So-net無料ブログ作成
■お出かけ・雑記 ブログトップ
前の10件 | -

ジョジョの奇妙な脱出@原宿ヒミツキチオブスクラップ [■お出かけ・雑記]

●HP・・・http://realdgame.jp/jojo3/

2017-12-04T14:38:56.jpg

2017-12-04T14:38:56.jpg

行ってきましたジョジョ脱出、後楽園に次いで二回目!
ネタバレはしないようにレポします。

私たちは初心者なので、クイズの難易度はスクラップさんの他の脱出ゲームと比較できませんが、それでも焦らず考えれば解きやすいのでは?と感じました。
最後のクイズだけが超難関。参加中1チームしか正解できませんでした。
コツは、与えられた素材だけで解こうとしては駄目。物事を俯瞰的に見ることが大切。
答えは他にあると考えるより、打開するためにはどうするか。
最初の情報を一から漏らさずメモし、キャラクターのプロフをよく読む。
まさか?と思うこともやってみる。
あまりにも抽象的ですが、他の方のblogも同じようなレポになっていました。こうとしか言いようがないですね(笑)。

二人で参加したので、同じチームになったベテランさんに大いに助けられました。
ベテランさんは問題を読むのが早い!こちらが読んでいる間にじゃんじゃん解いちゃう。
やはりジョジョの世界観を知っている方が有利だし楽しい。
自分の好きなキャラをしっかり頭に刻み込み、ジョジョ立ちも練習しておくと、周囲から尊敬されます。

クイズは1時間ですが、最初にスタンドやらの説明とオリジナル敵キャラとのやりとりが30分くらい、後半も解説とエピローグが30分くらいで賞味二時間くらいかな。
お土産を買う時間もちゃんととってあるので、二時間半は中にいることに。

アニメはオリジナル敵キャラのディジャ・メイカー以外は放送された既存アニメのつぎはぎも多いですが、声優さんの新しいアテレコが聞けるだけでも、参加する意義ありっ!
また、ディジャのスタンド「ハウス・オブ・ホーリー」の設定もなかなかいいじゃないかと思った。
原作に出てきても違和感ないぞ。

スタッフのテンションの高いサービスも見物(スタンド・ボーイ最高!)
時間に余裕のある人は、漫画に基づいたことをダメもとで試すのもあり。
最後に一言だけ。なんだかんだ体力使った!!

2017-12-04T14:38:56.jpg
2017-12-04T14:38:56.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

ランパード、汐留にあらわる [■お出かけ・雑記]

元チェルシーでイングランド代表のフランク・ランパード突如汐留でトークショーを開催。
日テレと汐留シティセンターの間のコンコースで、この時期に何故かはコアファンじゃないのでわかりませんが、チェルシーのアンバサダーとして来日しましたよ。

13:45につくと凄い人。 壇の前は埋め尽くされていたので、プレミアリーグの優勝トロフィーも飾られていたのでそちらに並ぶと「これからランパードが登壇するので見学はここまで、トークショーが終わったら再開します」と打ち切られ。壇にも近づけずにトホホ。

日中平日の13:30、オフィスタウンにしては400人前後は集まっていたような。恐るべしサッカーファンの潜在的人口。
チェルシーがプレミアリーグに勝つにはどうしたらいいかなどなどトークが繰り広げられましたが、最後まで聞けず。
ただランパードは、話ながらも様々な方面へ手を振ることを忘れないナイスガイでした。

2017-11-13T14:51:02.jpg
↑朝、音響チェック中のスタッフたち
2017-11-13T14:51:02.jpg
2017-11-13T14:51:02.jpg
↑もうランパードなのか誰なのか

2017-11-13T14:51:02.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

ジョジョの奇妙な遊園地からの脱出@後楽園遊園地② [■お出かけ・雑記]

■杜王町フォトスポット

キャラクターたちはすべて見つけ出すことができましたが、そのほかの隠しアイテムで
・ドヒュウウウ
・ジョセフの折れた杖
・親父のインスタントカメラ
・吉良の爪
これが見付けられず、4日くらい心に棘が刺さったままでした。
秋には「ジョジョ第三部」の脱出ゲームがあるので、今度はそっちに参加したいと思う!

