So-net無料ブログ作成
検索選択
★映画こぼれ話 ブログトップ
前の10件 | -

アカデミー賞2017 [★映画こぼれ話]

http://eiga.com/official/oscar/

毎年欠かさず観ているアカデミー賞。
司会によって、全然雰囲気の変わるアカデミーshow。

長いこと連続して司会を頼まれていたビリー・クリスタルは、その年のノミニー作品に自分を紛れ込ませる合成映像で楽しませるのが定番だった。ブラックジョークは得意ではなく、ほっこりと笑わせるタイプ。

ビリークリスタル.JPG
エレン・デジェネレスは才気ばしりすぎて、会場がドン引くときもあった。カチッとはまるときははまるんだけど。
授賞式中にブラピなどと一緒にセルフィーしちゃったときと、宅配ピザを本当に頼んでしまったという演出は面白かった。

エレン・デジェネレス.jpg

ジミー・キンベルは辛口ですがきまずくなりすぎないブラックジョークを織り交ぜ非常に上手かった。
メル・ギブソンに「元気そうでよかった。新興宗教のおかげかな?」とか、宗教の話をタブーとせず茶化すユーモアセンス。
トランプに攻撃されたメリル・ストリーブには「偉大ではない女優に拍手を送りましょう」!
皮肉というユーモアで包み、政府や政権に反意を示す。
なかなか日本人には上手く出来ないアプローチですよね。

ジミーキンメル.jpg

そして問題の作品賞取り違え事件。百聞は一見にしかず。
やっと顛末の全貌が確認できてすっきり。
【ラ・ラ・ランド】のプロデューサーが自ら「本当の受賞は【ムーンライト】」と話したことで救われた。
ムーンライトプロデューサーも、「これは「嘘のような本当の話だ!」となごませる。
キンメルはプレゼンターのウォーレン・ビーティに「何をしたんだ!」って(笑)をとって、「これは僕が司会をしたからなんだ、きっとそうだ」と自虐的に終わらせた。

ビーティは、封を開けた紙に『エマ・ストーン ラ・ラ・ランド』と書かれていたため、なかなか読みあげなかったんですね。
作品賞に女優名が書かれていることはおかしいですから。

もしかして、もしかしてですけど、今回は終始『人種や宗教の壁を無くそう』というスピーチに溢れていたので、白人から黒人へオスカーを渡す…なんていう劇的な場面を演出したのだったりして…とふと思ったのですが、会計事務所の責任問題に発展してるから違うかな(笑)

最後はアレだったけど、今回は名スピーチがたくさん生まれた。
なかでもヴィオラ・デイビスのスピーチが印象的。
「すべての才能ある人々が集まる場所があります。それは墓地です」
「よく聞かれます。あなたはどんな物語を伝えたいの?私はこう答えます。死者の物語を掘り起こしたい」
「大きな夢を見た人たち、夢破れた人たち、恋に落ち、恋に破れた人たち。俳優になって本当によかった。人生という物語を祝福できる唯一の職業です

 

ぐっときました。
【殺人を無罪にする方法
】【ヘルプ心がつなぐストーリーでファンでしたがますます好きになりました。



ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ [Blu-ray]

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「黒人のいない」アカデミー賞2016 [★映画こぼれ話]

先週やっとNHKで放送されました。
毎年見ないと気がすまない、一大イベント!

WOWOWをやめてしまったので、ノーカットは見れず…今年のダイジェストの悲しいところは、主題歌賞にノミネートされた歌手のパフォーマンスがカットされていたこと。
毎年各賞発表の合間に差し込まれるので、楽しみなのだが…もしかしたら今年は演奏自体なかったのかなぁ?
でもまあ、今年亡くなった人の追悼でデイブ・グロールの生歌が聴けただけでもラッキーです。


フー・ファイターズ

フー・ファイターズ

  • アーティスト: デイブ・グロール
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1995/07/05
  • メディア: CD



さて、今年は「白人のためのアカデミー賞」と揶揄され、スパイク・リーやウィル・スミスなど黒人のセレブが批判したり授賞式をボイコットしたりと騒ぎになりました。

司会のクリス・ロック
はどうするのかな~と思っていたら、のっけから堂々と斬り込み持論を展開し、作品賞にノミネートされた白人を黒人に差し替える映像を使うなど、ブラックジョークで式をうまく料理して「黒人のアカデミー賞」に変えてしまった。やるねぇ。

