So-net無料ブログ作成
検索選択
スポーツ ブログトップ

2/25 SUPER RUGBY サンウルブズvsハリケーンズ& 2/24 キャプテンズラン [スポーツ]

■2/24 サンウルブズ キャプテンズラン

サンウルヴズのファンクラブに入ったので、有給をとって参加してきました。
前日は小春日よりだったが、この日は折悪しく寒風吹きすさぶ冷え込んだ。
09:45~10:15受付、写真撮影は前半15分のみ。

選手同士はだいぶ仲がうちとけている様子でしたが、逆にこんなにのんびりしていいの?と一抹の不安を覚えました。
フィールドに入っている矢富の後頭部に向けて、イラウアがボールを蹴りこんで的当てゲームをやったり。
確かに当てたくなる後頭部だけど(笑)。
用意された大量のバナナを、皆が伊藤選手につきつけたりして、ちょっかい出してました。

対してカーキーとブリッツは、二人でパスやタックルなどの練習をひたすら行い、練習が終わるまでふざけあう事は一切していなかった。
思うに、外国人の真面目と、日本人の真面目は違うんですよね。
日本人の真面目が「決められた時間に遅れずにきて、言われた通り黙々と行う」受動的なことだとしたら、外国人の真面目は「いかに積極的であるべきか」という主動的なことなんだと思います。
いかに自分で考え戦略を練り効果的な鍛錬をするか。そんなひたむきさが伝わってきました。

練習終わると、田中選手、立川選手などがファンサービス。
立川選手は、クボタの試合のときより愛想がよかったように思う。
サンウルブズはカーキーとの合同キャプテンだけど、クボタではキャプテンは一人なので重圧や緊張感が違うのかな。
クボタは二部に降格する可能性もありましたしね。
カーキー、ブリッツ、カーペンター、モリ、うっちー、などのメンバーもバスに乗り込む前にファンサービスに応じてくれました。


■2/25 SUPER RUGBY サンウルブズvsハリケーンズ

DSC_0558.JPG


●運営に苦言


マン・ウィズ・ア・ミッションのオープニングイベント。
「チケット販売した後の」試合1週間前に急遽立ち見自由席部分をを潰してのこのイベント発表に私は大反対でした。
指定席を購入した人には影響がないと思われるかもしれないが、「チケット価格の値上げはこの為だったのか?」と思うと納得はできない。全く興味のない物に貴重なお金は払いたくはないから。


もし今回のイベントが、ギャラが発生しない「ソニーミュージックによる宣伝」だったとしても、キャラクターがたまたま同じ狼だという以外に、全く関係のないジャンルの物を『ごり押し』されると、条件反射的に拒否反応がでてしまう。

SNSでも問題は大きくなってて、批判も高まってた。
だから、当日どうなるのかな~と思ってたら、蓋を開けてみたらたった二曲しかやらなかった!
これでは自由席潰された人もこの日のためにチケット買ったファンもどっちも満足できなくない?
それに、スタンドの客の殆どが(特にメインスタンド)「何かやってんなー」というようなあまり興味がない様子でした。
宣伝として効果があったとは思えません。はっきり言うと一部の人しか喜んでいなかった。

他、時間通りに行われない販売に苛つくこと多し。
パンフレット販売ブースでは、10時になっても販売開始をしない。
たらたら喋ってるバイトに、「パンフレットは?」と聞くと「10時過ぎを予定してます」といけしゃあしゃあ。

公式グッズ販売でも問題がありました。
サイトでは当初販売開始時間10:00と表示されていたのが、前日に10:15に変更されていました。
予定より15分以上オーバーの10:30過ぎになっても公式グッズの販売を始めない。
列は延びる一方で広場を埋めつくし始めました。

そのうち10:45からのファンクラブ会員先行入場が始まりそうになったので、結局グッズを買うのをやめました。
予定して発表していることは、ちゃんとやってもらいたいですね。

