So-net無料ブログ作成
検索選択

シン・ゴジラ [ディザスター・ディストピア]

満足度★45点


シン・ゴジラ DVD2枚組

シン・ゴジラ DVD2枚組

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD


■自分の直感を信じ見に行かなくて良かった

これはもう喜劇ですね。ゴジラに脅威を感じることができなかったので、パニック映画として中途半端だし、政治的批判や日本人への痛烈な皮肉が込められたサスペンス的な緊張感は、石原さとみの登場で喜劇になった。
ゆえにこの映画のテーマがぼけ、どこで喜んでいいのかわからない。

ほかにも、
・ゴジラのVFXがひどい。
・ゴジラ出現理由をあえてぼかしているのがあざとらしい。
・随所にエヴァ。ヤシオリ作戦が「ヤシマ作戦」の音楽そのまま、ゴジラの初めての咆哮がエヴァ初動機発動を彷彿とさせるなど、エヴァをゴジラでやりたかっただけ。

各評価を具体的に書くと
・このVFXをもってしてハリウッドに対抗できたと評価している邦画界がちゃんちゃらおかしい。何かと批判されるエメリッヒ版ゴジラにも劣る。エメリッヒ版はポップコーンムービーとしては及第点。

・ラストの「尻尾にたくさんの人間らしきもの」に対して様々な考察がされているが、シンプルに、劇中で言及されていた「ゴジラは分裂して増殖する可能性」があることを示唆したものだと私は思う。
ともあれ、「謎を放り込んでおけばみんな喜ぶでしょ?」 と言わんばかりにとってつけた結末に嫌みを感じる。

・ゴジラが動き回ることがほとんどないので、危機感を全く感じられない。ゆえにいくら長谷川が熱演しても、滑稽に映る。
仮に制作陣が「政治サスペンスなんだ!」と主張するのであれば、モチーフがゴジラである必要は無い。日本への皮肉を内包しつつ、現状打開するため奔走する群像劇を見たいのであれば、【東京原発】などで十分。

・「シン・エヴァンゲリオン」を作りたいが延期していることに対して、ファンにお詫びとして作った作品としか思えない。

・石原さとみのトゥーマッチな演技はそれはそれで面白いが、「私が大統領になったら」発言にはずっこけ。
あそこで微妙なバランスで保たれていたギャグの均衡が崩れた。わざとか?

何となく全体的に、日本の観客がどういった点で喜ぶのか実験しているような、また、エヴァファンを手のひらで転がしてるような、嘲笑が垣間見える気がするんだよね。うまく言えないけど。
牧博士の自殺の謎がなんやかんやと騒がれていたけど、単にゴジラを盗んで日本政府に恨みがあったから東京湾に沈めて、奥さんの後を追っただけだと思うけど。


劇場公開時、前情報、トレイラー、それら総合的に判断して劇場に見に行かなくてもいいと判断したが、それは正しかった。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

LA LA LAND ラ・ラ・ランド [青春・恋愛・コメディ]

★満足度85点

320.jpg

■夢は叶ったけれど、隣にいるのはあなたじゃない

見終わってから暫く経つが、ようやっとレビューを書こうと思う。
文字におこすと凄く陳腐になってしまいそうだなと思い、大分経ってしまった。

まず、見終わった日の事を。
終演して隣の友達を見ると、俯いて黙りこくっていた。
期待しすぎて、つまらなかったのかな?と思ったら、コインロッカーまできたときに突然、「いぢわるー!!」と泣き出した。そして「こんなのやだよー!」と人目を憚らず号泣。
びっくりして大笑いしつつも、それまで、胸にたまったはち切れんばかりの切なさを一生懸命こらえていたのが瓦解して、結局私も涙が溢れて止まらなかった。

友達がいうように、カサブランカやロミジュリのような「どうしようもない状況で別れざるを得ない二人」ではないからこそ、こんな結末を用意したチャゼル監督はまさに「いぢわる」なのである。

そういう私は、失恋の切なさよりも、封印していた「夢見ていたあの頃」を揺さぶられて苦しくなった。
高校生時代の書きかけの小説や、へたくそなイラストなどが捨てきれずにどこかの机の引き出しや物入れにそっと眠っていて、大人になり現実でそこそこ楽しい生活をしているときにそれがうっかり目に入ると、かさぶたをめくられたような痛みを感じる。自分へのふがいなさと、「夢が叶う人は少ない」という言い訳をしてきた人生に。

例えばそんなような、夢を抱いた結果がどうしようもないお粗末なものでも、夢といえるものを追ったことのある人なら、彼らの姿に自分を重ねるんじゃないだろうか。特にミアのオーディションでのシーンに。

そしてこの映画は、見終わった後にじわじわ来る。
セブが見上げた天井の染み、不本意なバンド参加、ジャズバーの名前、そしてラスト怒濤の「タラレバ」。
夢は叶えたのに、隣にいるのはあなたじゃない。

なんだこれ、切ないぞ…!