DSCN6460.jpg
↑ボヨヨン岬
DSCN6470.jpg
↑間田敏和
DSCN6475.jpg
↑露伴ちゃんの家の中にいました
DSCN6486.jpgDSCN6487.jpg
↑振り返ってはいけない道・・・
DSCN6488.jpg
↑アンジェロ岩。定期的に唸ります
DSCN6489.jpg
↑杉本鈴美と山岸由花子。置き場所が雑な気も・・・
DSCN6533.jpg
↑ジョセフおじいちゃんと透明の赤ちゃん
DSCN6525.jpg
↑ジオポリスの一階にトニオさん
DSCN6528.jpg
↑ホットドッグスタンドがコラボ
DSCN6526.jpg
↑閉店してしまっていた!ぐぉおおお!食べたかった・・・

DSCN6529.jpg
↑ジオポリスゾーン近くにある立禁止

DSCN6531.jpg
↑入り口近くに雑に貼られたエコーズのドジュウウ

DSCN6534.jpg
↑クリスタルポイントのある通路から観覧車へ向かう途中に

DSCN6547.jpg

DSCN6551.jpg
↑宴の後・・・

DSCN6508.jpg

DSCN6504.jpg
↑戦いを終え、MLBカフェでコラボメニュー

上は「この自慢の頭をけなされるとムカッ腹が立つぜ!リーゼント型和牛ハンバーグ黒カレー」、下は「あんた・・・今おれのこの頭のことなんつった!!和牛のテリヤキバーガー」


DSCN6507.jpg

DSCN6570.jpg
↑そしてムーミンカフェで癒し・・・
DSCN6564.jpg
↑持ち帰ることができるスーベニアカップつきスイーツ
DSCN6573.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

ジョジョの奇妙な遊園地からの脱出@後楽園遊園地① [■お出かけ・雑記]

DSCN6453.jpg

DSCN6454.jpg
↑コラボ料理の数々

9/24で終了~~!!
友人と二人、駆け込みで行ってきたけど、本当に楽しかった!
久々に必死で走って頭も体もヘロヘロになりましたけど、この充実感はすごい。
必死すぎて言葉遣いも乱暴になるくらい。
ブログを検索すると、2時間くらいでクリア!なんていう強者もいましたが、自分たちは15時スタート・21時閉園ぎりぎり。
6時間かかった。確かにこれはかかりすぎ・・・って今振り返っても思うw。

言い訳すると、リアル脱出ゲームも初めて、後楽園遊園地も久々・・・そして乗らなきゃいけない乗り物に、一つ40分くらいかかったことを付け加えておきたい。

DSCN6455.jpg


■謎解きの概要
手順を簡略に言うと、
①謎を解く
②答えを指定の欄に書き込む→それがキーワード
③キーワードの言葉通りに折り紙を折る
④クリアポイントでスタッフにその折り紙の完成形と、ジョジョ立ちを見せる
⑤次のステージの謎が書かれたシールをもらい、また手順①へ。
これをステージ7まで繰り返す。

■謎解きブックと折り紙
はっきりいって、最初に手渡されたキットをつぶさに眺めてみても、「何が何だかわからなかった」。
そして謎の折り紙・・・もちろん謎解きを開始すれば自ずとやるべきことはわかるのですが、この謎解きキットを手渡された時点で相当な焦りを感じた(笑)。

DSCN6514.jpg
↑左の団扇はチケット特典の「ザ・ハンド」

DSCN6515.jpg
↑左が折り紙、右が謎解きブック

■設定
最初にスタッフからゲームの説明があります。参加者は杜王町に巣くう異常者もとい優雅な殺人鬼吉良を倒すべく、東方仗助ら仲間の力を借りる。
自分のスタンドは、スタンド使いの顔を見るとそのスタンドを「コピーできる能力」を持つ「スモールフェイセズ」!

