So-net無料ブログ作成
検索選択
青春・恋愛・コメディ ブログトップ
前の10件 | -

LA LA LAND ラ・ラ・ランド [青春・恋愛・コメディ]

★満足度85点

320.jpg

■夢は叶ったけれど、隣にいるのはあなたじゃない

見終わってから暫く経つが、ようやっとレビューを書こうと思う。
文字におこすと凄く陳腐になってしまいそうだなと思い、大分経ってしまった。

まず、見終わった日の事を。
終演して隣の友達を見ると、俯いて黙りこくっていた。
期待しすぎて、つまらなかったのかな?と思ったら、コインロッカーまできたときに突然、「いぢわるー!!」と泣き出した。そして「こんなのやだよー!」と人目を憚らず号泣。
びっくりして大笑いしつつも、それまで、胸にたまったはち切れんばかりの切なさを一生懸命こらえていたのが瓦解して、結局私も涙が溢れて止まらなかった。

友達がいうように、カサブランカやロミジュリのような「どうしようもない状況で別れざるを得ない二人」ではないからこそ、こんな結末を用意したチャゼル監督はまさに「いぢわる」なのである。

そういう私は、失恋の切なさよりも、封印していた「夢見ていたあの頃」を揺さぶられて苦しくなった。
高校生時代の書きかけの小説や、へたくそなイラストなどが捨てきれずにどこかの机の引き出しや物入れにそっと眠っていて、大人になり現実でそこそこ楽しい生活をしているときにそれがうっかり目に入ると、かさぶたをめくられたような痛みを感じる。自分へのふがいなさと、「夢が叶う人は少ない」という言い訳をしてきた人生に。

例えばそんなような、夢を抱いた結果がどうしようもないお粗末なものでも、夢といえるものを追ったことのある人なら、彼らの姿に自分を重ねるんじゃないだろうか。特にミアのオーディションでのシーンに。

そしてこの映画は、見終わった後にじわじわ来る。
セブが見上げた天井の染み、不本意なバンド参加、ジャズバーの名前、そしてラスト怒濤の「タラレバ」。
夢は叶えたのに、隣にいるのはあなたじゃない。

なんだこれ、切ないぞ…!

貧しくても一生夢を追っている方が幸せなのか、一緒に夢を追った人がいなくても成功することがいいのかなんて、比べられない。
だが、ラストのミアもセブも、安定こそすれ幸せの高揚感のなかにいるようには見えなかった。
それこそが恋という熱病にかかると同時に、夢を見させてくれるハリウッド(ラ・ラ・ランド)の甘さと辛さなのだろう。

振り返ると、二人の破局は色々な台詞や描写で表されていた。
初キスをした思い出の映画館は閉鎖し、昼間見る展望台は「いけてない」と色褪せてみえた。
女は現実的で、男は女との思い出を糧に生きる
きっとミアの旦那は彼女がパリに行ったときのプロデューサーかなにかだと思う(笑)。
ミアめ、適当なところで手を打って、安定な生活と堅実な男を選んだな!
それに対して、二人がうまくいかなかった理由は何だろう」と、どうしょうもない感情を鍵盤にのせて奏でたセブ。
あの表情、ほんっとにどうしょうもない切なさに苛まれる。

よせばいいのにサントラを聴いてまた切なさに浸る。本当にチャゼル監督はズルい。
溜め息が出るほどズルい映画である。

セッション コレクターズ・エディション [Blu-ray]

セッション コレクターズ・エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • メディア: Blu-ray


蛇足だが、ララランドは王道中の王道でもあるので、セッションほどの意外性は全くないし、プロットの緻密さもセッションの方が上だと思う。でも、愛される映画としては「ラ・ラ・ランド」に軍配。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

未来は今 [青春・恋愛・コメディ]

満足度★60点


未来は今 [DVD]

未来は今 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD


■こだわりは買う

コーエン兄弟が彼らの作品のなかでは額の大きい制作費を投じた映画

冴えないけど純真な心を持つ男が、株価を暴落させた後に買い占めて会社乗っ取りを画策する取締役(=ポール・ニューマン)に利用される。
全編モノクロで30年代の雰囲気を醸しつつ、早い展開で飽きはしないのだが、面白いか?と言われればそうでもない。

