So-net無料ブログ作成
■スポーツ観戦 ブログトップ
前の10件 | -

6/17 みなとラグビー祭り2018 [■スポーツ観戦]

2018-06-19T13:34:39.jpg

去年に引き続き行ってきました。→去年の様子はこちら

NECとワラターズ、サンゴリアスとブランビーズ。 なんと二試合ともトップリーグが勝つという花試合。
いくらBチームとはいえ、ワラターズは強い。NECにはちと荷が重たくないか?と思いきや、後藤選手がパカパカ走り相手を翻弄。さすがセブンズですね。ただ、NECはコンバージョンやタッチラインへの蹴り出しでミスキックが多かったですね。よく勝てたなぁと思います。

サンゴリアスの方は地力があるので拮抗すると思ってたらまさしく。ブランビーズはウィンドウマンスとはいえ、スーパーラグビー出場のメンバーがかなりいて驚きました。
サンゴリアスも松井千人や畠山、垣永などなど勢揃い。江見翔太は凄く良い選手だと思 うけど代表入りはどうしたんだろう?去年怪我して代表試合にでれずスタジアム観戦してたときにたまたま遭遇したけれど、その後は監督の目に留まるタイミングがなかったのだろうか。
だとすると、悪いタイミングで怪我してしまったな。スポーツは時と運ですね。

練習試合なので、同じ選手が何度も交代してました。何度も出入りするリアリーファノを見ることができて面白かった。

あと驚いたことにデレック・カーペンターが自由席にいたので挨拶しました。サンウルブズ、サントリーに在籍していたのに、今は移籍先が決まっていない。サンウルブズ一年目はあんなにチヤホヤされて人気があったのに・・・スポーツ界の流れというのは早いし、無情ですね。

試合中はほぼ張り付いていたのでセンターステージのプログラムは全く見れず。まあ子どもばっかりのアイドル、地元のあまり上手じゃないコーラスグループなど、去年に引き続き手作り感が満載。
ハーフタイムにも去年も出演したアイドル「カガジョセブン」が「キックオフ」という歌で登場。

ラグビーの観戦層に本当に 合わない…というか、チアリーディングも親しか喜ばない子供ばかりだし、大人の鑑賞に耐えうる実力主義のミュージシャンは呼べないのかな?
ギャラが安い人を適当に集めたという資金力の乏しさを感じさせます…。
例えばテレビなどの地名度がなくても、声楽家やオペラ歌手を呼んでラグビーアンセムを歌ってもらうなどしたほうが、「おおっ」となると思う
本物の才能に出会ったら、絶対に人は足を止める。または、トップリーグのアイランダーに呼びかけてハカをやってもらうとか。

開催地域のブースも、パンフレットなどが置いてあるだけで本当に魅力が伝わっているかというと疑問。うなぎパイを配っていた静岡、地元の物産を置いて非常にアグレッシブに呼び込みを行っていた釜石だけが盛況でした。 その他のブースはただ単にスタンプラリーがしたい人が並んでいるだけ、ブース担当者も事務的にスタンプを押しているだけのような流れ作業に従事。せっかく人が集まってるのだから、PRしないともったいないなぁ。

アイスを無料配布したハーゲンダッツ、お茶などを無料配布したサントリーに人が殺到。なんでも無料にすればいいというわけではないけれど、こういった呼び込みは手っ取り早い。
そこで、食べ物につられた人を逃さないように魅力的あるコンテンツを提供するのが大事。一考の余地ありです。

1試合めと2試合目の間に、いちょう並木通りにも足を運ぶ。ストリートラグビー参加したかったけど、酒気帯びでNG(笑)。
旦那がいるけどイベントとして気になっていた「スポ婚」はなんと大盛況でした。
これは家族押し一辺倒のラグビーイベントのなかで、やっと若者向けの面白い試みができたのではないでしょうか。

あと保護犬の引き取り手を探すNGOのブースがありました。私はマンションで飼えないので、心ばかり募金とグッズを購入。とっても愛想のいい雑種のワンちゃんと、多頭飼育崩壊で放置され怪我をした紀州犬、同じく放置されたダックスフントなどがいました。多頭飼育は猫も何十匹もいたようです。 犬は何日も水を飲めず、辛うじて餌だけはあったので食いつないでいましたが、同じ施設にいた犬は何匹も死んでいたそうです。紀州犬は心に傷を負ったのか、隅っこにいました。 話を聞き、胸がつぶれそうでした。