ネーミングがにくい!!!

ロッド・スチュアート!!!!!! フェイセズ共に聴きこみましたよ。
そしてここで一回、ジョジョ立ちの練習があります。なぜならジョジョ立ちをしなければ先に進めないから・・・!!

2017-09-26T09:36:01.jpg
〈ステージ1(しげちー)
DSCN6518.jpg

最初にしげちー関連の謎を4つ解かなきゃならんのです。これが時間かかったー。
説明を受けてもよくわからかった二人。とりあえず乗らなければいけない「ワンダードロップ」へ。
40分の待ち時間中に、どこかにヒントがあるのかと馬鹿みたいにきょろきょろする。
結果、コースターが上がりきったところに、ハーベストが500円を持ってました。
《左上/500円を迷路でたどると答えは「マヲニカイクリカエセ」⇒ママ

ワンダードロップでびっちょびちょになりながら、ハーヴェストのゴミ箱を探す。
体が乾いてしまったくらい、かなり迷いました。この時点ですでに5時。
《左下/ハーヴェストのいる位置の字をつなげ 一番左・・・ボ/一番右・・・タ/右から二番目・・・ン⇒ボタン》

DSCN6466.jpg

次はピクシーカップかソラブネに乗れ。ソラブネは酔いそうだからピクシーカップに乗り込み、周りながらキョロキョロして、結局酔うw。どうしても見つからず、下車して 周回すると、あっ、あった、ありました。
乗り物の腰掛け部の下にハーヴェストのステッカーが。
乗り物によっていたりいなかったり。これは見付けにくいよ~ (恨み)
《右上/三等の10万円・・・『ジュウマンエン』
実は最後のは、見ただけで解けてしまいました。
《右下/A・・・スモールフ「ェ」イセズ/B・・・セキュ「リ」ティ/C・・・「ア」ンジェロイワ⇒『エリア』

4つすべてをキーワードに当てはめると『アマエンボウ』
アマエンボウという順に、折り紙を谷折していくとハーヴェストの顔に。

DSCN6538.jpg
↑超ぼやけてますが、足元の四角いのがハーヴぇストのパネル


■ステージ2~7

もうあとのレポートは疲れたので端折りますw。
とにかくステージ2の岸部露伴、これの謎解きに30分かかったこと、観覧車に乗り下車するまで40分かかったことが致命的でした。そして露伴ちゃんの家でうなだれていたときに、ヒントをくれたスタッフに感謝です!

結果サンジェルマンのあたりで19:30、そこからはヒントに手を出してしまい、時間との闘いでした。
そして最後にまさかの吉良邸へ乗り込むという、お化け屋敷のような恐怖体験も味わって盛りだくさん!

考えてみれば「脱出」というより「謎解き周回」の趣が強く、有効期限が1週間設けてある乗り物5回つき「ライド5」付きの参加券だったので、別の日にもう一回謎解きに来ても問題無かった気がする(笑)。結局あまった乗り物券を消化しに後日訪れました。

《ステージ2:露伴の家》

DSCN6542.jpg
DSCN6519.jpg

大きな吹き出しから小さな吹き出しの言葉を引きます。例)「ヒーリングゥ」 から 「グゥリーン」を引くと…「ヒ」
これを全部繰り返して導き出すと⇒『ヒステリック』
ヒステリックという順に、折り紙を谷折していくとヘブンズ・ドアーの顔に。

《ステージ3:ぶどうヶ丘銀行

銀行員の記憶から、4桁の暗証番号を探し、各々の目の前のボックスへキーを入力⇒各々番号が違うので答えは違います。
答えは【オールバック】
アマエンボウという順に、折り紙を谷折していくとエコーズの顔に。
エコーズをコピーし次の謎のシール。♪マークのある場所で謎解き。

DSCN6476.jpg
DSCN6520.jpg

《ステージ4&5》

DSCN6477.jpg
↑観覧車の中のタッチパネル。夜景を楽しむ暇などないっ!!