こちらは混み合う前にと思って予定を組んでいるし、運営側も人が分散された方が混雑が起きずにすむはず。

そんなモヤモヤした気持ちのまま、カンタベリーショップへ向かおうとしたら、なんとトンプソン・ルーク選手に出会いました!
彼に会ったことで同伴者と私の機嫌もすっかり直ってしまった(笑)

お買い物をして広場に戻ると、テイジンのテントとオリジナルグッズのテントとの狭いスペースで、田中選手、後藤選手、具選手が今季から登場のマスコットキャラ、ウルビーと一緒に撮影に応じていたので、ここでもテンションが上がります。

また、会場では前シーズンからお馴染みのkaopangさんがDJ。
選手からのリクエストなども流してましたが、なんと突然演歌が流れました!三上選手が吉幾三の「雪国」をリクエストしたとのこと(笑)。会場は一気に(笑)に包まれ、なんともほっこりとした雰囲気に包まれました。
結局、私たちを楽しませてくれるのは選手なんですよね。

1487935584170.jpg

●厳しい試合結果

気を取り直して試合雑感。
前半の内容では、あわや百点を越えられてしまうかという不安を抱かせる展開に。
最終的になんとか3トライ取ったけど、大差がついてしまったので、ハリケーンズが花を持たせてくれたように見えました。

何がこうも違うのか、素人目に考えてみましたが、ハリケーンズはタックルされた後の倒れかたが上手いと思いました。
タックルされた後の体の倒れる向きも順目に向かっていってます。
より味方の走り込むスペースに向かって倒れているというか、倒れることも含めて導線ができている。そしてオフロードパス。
対してサンウルブズは、自分が走ってきた方向に押し戻されたり、そこで完全に止められてしまうなど前に進めない。
だから攻撃側に回ってもどんどん後退させられてしまい、苦し紛れのパスはインターセプトされる。

ハリケーンズのプレッシャーが早いししつこい、迷いがない、相手に考える隙を与えさせない。
サンウルブズはトリッキーなパスを何度か試していたけれど、試合を捨てて実験に走ったとしか考えられない。
※ちなみにサイクスは手を押さえて何度かうずくまっていて心配していましたが、後日指を脱臼していたことが判明。

ただ、スクラムは決して押し負けていなかったのは良かった!YAMAHAのスクラムコーチが入った成果でしょうか。
パスや守備の連携はこれからどんどん良くなっていくと思うので、ハリケーンズ相手にスクラムが通用したというのは大きな成果ですよね。

来週の第2節は是非とも勝って欲しいですね。
ちなみに試合終了後、バックスタンドから正面へ回り込む外通路で、オレンジのジャンパーを着たボランティアスタッフの方々がずらりと並んでいて、帰りの客とハイタッチしてました。
「お疲れ様でした、また応援しましょう!」って。胸が熱くなりました!

DSC_0653.JPG

p20170228-021858.jpg

DSC_0708.JPG
↑選手用はサンウルブズのワッペンが刺繍です。レプリカはゴム製です

DSC_0746.JPG
↑ウルビーから名刺をもらいました

DSC_0832.JPG
↑練習風景

DSC_0767.JPG
↑マンウィズのパフォーマンスの間、イラウア選手が踊りながら近づいていきました(笑)

p20170228-021754.jpg
↑ボランティアの方がたとハイタッチ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

インビクタス 負けざるものたち [スポーツ]

満足度★65点

インビクタス / 負けざる者たち [DVD]

インビクタス / 負けざる者たち [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD
私はこの映画の前に、ニュージーランドのラガーマンで英雄、ジョナ・ロムーが難病に冒され、死ぬ前にライバルたちを訪ね歩くドキュメンタリーを見た。

南アで戦ったW杯のことは、彼らのなかで燦然と輝く素晴らしい思い出となっていて、彼らは時間も国も超えて、かたい友情で結ばれていた。
その歴史的W杯の追体験ができるこの映画は、南アフリカのネルソン・マンデラと、「ボクス」主将の固い絆と友情の物語。