スラップスティックコメディ要素もあり、登場人物は全ておもちゃやからくりのようなリズムのある動きで面白いし、巨大な時計の秒針が重役の部屋に影を落とす様子や、フラフープのネーミングを協議している影絵のような場面など、監督達の「画(え)」こだわりや構図は上手いなぁと思うのだが、話そのものがそんなに面白くないんだな。

ティム・ロビンスと子どもがフラフープを無心で回している様子がなんともおかしみがあって、彼らの顔だけが印象に残った。

早口で短期な上昇志向の強い新聞記者をジェニファー・ジェーソン・リー
彼女の感情の通わない壊れたラジオのような演技も計算なのかな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ [青春・恋愛・コメディ]

★満足度50点




■恋したくないといいつつ・・・ 

アナが魅力的。最初もさいな~と思ってたけど、化粧っ毛のないところとか、純粋そうな目の輝きとか、ガツガツしてなくてセレブ狙いの軽薄な女じゃないところが、クリスチャンに刺さったんだろうなぁ…と思いました。

個人的にグッとにきたのは、車プレゼントでもなく、ヘリデートでもなく、アナがバージンだと告白する場面で、クリスチャンが戸惑いながら「何してたんだ?」というところ。
早くバージン卒業しなきゃ!なんて焦る大半の女子と違って、手あかのついてない女ってところも、クリスチャンをくすぐったんでしょうねぇ。

初めての恋愛セックスに真っ直ぐ過ぎるアナ。触れたい、一緒に寝たい、なーんて口にするから相手が物怖じすることがわからないのが惜しい。もうクリスチャンを手玉にとってるようなものなのに。

クリスチャンも恋愛は駄目だ、愛してはいけないとかいいつつ、「契約どうでもいい、デートもOK」なーんて、めちゃアナに惚れてるじゃん!と激しく突っ込んでいました。

あんたらのやってることが恋愛というのでは~?と教えてやりたくなりました(笑)

女子高生向けの漫画レベルのおとぎ話だった。
続編(小説)では結婚妊娠もするらしい。
スキャンダラスではなく普通に幸せ…ですね(笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ヴァージン・スーサイズ [青春・恋愛・コメディ]

★満足度65点 

ヴァージン・スーサイズ [DVD]

ヴァージン・スーサイズ [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東北新社
  • メディア: DVD


■自己陶酔による軽やかな死

少女時代の独特の世界。
ちょっとした秘密めいた行動などが、凄い背徳感のある冒険をしているように感じたり。
揺らぎというのかな、本当にちょっとしたことで怒ったり落ち込んだり、うかれたり。
自分は他の同年代より大人だという思い上がり。

特に厳格で保守的な母にコントロールされた姉妹の閉塞感は手に取るようにわかる。

それにしても瑞々しくて端正な顔立ちの4姉妹に対比して、語り手となる男子グループの配役の不細工なこと。
女の子の成長のほうが早いのは万国共通、しょうがないのだけど。
彼らに、(先に死んだ子は省いて)4姉妹の爪の垢ほどの詩情をくみ取れる感性があったなら、彼女らはあれほど絶望しなかったかもしれない。
絶望とはいうものの、現実社会で大人が直面するような絶望ではなく、なんというかもうちょっと「世の中が色あせた」に近いかも。
一度エッチしたら興ざめしちゃう男子に、甘い恋の持続を夢見たラックスは、失恋に傷ついたわけではなく、男というもののつまらなさにがっかりしたのではないだろうか。

衝動的に能動的に死を選んだ4姉妹。
(先に死んだセシリアの死だけは、劣等感による未来への恐怖で、異種だと思う)
そしてあの田舎という環境で、自分たちはラプンツエルよろしく「塔に閉じ込められたお姫様」であり、現実には王子がいないことを知った悲劇のヒロインであり、また、現実を見たくないだけの我が儘で平凡な少女なのである。
一種のナルシズムでつながった4姉妹は永遠に自分たちの世界で生きることを望んだ。
その淡い泡のような彼女たちの世界を、幻想的に甘酸っぱく描いたさまは、まさに女子目線の青春。