貧しくても一生夢を追っている方が幸せなのか、一緒に夢を追った人がいなくても成功することがいいのかなんて、比べられない。
だが、ラストのミアもセブも、安定こそすれ幸せの高揚感のなかにいるようには見えなかった。
それこそが恋という熱病にかかると同時に、夢を見させてくれるハリウッド(ラ・ラ・ランド)の甘さと辛さなのだろう。

振り返ると、二人の破局は色々な台詞や描写で表されていた。
初キスをした思い出の映画館は閉鎖し、昼間見る展望台は「いけてない」と色褪せてみえた。
女は現実的で、男は女との思い出を糧に生きる
きっとミアの旦那は彼女がパリに行ったときのプロデューサーかなにかだと思う(笑)。
ミアめ、適当なところで手を打って、安定な生活と堅実な男を選んだな!
それに対して、二人がうまくいかなかった理由は何だろう」と、どうしょうもない感情を鍵盤にのせて奏でたセブ。
あの表情、ほんっとにどうしょうもない切なさに苛まれる。

よせばいいのにサントラを聴いてまた切なさに浸る。本当にチャゼル監督はズルい。
溜め息が出るほどズルい映画である。

セッション コレクターズ・エディション [Blu-ray]

セッション コレクターズ・エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • メディア: Blu-ray


蛇足だが、ララランドは王道中の王道でもあるので、セッションほどの意外性は全くないし、プロットの緻密さもセッションの方が上だと思う。でも、愛される映画としては「ラ・ラ・ランド」に軍配。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

SUPER RUGBY サンウルブズvsブルズ [■スポーツ観戦]

●HP・・・https://sunwolves.or.jp/

試合前日は例のごとくファンクラブ特典のキャプテンズラン♪

練習の様子は、情報を洩らしてはいけないので詳しくは書けませんが、シンガポールやら南アフリカやら遠征で選手はお疲れの様子でした。
シンガポールが「ホーム」の扱いにされてるってどうなのよ。選手は慣れたとインタビューに答えてましたが。

でも選手らは練習後、ファンにはいつも通りの神対応でした。
最後まで元気だったのは中鶴選手と山路選手で、彼らはバスに乗らずどこかへ行くようでした。不思議な組み合わせ。
次の日勝てるかな?と不安でしたがやってくれましたね!
2017-04-16T15:01:58.JPG

2017-04-16T14:54:10.jpg
↑サインに応じるサム・ワイクス



スーパーラグビー@秩父宮、サンウルブズvsブルズの様子。
初勝利ですね!観客も沸きに沸きました。
キッキングゲームに慣れてきたのか、うまく相手を疲れさせることができたのだと思います。
サンウルブズのやりたいことがきっちり形に表れたような試合でした。
前半1点で折り返すも、後半悪い癖のラインアウトからの守備連携ミスであっさりトライされる。
そのときは負けるかな・・・と少し不安になりましたが、交代した田村や松島が活躍しうまく試合をコントロールして、中鶴のトライにつながりましたね!

去年中盤まではフィルヨーンより田村のキックの精度は見劣りしていましたが、中盤以降ぐっとよくなりました。
解説の山田選手が、同じようなことを彼に尋ねたら、「本気だし始めただけ」と答えたそうですw。確かにNECも脱退してしまったので、代表とサンウルブズだけに本腰を入れ始めたということでしょうか。

しかし試合終了間近、まさかのリアキのペナルティ。彼は背が高いのでハイタックルのジャッジを受けやすい。
逆転したのにさらに逆転され負けてしまうかと思ったら、10番と交代したばかりの選手がPGを外したので窮地を脱しました。矢富が最後に蹴りだしてくれたときは本当にほっとしましたよ。

P1150981.jpg
↑先頭がキャプテン・ストラウス

P1150983.jpg
↑チアガールたち

P1150985.jpg
↑恒例のパフォーマンス

P1150991.jpg
↑相手の10番がプレイ前の祈り

P1160013.jpg
↑可愛くなってしまったウルビー

P1160023.jpg
↑スクラムは互角

P1160045.jpg
↑喜びに湧く選手達


P1160060.jpg
↑万感の思いの3人。ティアティアヘッドコーチ、スクラムコーチら

P1160064.jpg

P1160069.jpg
↑爽やかな笑顔の福岡選手

今回は公式応援歌を歌っているミュージシャンのステージや和太鼓などの特に派手で大きなイベントはなく、村上さんが控えの選手の方々へフィールドでインタビューを行うという真面目なものでした。
思えば去年、唯一勝利した日も全体的に「地味」な日で、しかも観客動員数がそれまでのなかで一番?少なかった記憶があります。
連れが「こんな日はきっと勝つ!」と言っていて、本当に勝ったのでどや顔していたのが少し腹が立つ(笑)

その代わり、今回もボランティアさん達が熱く!会場を盛り上げてくれました!
キャッチボールをしてくれたりハイタッチしてキャッキャッと盛り上がりましたよ~。
SUNTORYもヨーグリーナを無料で配布する太っ腹。

公式マスコットのウルビーは、最初悪そうな顔をしていたのに、可愛い顔になってしまった。もっと厳つい顔をしていた方がいい気がするな。
グッズも増えてきました。使いやすそうな狼耳は、以外にも体格の良いおじさま達に人気(笑)意外と似合うんだなこれが。
一番下は、近くの酒屋でサントリーの選手らが手売りしている様子。

また、忘れてはいけないのがファンクラウブ会員には特典のフォトセッション
10:00に整理券を頂いて、12:30以降始まるのですが、1.2.3レーンそれぞれに選手が違うのでとても悩みましたよ!
私は3レーンのカーキー、小川、タウランギに行きました。タウランギは、おでこのたんこぶがまだ痛々しそうでした。
3人ともワオンポーズをやってくれましたよ!

P1150956.jpg

P1150930.jpg

P1150925.jpg

P1150941.jpg
↑この右手奥、桜の木の前でカーキーらが。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