もちろん、冒頭のクリス・ロックの書いたシナリオにgoをだした、アカデミー協会も懐が深いというか、一枚上手、とも思うのです。

クリス・ロックの言うことを要約すると…黒人が黒人のアカデミー賞を作ったり、黒人の会員を増やして黒人にばかり投票しても意味無いじゃん、そういうことじゃないだろ?!ってことだと…。
「でも偏見が無い訳じゃない、いい仕事をしている黒人もいるんだぜ、もっと公平に目を配ってくれ。司会のボイコットを促されたけど、俺じゃなかったら、誰が言うんだ?」…ってことだと思う。

第三者からすると、今年は黒人主演の記憶に残った映画もなかった気がするし、なんかたまたまじゃないのか、これは人種差別アレルギーじゃないのか…?などと思う。

それに、映画業界の成り立ちを考えると致し方ない部分も。
白人が発展させてきた文化でもあるし、会員に白人が多いのも伝統的というか。それが少しずつ変わってきて、今は寧ろ多様性を表現できていると思う。

例えば日本で歌舞伎役者に白人や黒人がいないっ!ていう言いがかりがあったら、ナンセンスじゃないですか。
酷く突飛な例だけど、このようにある程度ルーツに敬意を払わなくてはならない文化というものがあるのだから、何でもかんでも急激に変革を求め、数を合わせろ、というのはおかしいかと。
逆に数の帳尻あわせにこだわると、芸術性を無視することにもなると思う。

そこをクリス・ロックも「(糾弾する人々を)仕事の無い黒人たち」と超皮肉っていたのかな。

勿論業界人しか知らない、ギャラが低いなどの問題(女性アクターの方が男性アクターよりギャラが低いことは昨年パトリシア・アークエットが指摘)もあるのだろうけれど。
ただ、ノミネート作を手掛けたスタッフたちは、黒人をけなすために作品を撮った訳じゃない。ただいいものを作った、それだけ。ノミニー候補になったのは、あくまで結果論だと思ってほしいな。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

第88回アカデミー賞特集(2016年)受賞・結果速報 - 映画.com [★映画こぼれ話]

http://eiga.com/official/oscar/sokuhou.html

いよいよ始まりますね、アカデミー賞!私の予想は、
◎作品賞…スポットライト
◎監督賞…ジョージミラー
◎主演男優賞…ディカプリオ
◎主演女優賞…ブリー・ラーソン
◎助演男優賞…シルベスター・スタローン
◎助演女優賞…ルーニー・マーラ
◎脚本賞…スポットライト
◎脚色賞…キャロル
◎音響編集賞…マッドマックス
撮影賞…レヴァナントかマッドマックス
◎視覚効果賞…スターウォーズ

発表後の感想


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

キティの人気は本物なんだ! [★映画こぼれ話]

DSC_0697.JPG

最近、Dlifeで「エレンの部屋」をよく見ている。(この邦題って…)
エレン・デジェネレスというアメリカでは超有名なコメディアン。
(ちなみに54歳。若い!)
オプラ・ウィンフリーの次くらい?

大物俳優たちが勿体ないくらい短い時間でトークを繰り広げる。
彼女のブラックジョークも楽しい。
アメリカの番組はテンポがメチャクチャいいですね。妙に引っ張らないというか。

で、この間録画した番組冒頭の、彼女の日記を読み上げるコーナーキティのノートを使っていたのだ。
パリス・ヒルトンなどが多少日本へのリップサービスで「キティ大好き」などと言っているのかな、と思っていたけど、至って何気なく使ったいるあたりアメリカでも当たり前のキャラになっているのですね〜。

誕生日の回は、コリン・ファレルと熱いキスをしてたけど、どんな気分なのだろう?
エレンはレズビアンだけど、同性とキスしてる気持ち悪さは感じないのかな?
コリンからみたら女性なのだから、彼の方が緊張しそうだよね。
隣にいたジュリア・ロバーツは「ばつが悪い!」と笑っていた(彼女も54歳。あの若さは脅威…!)
←44歳でした。