DSCN6478.jpg

DSCN6492.jpgDSCN6535.jpg

観覧車に乗って、パネルから助の質問に答えながら次の指示を導く。ゲームセンター近くに行けというのを聞き、下車した後シールを係員からもらう。そのシールの道筋をたどると、サンジェルマンに到着。
ベンチの紙袋には「彼女」が入ってました。そこで次の謎のシールをもらい、ハーヴェストブースへ。

破れた吉良のノートを復元して(もらったという設定で)次の謎シールをもらいました。

《ステージ6&LAST》
ラジオスポットへ行って、
キーワード「ヘイワシュギ」を導き出す。
折り紙を折ってキラークイーンをコピー。
そして吉良の家に潜入し、爪きりを爆弾に変える!という暴挙に出ます!(笑)
吉良が帰ってきてしまい、押入れに隠れるイベントが発生。これは怖かった~。
結局、まあ仕留め損ねたということで・・・w
そこで交わされた承太郎や康一の会話など、オリジナルの展開が面白かったですね。

DSCN6523.jpg

DSCN6524.jpg

ちなみに折った顔は、冊子最終ベージの同じシルエットにおきます。
矢印の当たるところと同じジョジョ立ちをしないと、スタッフからシールをもらえないのです。一応っ・・・!!
人生でこんなにジョジョ立ちを他人に見せたのは初めてでしょうねー。



nice!(0)  コメント(0) 

丸の内でスポーツ祭り~MARUNOUCHI 2017 SPORTS FES [■お出かけ・雑記]

HP… http://www.marunouchi.com/feature_jp/sportsfes2017/


世界陸上面白いですね~。 五輪と違って、花形を前半にどんどん持ってくる。
サニブラウンは最優秀新人賞をとっただけに、100Mで活躍すれば名を挙げられたと思うのですが、残念でした。
200mでは決勝に進出し、これから期待できますね。それにしても末次選手の記録は凄い。

●新丸ビル
さて、丸の内では去年に続き【MARUNOUCHI 2017 SPORTS FES】が開催されてます。
新丸ビルの三階では、トップアスリートの身につけた道具が展示されていて、実物のボブスレーも展示。
これは下町ボブスレーと呼ばれた二人乗りの機体なのですが、体験としてこの中に入ることかできました!
で、入ってみましたが、思いの外深い!
湯船に浸かるような体勢になり、機体の上から辛うじて目が見える程度。目の前がほぼ見えない。
二人目は機体を押してから飛び乗るので、パイプの上に直接しゃがむ格好で座るんですね。
椅子があるのは一人目だけ。前も後ろも凄く窮屈なので、狭所恐怖症の人は無理だと思います。
生で見てわかることってありますね。

2017-08-12T14:50:21.jpg

2017-08-12T14:50:21.jpg

2017-08-12T14:50:21.jpg
↑アーティスティックスイミングのスパンコールは一つ一つ手縫いなのだろうか。
これが一つでも外れたら競技中に口に入ったりして大変そうですね


2017-08-12T14:50:21.jpg
↑スピードスケートのとんでもなく長い歯

2017-08-12T14:50:21.jpg
↑スキージャンプの板はべらぼうに長いです

●丸ビル
一階のホールでは、世界陸上にちなみ、数々のスポーツアイテムが置いてありました。
ハンマー投げは思ったより重たく、やり投げの槍は思ったより軽かったです。
日本のユニフォームを触ってみましたが、男性のはペラペラで切りっぱなしで裾がほつれない加工がされていましたが、女性のトップスは引っ張ってもカチカチのゴムのように固く、ホールド力がありました。