27年の投獄生活から解放されたマンデラは、国を一つにするためには、自国開催のラグビーW杯での優勝が必要だと考える。
ラグビー代表チーム、愛称「スプリングボクス」は白人が多く占め、アパルトヘイトの象徴として黒人には不人気だった。
だがマンデラはボクスに貧困層の少年らへラグビー指導を課すなど様々な取組をしてその溝を埋めていく。

南アの状態は、マンデラ死後、再び悪化してしまったと聞く。
願わくばこの時この思いを共有した者たちが、少しでもその時の感動を後世に伝えていって欲しいと願う。
国を誇りに思った瞬間は、何度でも何度でも思い出せるはず。

スポーツ「人間はここまで努力できるという証明の手段」なのだ、と私は思う。
観客は選手に自分では叶えられない夢をみて、選手は過酷な練習と引き換えに、個人の栄誉や名誉と国民という仲間との一体感を味わう。

イーストウッドはどちらに荷担するでもない距離感で、淡々といってもいい熱量で物語を紡ぐ。
憎しみの歴史を掘り下げ過ぎず、和解と赦しの過程を描くには、どちらかに偏らない方がいいのだろう。
モーガン・フリーマンの口からこぼれるマンデラの言葉は名言のオンパレードなので、見るに値する。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

マネーボール [スポーツ]

★満足度90点

マネーボール [Blu-ray]

マネーボール [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray

トレードの面白さとGMの孤独

人一倍野球に執着しているのに、一番冷静で一番遠い場所にいる。
野球を愛する気持ちと同等の挫折感をずっと抱えたまま、チームを強くする事に強い決意を漲らせている。選手を見る目に、自分が昔成し得なかった活躍に対する羨望と、耐え難い屈辱をぶり返し思い出す。

そんなGMの孤独を浮き彫りにする映画であって、華やかな話ではない。
そこがいいんだなぁ。

矛盾と複雑さに満ちた男、ビリー・ビーンをブラピが好演している。
後半、彼が試合を見に行かない理由が判明するシーンは、なんとも言えない切なさに満ちている。

冒頭、カメラに映るのはジーター、バーニー・ウィリアムズ、ポサダなどヤンキースの一時代を支えた名選手たち。そんなヤンキースにいずれ入ることになるジョニー・デーモン、ジオンビなどを放出することから映画は始まる。
そういえば自軍と戦うマリナーズの試合を見ている途中、モニタにイチローが大写しになる。これはある意味名誉なことだと思う。しかし、みんなヤンキースに入るんだなぁ…。
デーモンが移籍するレッドソックスは後半密接に関わってくる。彼、好きだったなぁ。
タイ人の血が入っている独特の土臭い風貌がかっこよかった。

とにかくメジャーファンにとっては見処満載。

ジェイソン・ジオンビの弟、ジェレミー・ジオンビや、劇中終始使うか使わないかで揉めていたスコット・ハッテバーグなどは、この映画を見てどう思ったのだろう。
特にジェレミー・ジオンビは見たくないだろうなぁ。折角出塁率をかわれたのに、チームのムードを堕落させるからという理由でトレードされちゃうんだもの(笑)
ハッテバーグ役の役者さんは、本人にそっくりだね!本人役で出演していると思ったくらい。

昨今、どんな業界でもすぐに結果を求められるが、改革には時間がかかる。
人気と収益が直結しているスポーツとなると、本当に難しいだろう。

トレードの激しさもメジャーの醍醐味だけど、ヘッドハンティングの桁違いの金額にも目を瞠る。
あんたたち、ちょっとおかしいんじゃないの?
たかが野球じゃないの、と。
しかし、だからこそそこに夢を見る余地があるんだろうなぁ。
去年まで頭おかしいと思われていたビル・ジェームズが、レッドソックスに巨額で雇われる、そんな世界。
アメリカは結果を出せば出る杭は「打たれない」のである。