話は脱線しましたが、まあとにかくこのイベントはステージに呼ぶ人を考えた方がいいです。
試合も、特にサントリーの大ファンでもないので、来年はいかないかもしれないなぁ。

2018-06-18T19:40:40.jpg
↑9時開店前の様子

2018-06-18T19:40:40.jpg


2018-06-18T19:40:40.jpg2018-06-18T19:40:40.jpg
↑バックスタンドから外へ

Fotor_15293056845815.jpg
↑ストリートラグビー

Fotor_152930550902479.jpg
↑左側がスポ婚。立食パーティー風

2018-06-18T19:40:40.jpg
↑空弁ブースで購入した鯖寿司。肉厚で美味しかったです

P_20180617_110630-600x800.jpg



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

6/16「ラグビーパブリックビューイングin TOKYO」を実施|東京都 [■スポーツ観戦]

2018-06-17T08:53:14.jpg

2018-06-17T08:59:07.jpg


2018-06-17T03:05:22.jpg


http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/06/06/14.html


ベルサール秋葉原、12:00開場16:30に終了。

ゲストは13:30に登壇する予定だったので、それまでVR体験やワゴンでご飯を食べました。


VRは以前、サンウルブズの試合でJsportsが秩父宮で行っていたものと同じメニューでした。でもスクラムを下から見るこのアングル、癖になる…! 前回は堀江を中心に見てましたが、今日はガッキー。ファンサービスでサイン書いてるときよりも、ほのかに笑ってる…!楽しそう!いや、みんなでスクラムの練習、楽しいんだろうな…!


フードワゴンは対戦相手のイタリア、ジョージア、ニュージーランドの料理を。 イタリアはパニーニや肉のトマト煮込み、ニュージーランドは牛肉の串焼きなどシンプル、ジョージアはパクチー乗せジャーマンポテト「オジャクリ」や小籠包に似た「ヒンカリ」という料理がありました。

どれも現地では一般的だそうで、中華やアジアを思わせるラインナップに非常にビックリ。で、結局イタリアにしました。やっぱりイタリア料理は旨いね。トマト煮込み牛肉丼フランチェジーナと、豚肉の薄い塩味で煮込んだチャーシューのような「ポルケッタ」。 食材に添加物を一切使っていないというレストランの料理は肉厚で柔らかく、玄米にぴったり。コスパ良しでした。


2018-06-17T08:53:14.jpg

2018-06-17T03:05:21.jpg


2018-06-17T08:53:14.jpg

2018-06-17T08:53:14.jpg


2018-06-17T08:53:14.jpg


ゲストには格闘家のレイナ、お笑いコンビのアルコ&ピース、そしてそしてブロードハーストと松橋…と言いたいのですが松橋不在。 どうした?松橋!


今泉清さんの経験豊富な話が面白いです。私も見たクリント・イーストウッド監督のラグビー 映画【インビクタス】の話では、今泉さんが代表として戦った日本とニュージーランドの17-145という試合結果を見て、劇中のネルソン・マンデラが「これはバスケの試合なのか?」と言ったので、二度悔しかったとのこと。


100年経っても日本は世界に勝てないだろうと言われていたのに、前回は勝つことができた。本当に前回の結果は衝撃的だった、など本音トーク。


ゲストたちも一緒に最前列で試合を見つつ、芸能人に答える形で今泉清さんが解説をしてくれるので、非常にわかりやすい。 選手同士がエキサイトしたら「仲間は敵の方を止めなきゃいけない、味方を止めると味方がファウルをしたように見えるから」とか、「敵陣に入ってペナルティをもらったら、確実に得点できる戦法を選ぶのがラグビーの常識なので、危険は冒さないのが普通」だとか、チョイチョイ経験者視点のネタが。


レイナ、アルコ&ピースの片方はラグビー観戦経験なしでしたが、我々も盛り上がったので、会場の熱気にあてられたのか本当に楽しそうでした。


試合は積極的にコンタクトをしてくるイタリアに対し、日本は止めるのに必死で前半三点しか取れず。相手インゴール前まで迫るも姫野がノックオンしたり、田村がPGを外したり、惜しい場面がありました。ガッキーがスクラム狙われてる?反則を割と取られてしまって。


後半ばててきたイタリアに対しやっと波に乗る。

ところどころパスミスあるも、ラインアウトは一回も失敗しなかったんじゃないかな。 でもスクラムの反則を取られることが本当に多くて。モールには弱いのはいつものことで。三点差で負けたから、また田村が入れたら勝てたと、仲間からからかわれちゃうかな?