2017-08-12T14:50:21.jpg

DSC_1317~01.jpg
↑男子ハードルの高さは私のウエストより高い位置

2017-08-12T14:50:21.jpg


●丸の内仲通り

P1180939.jpg
↑アスリートの測定値


丸ビル前で行われていた体力測定!
握力…27kg/前屈・・・13.5cm/閉眼片足立ち・・・1分32秒/背筋…54.5kg/垂直跳び…37cm

…ひどい!
特に握力と背筋!これは自信があっただけにとてもショック。
ちなみに野球、テニス、ゴルフの速度も計れました。
野球のボールが50kmしか出すことが出来ず、今年の初めにWBCを見に行ったときには投げれていたのに、たった半年で全然投げれなくなっていたことに恐ろしく劣化を感じます。
35歳で100㍍金メダルのガトリンは一体どんなトレーニングしてるんだろう?

また、スラックラインの体験があったのでチャレンジしてみました。
混んでいたので一回しかできなかったのですが、まるで進むことができず、これは慣れるまで時間が掛かりそう。
足を平均台に乗るように斜めにしてしまったのですが、垂直に摺り足で歩くのがいいそうです。

nice!(0)  コメント(0) 

ボルダリング初挑戦!! [■お出かけ・雑記]

この日は女子会。
lunchでフォーを食べ、ボルダリングしてスタバでお茶してイタリアンにいくという、スポーツメインなはずが、ほぼ食べてばっかりになった日でした(笑)




雑居ビルの中に入っているので見つけにくいですが、けっこう混んでいました。店員さんがとにかく丁寧。
土曜日もランチメニューを扱っているので、気軽に行きたいレストランです。


2017-06-05T09:45:07.jpg

2017-06-05T09:45:07.jpg



2017-06-05T09:45:07.jpg


2017-06-05T09:45:07.jpg


2017-06-13T09:45:28.jpg

ボルダリングは「TWALLクライミング」さんにお邪魔しました。
覚悟はしていたけれど、肩甲骨の裏側と掌という、めったに筋肉痛にならないところが筋肉痛。
難易度別にホールド(突起物)に番号とアルファベットが振られてあって、そこをつかんで登っていきます。
このジムでは番号は手だけ、アルファベットは両手両足同じホールドをつかんでいくというルール。
ボルダリングのルールでは、スタートとゴールのホールドを両手でつかみ、静止状態にならなくてはいけない。
これが意外と難しくて、同じホールドを両手でつかんだ時に手が滑った時は恐怖でした。下を見ちゃいかん。

10段階中、難易度2までのホールドを18個はクリアできました~。
達成感がすごいことは間違いないスポーツです!

ただ、ひとつ落とし穴が…。私裸眼で0.5くらいなのですが、離れてルートをシュミレーションしようとすると、数字が見えない、読めない。
あまりマットの近くにいくと、この人登るのかなっ?て思われるからタイミングが大切。

20回くらい登って、コツがわかりかけてきました。
体をウォールから離さないように、沿わせると腕だけを使わなくて済む。登ると掴むべきホールドが見えなくなるんですよね。でもなるべく体を密着させる。これは傾斜がきついときには無理かも。
家に帰って調べてみたら、手長猿のようにホールドの上でしゃがみこむことで、腕を楽にするってことがわかりました(笑)
インストラクターは初回に基本的なことしか教えてくれずすぐ引っ込んでしまうので、課題に対しての効果的な登りかたは自分で見つけるしかないんですよね。
せめてクリンプとかスローパーとか、ホールドの持ち方や、足の置き方を教えてくれれば良かったのになぁ。

Cielo y Rio ヒガシ


テルミナの上がこんなにお洒落だったとはつゆ知らず。蔵前の方が有名ですが、錦糸町もテラス席などを設け、ビルの殺風景さをうまく殺して居心地のよい雰囲気を作っていました。



2017-06-05T09:45:07.jpg2017-06-05T09:45:07.jpg2017-06-05T09:45:07.jpg


井の頭自然文化園 [■お出かけ・雑記]