メジャーと日本プロ野球の違いは随所に見られる。
たとえばピッチャーはファーストストライクを必ずとるよう求められるらしい。
ストライクでなおかつ、打たせて取る手法が多い。
空振りしても見逃ししても打たせて取っても、どの道「必ず1アウトは取る」という考え方なのだろう。
しかし日本はボール球を振らせるという手法。
メジャーのランナーは堂々と内野手の足を狩りにくるし、内野手はそれを避けながら球を投げるというスタイルは、見ていてフォームもくそもないけれど、日本のようにフォームに固執してしまいアウトが取れないよりはいいのである。
つくづく、野球は面白い。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ロッキー ザ・ファイナル [スポーツ]

★満足度90点

ロッキー・ザ・ファイナル (特別編)

ロッキー・ザ・ファイナル (特別編)

wowowのロッキー一挙放送を見て、久々に胸が熱くなった[ぴかぴか(新しい)]
これほど丹念に一人の男の人生を描いたシリーズはないと思う。

ファイナルを見終わった後は本当に寂しくてしょうがなかった。ロッキーが自分の人生から去ってしまったような気がして…[もうやだ~(悲しい顔)]シリーズ完結作としてすばらしい作品。スタローンの監督としての手腕も大・評価です。

最初は17年ぶりの完結作なんて無理があるのでは、と思ったけれど、現実にも50代のボクサーがいてチャンプに返り咲いたという実話もあるし、何より話の展開にまったく無理がなかった。
エイドリアンを亡くして、息子も自分と距離を置いてしまい、生きがいを無くしたロッキーが再びライセンスをとって生きる目標を立てようとする。エイドリアンの墓の前に座るロッキーの横顔が心に沁みます[もうやだ~(悲しい顔)]
ポーリーが「過去のことは忘れたい」といったのは、5作目での破産を導いたことを思い出すからでしょうか。

今回ロッキーが闘ったのは、エイドリアンのためでも生活のためでも栄光のためでもプライドのためでもなく、最初で最後の自分の我侭だったのかもしれない。

スタローンの筋肉が、使い込まれた鉄のように硬そうで、ロッキーの人生の侘び寂びと重なって、なんともいえない感動を誘う。
第1作にかるーく登場していた、近所の少女・マリーが成長して地元のパブに働いていたり、シリーズ最初のファイトシーンで戦う相手・スパイダーがレストランの常連になっていたり、旧登場人物が多々登場するのが時の流れを感じさせて、懐かしく嬉しい。残念なことに神父さんが出てこなかったけれど…。ロッキーは元来おせっかいで寂しがり屋だということも思い出された。
小市民なんですよね、ロッキーって・・・いつも生活に必死というか、偉大なのに儚くて小さい人生を送ってる彼を応援て共感してしまう。…ポーリーが足を引張ってる部分はかなり大きいけどw

「同じ場所に長くいると、その場所が自分自身になる」

フィラデルフィアからロッキーの面影がなくなることはないでしょう[ぴかぴか(新しい)]

最後の花道から帰るとき、歓喜する観客のなかにうつむいた男がいたがドラゴにそっくりだった。
ドルフ・ラングレン
ではないかもしれないが、あまりに不自然にうつむいた観客はドラゴそっくりの髪型と面立ちで、胸にソ連時代のようなバッヂをつけていた。一瞬しか写らなかったとはいえ、ドラゴだと信じたい。
こういう細かな演出にも、ロッキーの駆け抜けた人生の重みが感じられる。

ロッキー (特別編)

ロッキー (特別編)

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD

久々に観たら、エイドリアンってこんな内気でださかったっけ[exclamation&question]、と驚いた。ボクシング映画というより、ロッキーという冴えない男が恋を成就させて幸せを掴むまでを描いたサクセスストーリーという趣。エイドリアンに口付けをするシーンは恋愛映画という観点から見てもときめきます。簡単に勝負に勝たないのもいい[わーい(嬉しい顔)]