絶世の美人というわけではなく、田舎で多少チヤホヤされていただけの彼女たちは、死ぬことによって小さな小さな世界の「伝説の美人姉妹」になった。それを本能的に知っている、女という生き物は怖い。

 


>>俳優メモ


【ローズ家の戦争】や【私がウォシャウスキー】で一時期は映画界を賑わしたキャスリン・ターナーが、びっくりするほど腰骨がでっかい中年太りのおばさんに。
また、姉妹に甘く優しい父親にジェームズ・ウッズ。いつも嫌な役や堅い役ばかりなので、今回は対照的な役。
姉妹を羨望のまなざしで見つめる取り巻きの男子の一人に、あのSWでアナキンをやったヘイデン・クリステンセン
まだこのときはガリ細でハンサムさのかけらもない。
ローズ家の戦争 [DVD]

ローズ家の戦争 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
  • メディア: DVD

私がウォシャウスキー [DVD]

私がウォシャウスキー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • メディア: DVD





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

恋するリベラーチェ [青春・恋愛・コメディ]

★満足度60点

恋するリベラーチェ Blu-ray

恋するリベラーチェ Blu-ray

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray




 
内容には全然興味ないものの、マット・デイモンマイケル・ダグラスこの二人のラブシーン見たさに2時間耐えたようなものです(笑)

セレブ恋愛物のセオリー通り「熱愛→偏愛→倦怠→傲慢→破局」のコースをたどる。
マット扮するスコットは獣医を目指しているのだが、どんな固い志を持った青年でも金の前では怠惰になっちゃうのね。

リベラーチェは飽きた玩具のように若い子をとっかえひっかえする。
スコットも、もれなくその運命を辿るのだがセレブリティの恋愛って何でこう分かりやすく浅はかなんですかね。
二人で一緒に築き上げる「何か」というものが決定的に足りない。

片方が完成された世界を作り上げていると、もう一人はそこへ飛び込むより仕方が無い構図になってしまうから、スコットは極力リベラーチェの意に沿うのだが、リベラーチェは彼に自由な時間を与えなかったり、強引に整形させたり(!)と自ら二人の関係をあえて壊すような我が儘ぶり。
スコットも整形に対して戸惑いながらも言いなりになっちゃうんだから、金持ちの圧倒的パワーと自信って本当凄いわ。

あまり中身の無い内容ですが、大胆な場面展開・冗長なようでテンポのいい物語の運びなど、随所でソダーバーグ節が感じられて飽きませんでした。

二人の濃厚なキスやら、(オケツの)穴を掘りたいだの嫌だのと痴話げんかしている様が、おかしいやら見たくないような可愛いような。
 マット・デイモンのむき出しのお尻と、マイケル・ダグラスのハゲ姿が拝めるだけで一部映画ファンには一見の価値あります(笑)

しかし捨てられる若者たちを尻目に、料理担当の男だけはリベラーチェの元に留まり続けるというのが皮肉。
料理はゲイの心もつかむんですね。



俳優メモ>>ロブ・ロウ

ロブ・ロウ.png

怪しい整形外科医にロブ・ロウ。昔は【アウトサイダー】【セント・エルモス・ファイアー】などティーンエイジャー系青春映画にバンバン出ていました。50歳なのだが、凄く若く見えました。整形してたりしてw
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

天使にラブソングを [青春・恋愛・コメディ]

★満足度65 

天使にラブ・ソングを… [Blu-ray]

天使にラブ・ソングを… [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray

■言わずと知れたコメディ映画の優等生的作品

今更…っですが、今まで機会がなくって、だけどどこかしらで頻繁に放送されているのでなんとなく観た気分になっていて(実際あらすじ以上に話の展開は知ってしまっている)、今に至りました。

普遍的なテーマを扱っていたりよほどの名作でなければ、映画にも旬がありますね。
ゴースト】でブレイクしたウーピーを主演に据えたスマッシュヒット、中途半端に2,3年後に観るよりは、今観た方が「あの人は今?」状態で楽しめるのかもしれない。

ハービー・カイテルが若い!
マギー・スミスが老け顔!(10年後のハリポタ時代と変わらない)
ウーピーは眉毛がないのに怖い顔にならない! 
ハービーとウーピーが愛人関係…?というミスマッチさもなんだかおかしい。