●HP・・・http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/map.html

ここは自然も多く暑くないし、子供が飽きても遊べる遊具がたくさんあるので、大人と子供のすみわけも出来ていいと思います。
大型の動物はそんなにいないのですが、動物達も檻の近くによってきてくれるし、割と見やすい。
特にリスの小径が楽しくて、ついつい長居をしてしまいます。
リスは個性があってみていて飽きない。隠れん坊する個体、1人で枝で遊んでいる個体、水辺が大好きな個体。
その周りをヤマガラなど小鳥が飛び回るのを発見するのも楽しい。
花子は15:00には厩舎へ引っ込んでしまいます。
また、モルモットの触れ合いコーナーも15:00で終了でした。

いつも時間が無くて水生園や彫刻館に行けないので、次は余裕を持っていきたいですね。

P1090608.jpg

P1090609.jpg
↑「こもれび」の食品はすごく美味しい

P1090613.jpg
↑モフモフです

P1090631.jpg

↑アライグマは一匹で寂しそう

P1090633.jpg
↑暖かいのでカピパラさんも活動的でした

P1090635.jpg
↑兎とカンガルーを足して2で割ったような「マーラ」

P1090637.jpg
↑野生では滅多にお目にかかれないテンです

P1090646.jpg
↑手前のシロフクロウはぐいぐい前に迫ってきました

P1090658.jpg
↑臆病なキツネは隠れるようにして・・・

P1090668.jpg
↑キツネに似ているフェネックは警戒心なし

P1090677.jpg
↑ツシマヤマネコさんがきたっ

P1090685.jpg
↑リスの小径は楽しいな

P1090691.jpg
↑隠れん坊してます

P1090700.jpg

P1090710.jpg
↑リスの小径の小屋にいるヤマガラ

P1090715.jpg
↑フクロウさん

P1090719.jpg
↑眠そうな長元坊(チョウゲンボウ)

P1090741.jpg
↑ウグイスが囀っていました。喉がすごく膨れます

P1090731.jpg
↑ぷっくりふくれたジョウビダキ


アキバフクロウで癒しの時間♪ [■お出かけ・雑記]

●HP・・http://akiba2960.com/

DSC_9879.JPG
↑外見はなんてことないですが
 
ちょい前のこと、【アキバフクロウ】に行ってきた。
完全予約制なので、待ち時間もなく、ゆったりまったりできるのがいいね。

秋葉原のオフィス街に一軒家…?といぶかしながら地図を頼りにいくと、ありましたありました。
閑散としたオフィス街に、なぜかお洒落な若者が列をなしている(笑)

予約時間を過ぎると受け付けてくれない場合があるので、早めに来ている人が多い。
その間も無駄のないように、フクロウのプロフィールやQ&Aの載った本を貸してくれる。

内装が白くて乙女チックでかわいい。
そのなかで人形のようにちんまりしている可愛いフクロウたち♪
止まり木に止まっている子の後ろの壁に名前のプレートが貼ってあって、その下には、今「お触り」をしていいかどうかを示すカードもぶらさがっていて、それを守れば自由になでなでしてOK。
ただ、各々がフクロウと戯れて戻すときに、結局は乱れちゃうけど(笑)
なので、最初にパパ~っとどんな子がどこにいるか、確認した方がいいかも。

image8-1.jpg

image10.jpg

image9.jpg
↑クイーンハートがよくわからない状態に

image1-1.jpgimage7-1.jpg

私は様々な子をなでなでして回ったあと、今まで直接触る機会のなかった灰顔メンフクロウの「カツオ」を腕にのせました。
カツオはちょっと人見知りなのか、マイペースなのか全く落ち着かず。
そのうちリードの持ち手が緩かったのか肩に乗られてしまい、見事に糞をかけられてしまった…。
肩から腕にかけ、見事な一直線の白いライン…!