そういえばスタジオにはエレンの恋人がいるからか、女性ゲストにはハグで留めているのに、男性ゲストにはホッペやコメカミにぶっちゅーとキスすることが多い。
異性や同性の感覚が違うから、面白いですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

サラ・ジェシカがリアリティ番組に! [★映画こぼれ話]

★満足度80点

プロジェクト・ランウェイ/NYデザイナーズ・バトル シーズン1 DVD-BOX

プロジェクト・ランウェイ/NYデザイナーズ・バトル シーズン1 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

プロジェクト・ランウェイ】という、アメリカリアリティ番組を知ってますか?
まだまだ知る人ぞ知る、だと思う。もっと宣伝すれば流行爆発すると思うんだけど![わーい(嬉しい顔)]

出された課題を制限時間内で作って、毎回誰か一人は落ちて行くという勝ち抜きファッションバトル。
出場するキャラが凄く濃いし、コメントするセリフも相当面白いし、審査員のダメだしも凄くきっつくて[あせあせ(飛び散る汗)]毎回ヒヤヒヤする。

ちょっと前の話ですが、そのシーズン4でなーんとサラ・ジェシカがゲストとして登場する回がオンエア。これはもう興奮[揺れるハート]出場者たちも大興奮で、SATCの人気のほどがよくわかる。
雑誌ゴシップ誌で言われてるように凄く人柄がよくて、小さくて可愛かったー。

その回は2人1組で服を作るのだけど、審査員のハイジ・クラムは、毎回同じチームの者に「どっちが落ちるべきだと思う?」なんて聞くのよ。どっちも落ちたくないし、どちらが非協力的だったかは服を作っている間観察してもらわないと困るフェアじゃない。出演者も困って泣く始末。そんなんだから、審査内容に不服なこともある。もちろん、サラ・ジェシカも「そんなことまで聞くの?」って顔して[バッド(下向き矢印)]

サラって【BITTEN】という自分のブランドもってるのね。そこの「コレクションの服を作って欲しい」と言う課題だったんだけど、日本でもゲットできるのか?
日本より遅れて放映してるから、時期的にはもう発売しててもおかしくないんだけど!
他の服はバイマで買えます。

http://www.buyma.com/r/BITTEN/


ていうか毎回男のデザイナーのほとんどがゲイっていうのがなんともいえない。しかもハンサム率高し!
これはSATCのサマンサならずともガッカリするわ!(笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

待ちきれないっ! [★映画こぼれ話]

ヌメロ東京という雑誌で一冊丸ごと『SATC特集』o(^o^)o!!

satc-numero.jpg

今何かといろんなメディアで特集されてますが、大好きなSATCがようやくスクリーンで観れます\(^O^)人(^O^)/

残念ながらアメリカではとうに公開されて、もうTOP10には入ってませんが、期待度は大(^-^)

もう人生の一部のようになってるぴかぴか(新しい)
今回もまた、生の女の悩みが赤裸々に綴られるんでショーねーグッド(上向き矢印)

写真では何度か目にしてるでっかい花のコサージュがついたワンピに釘付け!チューリップ
ファッションも楽しみブティック
待ち切れな~い(^з^)☆

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ニコール・キッドマンの記者会見! [★映画こぼれ話]

一昨日、来日したニコール・キッドマンの記者会見に行ってきたー!
ダコタ・ブルー・リチャーズとクリス・ワイツ監督もいたよ♪

初の取材で緊張したけど、いやー行って良かった!o(^o^)o前日に使い慣れないデジカメ一眼レフの使い方とテレコを借りたりして大変だったけどね

用意された撮影専用の場所(フォトコール)とQ&Aを行う会見場所は違っていて、しかも行き来はできないという制限つき。本当は二人で行きたいところだけど、初取材とゆーのに今回は一人でやらなきゃいけないので、やむなくフォトコールの方へ。

いやーニコール綺麗だったわー!\(^O^)人(^O^)/
オージーとは思えない骨格の細さ。大理石のような色の白さ。
威圧的なオーラはなかったな。細すぎて脆そうなのよ。精巧な陶器の人形、って感じ。

熟練したカメラマン達との場所取り争いに負け(笑)、おれっちは端っこになってしまったけど、それでも3mほどの距離にいたのが信じられない。
登場したとき、ストロボとフラッシュの嵐だよ。想像してたとおりの光景(笑)
いくらプロとは言え、よく瞬きしないで我慢できるな〜と思うよ、ホント。
写真は社用のためこちらにはアップできませぬ・・・残念!)

