどおどしながら顔色を窺う様子に、まるで自分がそこにいるかのようにビクビクし、とても情けない気持ちになった。

何日間の逗留ならまだしも、出会ってすぐそんなに敵国の女性が恋に落ちてくれるわけがない。
さっきまで心を通わせ微笑みあっていた人間が次の瞬間死体に変わる、という無情さを表したかったのかもしれないが、あの場面だけは男の幻想だと思った。

余談だが、スターウォーズのようにあのピュンピュンと飛び交う弾道はどうなの?
本物の弾道はあのように目で捉えられるものなのだろうか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

別離 [ヒューマンドラマ]

満足度★70点

別離 [Blu-ray]

別離 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray




■嘘の積み重ねで不幸せに

罪を被ること、夫から暴力を受けること、娘を失うこと、様々な「恐れ」から嘘を積み重ねる人々。
嘘がばれることを恐れてふたたび嘘をつき、皆が皆その嘘でがんじがらめになる。

そもそもの原因は一組の夫婦が別れるということから。
二人が歩み寄っていれば、負の連鎖は起きず、回避できることが様々にあった。和解することの難しさと、人間の業よ。

介護をするにあたり異性の裸をみていいのか、裁判で確証がないまま慰謝料をもらっていいのかなど、聖職者にいちいち確認する女性の姿が印象的。
コーランに手を当てて誓うということが、ムスリムのなかでいかに説得力を持つ行為か、ということがよくわかる。
個人的には、神の畏れより人として信頼を失うことを恐れて欲しい。
個人的には主役の男性に同情してしまった。
アルツハイマーの父を置いて外国へ行きたくない気持ちはわかるし、妊娠していたヘルパーの女性を突き飛ばしてしまったことに対して、保身から嘘をついてしまったことも、大きな悪だったとは思えない。
すべての小さな不幸せがドミノ崩しのように彼に収斂したようで、ラストぽつねんと座る姿に胸が痛んだ。
もちろんヘルパーが流産したことは大きな不幸だが、あれは人的被害というより事故だった。

意外とイランでは女性も強い自己主張ができる国なのだなといういう点で驚きはあったが、世界中どこの家族にも起こりえる、普遍的な辛さを描いている映画だった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

テロ(書評) [■BOOK・COMIC]

満足度★80点


テロ

テロ

  • 作者: フェルディナント・フォン・シーラッハ
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2016/07/11
  • メディア: 単行本


■命の尊さは数で比較できるか

旅客機をハイジャックしたテロリストが、7万人が詰めかけるサッカースタジアムに旅客機を墜落させようと計画していた。
時間が迫るなか、コッホ空軍少佐は命令に反して旅客機を撃墜する。
彼を無罪にするべきか有罪にするべきか、という思考実験的な話である。

同著で提示されている法的根拠からすれば有罪となる可能性は高いであろうが、それとは別に自分なりに考えてみました。
断腸の思いで…やはり有罪にすると思う。
なぜなら、「どうして観客を逃がすことを提案しなかったのか」という検事の言葉にギクリとしたから。

コッホ含め、登場する軍の関係者らは「7万人か100人どちらを犠牲にするか?」ばかりを考えて、「全員が助かる道」を考え尽くしたといえないと思った。

もし検事の言うとおり、「コックピットに乗客が入り、テロリストを拘束する」可能性があったとしたならば、コッホは乗客が生き残ることができる一つの手段を奪ってしまったのである。

どちらも手を尽くした結果、死に至るのはしょうがないと思う。
もちろんコッホには悪意はなく、彼なりの正義から行った行為ではあったのだろう。
しかしそれも絶対そうだとは言い切れない。何故なら他人の思考を科学的に計るすべが無い限り、「彼の行為が良心から来るものか」を断定することはできないから。
法で裁けるのは結果でしかない。一個人が同意もなく生殺与奪してはならない。

映画【ダークナイト】でもジョーカーが無辜の人々の命を、同じように天秤にかけたことがある。
罪人達だけが乗る船と、一般人が乗る船それぞれに爆弾を仕掛け、両方にスイッチを渡し、先にスイッチを押した方を助けるというのだ。
両方の船で、命をかけた議論が巻き起こる。なんと一般人がスイッチを押すことを先に提案する。「相手は悪人だから」という理由で。しかし罪人達が先にそのスイッチを捨てるのである。