ロッキー2

ロッキー2

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD

エイドリアンと結婚して、ギャラをもらって引退して第二の人生を歩もうとしたが転職に失敗し、エイドリアンが妊婦なのに働くことになってしまう。元スポーツ選手としての苦労をよく描いた作品。生活のためとはいえ、アポロと再戦し、今度はきちんと勝利してボクサーとしての栄光を掴む。

ロッキー3

ロッキー3

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD

ロッキーが豪邸に住まい、順風満帆な生活をしていたのはこの作品だけ。鋭気ビンビンの若手がロッキーに挑み、敗れて再びタイトルを奪還するまでを描くが、名トレーナーのミッキーが死んでアポロがセコンドについたりとドラマとしては一番涙を誘う展開[たらーっ(汗)]

ロッキー4

ロッキー4

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD

私は、シリーズとしては一番の大作だとは思いますが、敵のドラゴの関係性がスッパリしすぎていて一番異色だと思うんですよね。ロッキーは登場人物が相互関係してチョコチョコ出てくるのが面白いから。まあソ連の敵方の話だし、インパクトがありすぎて使いようはないですけれど。日本人は一番馴染みがある作品ですよね、あの自然の中でのトレーニングが印象的。アポロのトレーナーがロッキーにつくのも【炎の友情】のタイトルに含ませてあげたい。

ロッキー5

ロッキー5

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD

実はファイナルに登場する元・不良少女マリーがここでも登場しています。女優は1作目のマリー役の女の子。きちんとエンドロールにクレジットされています。残念ながらどのシーンかはわかりませんが、おそらく息子とロッキーとポーリーが、学校へ送る途中にすれ違う2人組の女の子だと思われます[あせあせ(飛び散る汗)]

すこぶる評判が悪い5作目ですが、流れ的にはそれほど違和感もなくつまらなくも感じませんでした。世論的にはリングに上がらないロッキーがいただけなかったのでしょうか。確かにポーリーはロッキーを破産に追い込むし、目をかけたトム・ガンは裏切るしでちょっとムカムカする1作だとは思います。ちょっと地味な家族ドラマがうけなかったのでしょうか。スタローンの息子はそれなりにいい演技しています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

レアル・ザ・ムービー [スポーツ]

★満足度75点

レアル ザ・ムービー [DVD]

レアル ザ・ムービー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


「リアル」・ザ・ムービーと言ってしまいたいくらい、サッカー人生を送っている登場人物たちが本当に等身大で、ボール一つで行えるスポーツのいい部分をコラージュして見せてくれたような作品。

だけど、日本人の学生の描写だけはちょっと、いただけない…
渋谷にあるワールドスポーツカフェ(おそらく)が登場して嬉しかったけど。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

GOAL! [スポーツ]

★満足度70点


テンポも早くて何も考えずに見て面白い。
考えてみれば、野球映画は腐るほどあるけどこれぞぉ!
というサッカー映画は無かった気がするなぁ。

シンデレラ・ストーリーの一種だけど、そんなに鼻白む演出もない。
確かに主人公はラッキーだけど、信じられないほどラッキーでもない。
密入国者というのも説得力がある。
アメリカでサッカーファンはほとんどメキシコ人だし、バーに集まってみてるのが「ベースボール」や「アメフト」じゃなくても違和感がない。

「サッカーの話?」「いや違う」
フットボールの話?」「yes!!」
というシーンが面白かった。イギリス風ウィット?

「フットボールはここでは宗教だ」というセリフがあった。
私は阪神や浦和レッズなどのサポーターを見ると宗教を連想して拒絶心が湧くのだけど、(応援風景が社会主義っぽいのかも) 欧州におけるフットボールには、あんなに激しいにも関わらずサポーターに宗教の嫌悪感を感じない。

ただ単に妄信的ではなく、もっとこう、血肉の通った、暖かく、個々にドラマのある人生そのものって感じがする。

“ギャラクティカ”たちがゲスト出演するけど、みんなぎこちないw
主人公の父親役が元ブラジル代表のリバウドに似てたと思うのは私だけ?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
スポーツ ブログトップ