残念なのはシャッターをずっときっていたので、肉眼であんまり見れず、現実味が薄れちゃった事かな・・・。

立ったまま右、正面、左、と目線を送ってくれる、写真を撮るだけの時間。もちろんべしゃりもなし。
みんなこっち向いて欲しいからニコール、ニコール!って呼ぶの。賞味3〜4分程のあっ\(◎o◎)/!という間の幻のような時間!(ΘoΘ;)

最後はバァ〜〜イ♪と手を振って去って行きました。
ダコタちゃんも背が高くって可愛かったよd(^-^)

その後、カメラマンたちの為に会見内容はその場でモニター中継された。
スピーカーの良い所へ移動してテレコで声を拾いつつ、記事を書く為にmemoを走らす。トータル40分くらいかな。

終わったら休憩する間もなく会社に戻り、テレコを聴きながら記事おこし。
上司に「書くの遅い!」と叱られダメ出しリライト(×3)、それでようやく記事アップ!
いかに時間との戦いかがわかるでしょうか?“働きマン”やドラマなどでマスコミ業界知ってる人は多いかな。

取材の仕事をさせてもらったのはとても貴重な経験だったよ!
また映画関係の仕事、回ってこないかな└|∵|┐♪┌|∵|┘


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

これからくるぜよ! [★映画こぼれ話]

知ってる人には今更かもしれないけど、これから日本でもブレイクするかも!ね、という俳優をチョイスしてみた。

★ロドリゴ・サントロ

ロドリゴ・サントロ.jpg

ラブ・アクチュアリー [Blu-ray]

ラブ・アクチュアリー [Blu-ray]

上では、精神を病んでいる弟を抱えている女性サラが思いを寄せていた同僚カール役。
サラの家でいざベッドイン…というところで弟の電話に何度も邪魔されてしまう可哀想な役どころだった(可哀相なのはサラか?)
「いい男じゃのぅ…何やつ?」揺れるハート
とメガネハンサムぶりにプチ萌えしていたのだが、気が付いたら【300】でペルシャ王やってた。つるっぱげで「ウンギャー」と吼えていたのでまるで気づかなかったわ~あせあせ(飛び散る汗)

img_3.jpg 

彼、ブラジルの人気俳優なんだけど、今度は【LOST】にもレギュラー入りするからアメリカで大ブレイクするかも…てか確実にくるよっexclamation ×2


シャイア・ラブーフ

シャイア・ラブーフ.jpg

コンスタンティン(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]

コンスタンティン(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray

 

コンスタンティン】でキアヌ・リーブスの助手役やってた彼。(最後お墓から天使となって飛んでく彼ね)
別にタイプじゃあないんだが、なんとなくイノセントな瞳に魅力があるなぁと思ったのは事実。
【トランスフォーマー】で主役大抜擢、アメリカではあのヒッチコックの【裏窓】のリメイク版にも主演してNo.1とっちゃってるもんだから、業界で売り出そうとしている感じ。

スピルバーグも公然とお気に入りと言ってるもんだから、完全にこれからくるねー指でOK
業界で売り出し、人気は後からついてくるタイプとみた。
20歳の割には童顔。ブレイクして調子に乗ってゴシップセレブの餌食にならないことを祈る。

ああ…てかロドリゴのかっこよさといったらexclamation
髭が苦手な人も安心して欲しいわ電球
写真はたまたまで、ツルツルしてるときは美しいから~~!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

07’アカデミー賞を振り返る [★映画こぼれ話]

☆☆司会はレズビアンを告白したエレン・デジェネレス☆☆
女ながらボルドー色のパンツスーツがかっこいい。
すご~く辛口だけどスパッとしたブラックジョークで嫌味じゃない。
スコセッシに脚本を渡したり、スピルバーグにブログ用の写真をとってもらったりして、とってもお茶目。
客いじりが毎年あるけど、最前列に座るノミネート者はカメラに映るご褒美があるから、嫌がってもいられないだろう。

似すぎだろう
ウィル・スミスの子、ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス、(『幸せのちから』に出演)が、ふてくされつつ、アビゲイル・ブレスリンとプレゼンターを。
アビゲイルといえば、『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイアの頃のキルスティン・ダンストにくりそつ。