老若男女楽しめる映画で、その展開の凡庸さに特筆すべきところはありませんが、教会の地域との関わりを考えるものがありますね。ドイツウィーン合唱団をミサで聴いたことがあり、その荘厳さに心を揺さぶられたので、聖歌をポップにすればいいとは思いませんが、炊き出しやホームレスへの支援など、どこかの組織を通じてというより直接的な支援はもっともっと行ってもいいと思います。

しかしアメリカの映画では、食堂を突っ切って逃げる場面の本当に多いこと!
うまい具合に邪魔が入ったり、追っ手がこけたりして場をつなぐのに便利なんでしょうね。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

チョイス! [青春・恋愛・コメディ]

★満足度85点

チョイス! [DVD]

チョイス! [DVD]

  • 出版社/メーカー: SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
  • 発売日: 2010/02/23
  • メディア: DVD


■チョイスに二重の意味を持たせた良作

確率的にはあり得ない条件だろうが、誰かが入れた一票が無効になった為、投票をやり直すことになり、その一票で大統領が決定するという事態になる。
その主人公バドは妻に逃げられたしがないアル中男で、万年遅刻魔で、しかも失業したてホヤホヤというダメンズな男。
そんな男が投票などするわけがなく、実は理知的な娘が父に代わってこっそり投票した一票が、機械の電源が落ちたせいで無効になってしまったのだった。

次期大統領、いわばアメリカの未来の決定権を握ってしまったバドにマスコミは殺到、民主・共和大統領候補も押しかけ、あの手この手で彼の歓心を買おうとする。

この映画は、父にまともな生活を送って欲しい娘と、愛情はあるが政治に無関心でいい加減な男の再投票の日までの騒動を軽やかに描き出しているが、有権者の心を摑むための政治家の愚かなパワーゲーム、巨額な投資資金が動くアメリカの選挙制度の穴もあぶり出す。

再選を狙う大統領はバドを大統領機に招き親密になろうと画策、対抗馬(すっかりアクが無くなったデニス・ホッパー)はウィリー・ネルソンが好きなバドのためにパーティーを開く。
バドが適当にうんうんと言ったことが、政党の公約となっていき、保守派の共和党がゲイに緩和になったり、移民に寛容だった民主党が移民反対派になったりとメチャクチャに。
しかしバドは意に介せず、人生初めてちやほやされている状況を楽しんでいる――。

しかし、大統領候補らは短絡的な悪役ではない。
バド1人のために、おのおのの選挙コーディネーターの言うがままの自分に疑問を抱く。
「勝たなければ自分の理想の国造りはできない。自分の意に反する噓をついてでも勝てば、その噓は後から撤回すればいい」
そういう彼らの言い分に促され、結局お飾りのようになっていく政治家たち。
選挙コーディネーターの「理想が腐っていく様を見るのは辛い」という台詞は意外と重い。
本当は彼らも自分のボスの理想が一番だと思っているからこそ勝たせたいのだ。

本来は政治家は国民の大多数の意見をうまくまとめて実現していくだけでいい。
しかし民意と政治の実態がかけ離れたアメリカを象徴するように、バドを唯一の直接窓口として全国から大統領への手紙がごっそり届く。

モリーが「父を尊敬してほしくて」手紙に返事をしたためていたことを知って、ようやくバドも目が覚める。
バドが提案した候補者討論会での名スピーチは、身につまされる人も多いのではないだろうか。
「もっといい人生を送るんだと、思っていた時期もあった」
だけど、いつの間にか簡単なこともやらないようになって…漫然と毎日を過ごして…夢をみることもなくなり…

誰にでも大統領になれるチャンスはあるというのは建前だ。チャンスと資金がある人は少ない。
だからこそ理想を具現化してもらわなくっちゃ困る。
でも民衆が真剣にならなければ、政治家は理想を忘れていく。