ここでもしどちらかがスイッチを押してしまったら、ジョーカー=テロリストの言いなりになったも同然だろう。

彼らは他者の命を奪う権利は誰にもないと考え、もしその結果全員がジョーカーに殺されてしまったとしても、希望を捨てなかったことをテロリストに示せると考えたのである。
そして最後まで生き残る可能性があることを信じ続けた結果、全員助かるのである。

もちろんこれは映画の話なので理想論的な結末ではある。
「たとえば一人が死ぬことで、種の絶滅を防ぐことができる」などの条件が与えられたら、意を翻して命を数で比べてしまうのではないかと思ってしまう自分もいる。

ハイジャックしたのが、これが致死率100%の ウイルスを抱えたテロリストだったら?
国が混乱に陥ること必至の要人ばかりが搭乗していたら?
悲しいかな、人間は完全平等にはなりえない。
種の保存上、秤にかけるのはしょうが無いのかもしれない。

それに人間は人間以外の動物が増えれば殺すし、絶滅危惧種は保護をする。
それは命を「数」で秤にかけていることに他ならない。
そうやって、頭の中はどうどう巡りになる。

しかし法治国家の原則が崩れてしまい、その後に待ち受けている世界を考えると恐ろしい。
結局、私たちは御託を並べてルールを決めて生活しなければならず、そうして決めたルールを、自ら放棄してはいけないのだと考える。
完全なる法治国家に少しでも近づくために、法律自体を見直し続けること。
改めて基本中の基本を、この本で教えてもらった気がする。

巻末に、風刺画がきっかけでテロ被害にあったシャルリー・エブドに向けて語った著者のスピーチが、掲載されていた。
「あなたの雑誌は軽佻浮薄で、激烈で、ふざけるなと言いたいくらいです」としつつも、
「しかしそうすることで、わたしたちの自由を表現し、具現化してもいるのです。あなたの雑誌は何百年にもわたる闘争と抑圧と苦悩の末に作り上げられたこの世界の一部なのです」と語っていた。
表現の自由の尊さを語る、簡潔で明瞭で模範的な答えが提示されていると思う.


沈黙ーサイレンスー [歴史絵巻・文芸作品]

満足度★70点

http://chinmoku.jp/

心を征服しにきた宣教師と、心を蹂躙する為政者と、どちらも 同じ穴の狢。
どちらかというと、日本人の私としては、やはり一神教のお仕着せがましさが鬱陶しい。
神に代わって汝を許すなどと、神の声を聞いたこともない同じ人間に言われたくはない。
劇中の浅野忠信の言葉を借りると、仏教は「自分の力で悟りへの道を学び、仏に近づく」ものだが、一神教は「神の教えに盲従しろ」というもの。

縁もゆかりも無い顔かたちをした男性に「汝の罪は既に私が背負っている」などと言われても、じゃあなんで今苦しいわけ?と突っ込みたくなる。その点「人間が苦しいのは自分の欲からである」と説く仏教の方が、より普遍的に思える。

ただ、武士階級など生活に余裕のある者は、「苦しみは己の欲から生ずる」という教えに向き合う心の余裕もあろうが、重税に苦しみ、ひたすら現実から目を背けたい農民にとっては、「何も考えずに心を委ねる」一神教は乱暴な言い方をすれば楽ですよね。

その点を武士もきちんと心得ていて、農民が本当の意味ではキリスト教の教えを悟っていないこと、そしてだからこそ洗脳されやすい危険があることを承知している。
農民を苦しめている根源であるにも関わらず、「我らも嫌なのだ」「取り合えず形だけでいいのだから」と甘言で体裁を整えようとする嫌らしさ。の形だけの行為が、じわじわと彼らを蝕むことも知っている。

そんな農民に「主は許してくださるから踏み絵をしてもいい」と救いの手を伸ばすどころか、神罰と背教を恐れて真の慈悲を見失う宣教師。イコンに執着する心の弱さよ。
本当に信仰しているのなら、胸を張り毅然とした態度で踏み絵をすればいい。

結局人を救えるのは人だけであるということ。
私は、神よりも人の内に宿っている善意を信じたい。

余談だが、最後の20分は蛇足。ロドリゴが踏み絵を決意する緊張の「サイレンス」の演出で終幕すれば、傑作になったのにと思った。


>>俳優メモ


さらに余談だが、リーアム・ニーソンアダム・ドライバーのキャラクターが、スター・ウォーズと被ってしまう。
時に怒りに我を忘れ、人に傲慢な態度をとる様子はカイロ・レンの弱さを彷彿とさせる。
リーアムは己を律し真の心を内に秘めた指導者として、クワイ・ガン・ジンそのもの。キャスティングの妙ですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画