アビゲイル・ブレスリン.jpg

キルスティン・ダンスト.jpg
 

クリソツといえばマーク・ウォールバーグマット・デイモン
会場にいましたねー。似すぎ。同じ作品に出るなよ・・・。

Mark-Wahlberg-Matt-Damon.jpg
↑よく見ると違うのだけど、動いているとたまに混同するw

 

不都合な真実
長編ドキュメンタリーで受賞!イヤー嬉しい!
そしてこの映画でメリッサ・エスリッジが歌曲賞をとった。

スキン

スキン

  • アーティスト: メリッサ・エスリッジ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルインターナショナル
  • 発売日: 2001/10/17
  • メディア: CD (※『不都合な真実』のサントラではありません)

グラミーでは受賞したことのある彼女。なかなかビッグ・アウォード2つかけもちで受賞はできない。とっても嬉しいだろう。
そういえば、彼女もレズビアン。
パンツスーツにシャツは男役なのかしら?と下世話な想像してしまう。

アル・ゴアとレオナルド・デュカプリオ
二人が(何か忘れたが)プレゼンターとして登場。
レオはエコセレブの先駆け的存在。
キャミーと並び、プリウス人気の推進力は彼女らのおかげ。

硫黄島からの手紙
音響編集賞を受賞。壇上んにあがった人は、硫黄島からの生還者の息子。
スピーチは誇らしげでした。

エンニオ・モリコーネ
イタリア語でスピーチ。プレゼンターのクリント・イーストウッドが通訳していたが、スピーチ中、どこで拍手していいかわからないセレブたち。
その様子は日本に来る海外アーティストのコンサートと同じ。
アイラブジャパンだけわかるぜ!みたいな。

スコセッシ、監督賞受賞
コッポラ、ルーカス、スピルバーグが出てきたときにもうもう、「スコセッシ」とわかってしまった。
しかし凄い面子。ルーカスのドキュメンタリーにこの3人も出てたから、今でも相当仲いいんだろう。同窓会の雰囲気で今回一番花はないのに華やいだ。

作品賞も…『ディパーデッド』
プレゼンターはダイアン・キートンジャック・ニコルソン
恋愛適齢期』で共演した二人は本当に夫婦みたい。
怪物を通り越してただただ怖いジャックの隣にしっくりくるダイアンも凄い

ギレルモ・デルトロ
ミミック 』『ブレイド 2』『ヘルボーイ』の監督。
今回『パンズ・ラビリンス』が撮影賞、美術賞、メイクアップ賞を受賞した。
ねっとりとして暗いけど、ひねりの利いた作品を取る人。
パンズ・ラビリンス、話的に日本公開するときはあんまり人気でなそうだけど、絶対みたいリストに喰いこんだ!

☆☆今回はスコセッシ以外はじみーな印象☆☆
助演女優賞は新人にあげる傾向があるみたいね。女優生命は短いから、あげられるときにあげようって協会の意思が感じられなくもない。
見る気のなかったディパーテッドを見てみようかなぁ・・・という気になった。
でもなあ、『インファナル・アフェアが最高よかったからなぁ。
とうとうリメイクにまで作品賞をあげてしまったアカデミー
オファーをけったブラット・ピット(かわりにマット・デイモン)は後悔してないかしら?

・・・だから会場にこなかったのか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

鬼平祭り [★映画こぼれ話]

正月は鬼平祭りじゃーー。
映画版とドラマスペシャルをディスカスで3本も。

思えば有名な時代劇ドラマは初めて見るねぃ・・・。
八丁堀の七人しかり、暴れん坊将軍しかり。
こんなに面白いとはねぃ・・・
ますます江戸時代に帰りたくなったぞ。
なにより食べてる物が美味しそうo(><;)(;><)o

シャモ鍋・熱燗・二八そば!くぅ~(*-ρ-)

情はあついけど飄々としてるのは遊び人なんだねぇ 「女は男がほれ抜いた時に、本物の“女”になるのさ」 鬼平、あんた・・・ あんた男やーーー!!!(ノTo)ノ 余談だけど、時代劇俳優て、鼻の下が長いヒト多くないか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | - ★映画こぼれ話 ブログトップ