最後にバドが選んだ候補はどちらかはわからない。
心憎いラストですね。


俳優メモ >>マデリン・キャロル

バドの娘、政治に興味があり前向きなお利口さんモリーを演じるマデリン・キャロル
彼女アビゲイル・ブレスリンをきつくしたような顔をしてますが、笑ったところはそっくり!
演技が自然でつられて泣いちゃいました。
最近のフォトを見ると化粧が濃くて成長してて驚き。 ナチュラルなのが可愛いのに~。
映画の中の子役は現実ではあっという間に大きくなっていて、軽く衝撃をうけますね。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

テルマエ・ロマエ [青春・恋愛・コメディ]

★満足度70点

テルマエ・ロマエ Blu-ray通常盤

テルマエ・ロマエ Blu-ray通常盤

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: Blu-ray


タイムスリップの描写がくどい

こゆ〜いcastで日本人がローマ人というのも概ね違和感なし(外国人は眉間から鼻梁が高いけどね)。
原作にはない、上戸彩演じる漫画家も上手く絡めていた。

が・しかし、タイムスリップするたびにその描写は要らない、一度見せればいいわけだから。
あとタイムスリップの原因がわかって、上戸彩が消える時も長い。
そういう編集の悪さ、邦画はどうにかならないかな。

短期間で言葉が話せるようになるのはコメディーだから、まあいいか。
原作をそれなりに壊さず描いていたので評価甘めだが、原作を知らない人は映画館で観るほどではないと思うかもしれないな。
上戸彩のドラマ映画はこける、とよく言うけど、それが本当なら初めての大ヒットじゃない?(笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

バーレスク [青春・恋愛・コメディ]

★満足度60点

バーレスク [Blu-ray]

バーレスク [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray

■至って普通のサクセスストーリー

田舎女子が都会に出てきて、その歌唱力をもってキャバレーで人気者になるというストーリー。

ブロードウェイなどでもはなく、またプロの歌手になるでもない、というのが「手の届く」感触を残したサクセスストーリーとは言える。

最初は友人だったバーテンとの恋、ライバルとの確執、バーレスクを狙うハンサム実業家からの甘い誘い…、などなど基本はシンプル

しかしさてバーレスクの借金問題はどう片付ける?と思っていたら思わぬ「空中権」の登場。
実業家が振られてもお金を払うという、あま~いシナリオに転ばなくて良かった良かった。

シェール扮するバーレスクオーナーの想い人は、ビジネスパートナーだけどゲイ。
この二人の関係が、直球のストーリーに変化球を与えていた。
男女の関係にはなれないけど、互いに人生で必要な存在というのが、切なくてよいですね。

しかし、この手の映画でよく見るけれど、喧嘩の末に女がとんでもない暴言を吐いたのに、結局は男の方が謝るというのは何なの?
あれは「理想の男性像」なのかしら。
一曲も書き上げられないうだつのあがらない男、なんて言われて許せるか米国人に問うてみたいわ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

空飛ぶペンギン [青春・恋愛・コメディ]

★満足度60点

空飛ぶペンギン [Blu-ray]

空飛ぶペンギン [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray


■相変わらずの話術は健在

いかにもジム・キャリーな、オーソドックスな作品。
離婚した妻と復縁したり、ペンギンがいつしかかけがえのない存在となるなど、ハッピーエンドに向けての展開はみえみえだけど、ドリフ的な安心感はある。

動物を引き取りにきた男は思わしげな扱いをしていたので密売人か何かかと思いきや、ただの動物園長だったのは少し拍子抜け。途中で脚本を変えたのかな?

やっぱりジム・キャリーの最高傑作は、コメディじゃあないけど【エターナル・サンシャイン】。
冴えない無口な男(!)なのだけど、なんだかとってもチャーミングだった。
ケーブルガイ】や、【ナンバー23】など途中途中で失敗作を挟むジムキャリー、【フィリップ、きみを愛してる!】が思ったほどヒットしなかったので、無難路線に出てみました、というノリか。

確かに、ペンギンは可愛かった。
そして一部やりすぎはあるにしろ、日常に溶け込む本物のペンギンのCGのレベル高い。
みんなでチャップリンを食い入るように眺めている後ろ姿は悶絶もの。
ペンギン見たさに観たようなものだったので、そこは満足出来ました。
家族で安心して観ることのできる一本でしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 青春・恋愛・コメディ ブログトップ