その後も大きく羽ばたくと頭の上に!
私はそのままでも楽しいのだけど、店の人が困ると思ったので、すかさず腕にのせかえた。
軽くジャンプして羽ばたいたところを、リードを軽く引っ張って腕を出すとうまくいく。
フクロウカフェに通っている間に、我ながらだいぶ慣れたなぁ、と思う(笑)

この直後、スタッフによるグループごとの撮影タイムが始まってしまい、私の頭はぐちゃぐちゃで、糞の処理もままならズで心ここにあらず(笑)
ちなみにこの撮影写真、ラミネート加工して退店の時に渡してくれるから、すっごくいいサービスだと思う!

後半はアフリカオオコノハズクの「クッピー」とまったり。
みんな、マイフクロウに落ち着いちゃったみたいで、見つめあいながらカップルタイム(笑)

外国人の男性がチャールズ・エクセピアをず~~っと離さないので、狙ってた友達がやきもきしてた。
ま、そういうことも、こういうシステムではあるわね。

「フクロウの店」「鳥のいる店」など行ったけど、一番時間ロスせずまったりできるかも。
フクロウカフェ、流行に左右されずずっと存続してほしいですなぁ。
 
DSC_9878.JPG
↑稼働率が悪いクッピーさん

DSC_9875.JPG
↑起きてる時のクッピーさん

DSC_9876.JPG

DSC_9865.JPG
↑仲良しのしらすともんじゃ

DSC_9864.JPG
↑我が物顔のたこ焼き

DSC_9858.JPG

DSC_9859.JPG

DSC_9861.JPG

DSC_9862.JPG

レンタル犬とお散歩&カフェ・カイラへ [■お出かけ・雑記]

DSC_9773~01.jpg

お天気のいい日曜日!
今日はレンタルドッグできるお店へ、知人3人とその息子さんと行きました。

猫カフェはたくさんあるけれど、躾も散歩もしなければいけないから、犬カフェ系の店はほとんどないですよね。
犬が大好きだけど飼えない事情のある都会人にとっては、本当に癒される場所です。

お店にいくと、大人しくて躾バッチリのワンコがわんさか。吠えない、嘗めない、興奮しない。素晴らしい。
お部屋でまったりソファでくつろいでる若い人、赤ん坊をワンコと触れ合いさせるお母さん、思い思いに過ごしてます。

友達の息子さんが、犬に興味あるけど怖い((((;゜Д゜)))…らしく、小型犬のトイプードルをチョイス。
アスファルトは熱いので、代々木公園まで抱いていきます。
少し日陰に入ってから、息子さんに抱いてみるよう促しますが、最初はおっかなびっくりで。抱き方が不安定でぎこちない(笑)

散歩にもトライ。リードは2本あるので、片方が初心者でも大丈夫です。
リードは犬側ではない手にわっかを入れて一巻きし、犬側の手は軽くたくしあげて、犬との距離を短すぎず長すぎず保つことを教えたのですが、なかなか難しいみたい。
犬の後ろを歩いちゃうし、リードはびよーんと遊んじゃうし。こればっかりは、慣れですよね。怖いという思いが犬に伝わってしまったかもしれないし。

犬が立ち止まっても無視して少し強い力で軽く引っ張り、こちらが主導権を握ることが大切ですが、慣れてない人は犬の顔色を窺っちゃうンだよね。
一時間でしたが、たっぷりコミュニケーションができた気がします。またきたい。

DSC_9781~01.jpg
↑大人しくておっとりしているキャンディちゃん

DSC_9784~01.jpg
↑帰りは暑くてちょっとお疲れ?

DSC_9786~01.jpg
↑代々木公園はバラが咲いていました

■カフェ・カイラ

●HP・・・http://www.cafe-kaila.com/

ひとしきり遊んだあとは、表参道のカフェ・カイラへ。
「ベリー・ベリーパンケーキ」と、「チョコバナナパンケーキ」「ミート&チーズオムレツ」を頼み、シェアました。
そしてその大きさにびびる四人(笑)。

パンケーキはデフォで三枚なので、縦にナイフを入れるとフワフワで分厚い。
チョコソースやメープルをかけなくても、そのままで充分美味しい。

オムレツは完全に具をくるんでなくて、フワッと半巻きされている状態。
選べる肉は、カリカリのベーコンとスパム、チーズはグリュイエールにしました。香ばしさがたまらない。
ハーブローストポテトも揚げてないから胃にもたれず、たぶんバジルかな?ふっと鼻に抜ける香りが、パンケーキの甘さを切り換えてくれる。

本当はエッグベネディクト食べたかったのに、売り切れでした~!いつも食べられないんだよな…
とはいえ、写真のイメージを裏切らないボリュームに大満足。お店のリラックスできる内装や雰囲気もいい感じです。

DSC_9788~01.jpg

DSC_9790~01.jpg

DSC_9793~01.jpg

猫カフェ『にあお』 [■お出かけ・雑記]

●HP・・・http://www.niao.jp/

先日、営業しているのかしてないのかよくわからなかった職場近くの猫カフェに、とうとう行ってきました。
完全予約制で、webで予約がとれます。
通りから見えるウィンドウは幅一メートルほどしかなく奥に延びていて、通りかかるたびに中はどうなっているのだろう?と思ってた。

実はその部分は猫の遊び場や餌置き場になっていて、猫ちゃんは専用の天井通路を通って訪問客部屋と自由に行き来します。少々わかりづらいですが、訪問客用の入口はビルの奥にちゃんとあります。

入る前に靴を脱ぎ手を消毒。かばんは棚に預けます。
中は八畳ほどかな。シンクが奥にあり、仕切りもなにもなく店主が座っているので、知り合いのうちに来た感覚。
ホームページとイメージが違ったのは、移転前の写真だったからかもしれませんね。

DSC_9665~01.jpg

椅子やミニソファ、キャットタワーがそこかしこにあり、猫も人間も自由にくつろぎますw。
ねこちゃんは4匹、私は犬を飼ってたこともあって猫の扱いは下手で、今まで猫カフェで楽しめたためしがなかったけど、ここは違いました!!
こんなに猫と触れ合えたことがあるかしら~。

姫とボク(たぶん・・・)の二匹は双子で、メチャメチャ可愛い。
ジジはお察しの通り黒猫で、存在感が歩けど大人しいのは(たぶん・・・)ニィニ。
毛繕い中の姫ちゃんに手を差し出したら、一心不乱に毛繕いをしてくれました。
でも、猫の舌はザラザラして痛い…。垢擦りかってくらい赤くなってしまった…。
犬はそんなことないのに~!

DSC_9668~01.jpg
↑気が向いたのか毛づくろい

DSC_9670~01.jpg
↑よくみると足の間に鎮座

ジジは自らすりすりしてくれますが、だっこは嫌い。
ニィニはおっとりしてて他の三匹が激しく遊んでていても座ってる。
この子も抱っこ嫌がるけど、側に座ってると膝の上に乗っかってくれます。
だめもとで隣に座ったらきてくれた!
夢の「膝の上に猫乗っけたおばあちゃん」状態になれて嬉しい〜。

ただその幸せもおやつタイムで崩壊。
姫、ジジ、ボクの三匹は腕にぶら下がるわ、飛びかがってくるわの大混乱(笑)
ニィニは逃げちゃって、その後は何をしても、もうきてくれませんでした・・・。

DSC_9677~01.jpg
↑紅一点の姫ちゃんは我が物顔

この四匹、この銀座で産まれそのときから人と触れあっているので、全く人見知りしないそうです。
経営はなかなか厳しいそうですが、土地柄、外国人観光客や水商売のお姉さんも多く、本業の傍ら切り盛りしているとのこと。

カレンダーの切りぬきを額に飾ったり、知り合いの芸術家から買った石膏の猫が何体か置いてあるなど、レイアウトは工夫されてます。ポストカードなど物品を販売するとまた別の資格を手にいれなければならないそうで、経営というのは大変だなと思いました。

そういえば、カフェ…といいつつドリンクは出ませんでした…別オーダーだったのかな?
前の10件 | - ■お出かけ・雑記 ブログトップ