試合を振り替えりの時間帯に、酔ったおじさんがブロードハーストにあなたは代表にならんのか?と聞いて、「楽しみにしてて」と答えて会場が沸きましたが、リップサービスかなぁ。


五人のサイン入りジャージは五人と会場の観客とジャンケンで。 ブロードハーストが「最初はグー」と音頭をとったのが面白かったです。 結果、負けました。

リコーの有名なファンの方が勝って本当に嬉しそうでした。


今回は去年一昨年のパブリックビューイング、汐留のコンコースやさいたま副都心で行ったイベントより人が集まりましたね。公園の芝生の上でみたい気がするなぁ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

5/12 super rugby サンウルブズvsREDS [■スポーツ観戦]

●HP・・・https://sunwolves.or.jp/information/category-team/

ラピース離脱!もとい、元々限定契約!?
という衝撃の発表から「あ~あ、やってられんわ」とテンション下がりっぱなしの当日。
最初から知っていればこれほどshockを受けずにすんだものを、発表するタイミングがおかしい。
そんな状態で迎えた朝は、全く試合に期待してなかったんです、はい。

それがふたを開けてみたら、100%の精度でキックを入れたピーター、いつもより(甘いジャッジで)ばんばん決まるラインアウト、ウィングの脇を抜け相手にゲインされれてしまう〝癖〟をしっかりカバーするリーチ・マイケル、毎回タフなマイケル・リトル、がんばる姫野、独りで突っ込めるハッティング、相手を翻弄する福岡(トライはできなかったけど)などなど……気がついたらあれあれー?びっくしの大量得点!
サウマキ、ハットトリックですよ。

しかしジャッジ甘かったわぁ…。 でも、辛いジャッジに泣いたこともたくさんあったので、チャラってことで! それもあるけど、やっぱり日本の暑い夏に相手がへばったのも大いにありそう。サンウルブズは夏に強い!!

2018-05-19T16:28:34.jpg
↑この限定カレーがコスパ良し♪

2018-05-19T16:28:34.jpg
↑ジャバさんこの役割多いな

2018-05-19T16:28:34.jpg
↑いつでも眼光するどいリーチ・マイケル

2018-05-19T16:28:34.jpg
↑トライした後


■ステージ

2018-05-19T16:28:34.jpg
↑ラジオの公開収録もありました


最初から最後までスクールウォーズでしたね…。あの一年目のバリエーション豊かなファンサービスはどうした? といいつつ、山下真司さんの登場に、ステージ前は「滝沢先生~!」のコールの嵐。
熱い人ですね。司会が「今まで全敗ですが…」とふると、「またその話?いいんだよ、今日はもう勝つんだから!」と「信は力なり!」と咆哮。

だるまに目を入れたり、ファン同士肩を組ませてコールをかけたり、色々と盛り上げてくれました。
事前放送されたドラマの制作秘話のインタビューでは、リハのときの生徒はそれほど熱い演技ではなかったことや、お腹いっぱいになると悔しさや闘争心がなくなる気がするため、ロケ飯をあまり食べない日があったことなど、面白い話もたくさんありました。

2018-05-19T16:28:34.jpg

2018-05-19T16:28:34.jpg

試合終了後はTRFのDJ KOOさんの近くでクラブ状態!そのおかげで、帰りに勝利記念カードもらうのを忘れた~(泣) KOOさんも、「みんな、盛り上がってくれるのは嬉しいんだけど、選手のサインとかもらわなくていいのか?」とかDJの合間に突っ込んでくれてたのに(笑)
なんかフィルヨーンが会場にいたらしいがそんなことも気づかず、酒の抜けきらない状態で、別のイベント、山小屋サミットに行きました。
今シーズン、日本での最後の試合なのにウルフミーティングにも参加しなかったし、ウルフウォッチングツアーにも応募しなかった。でも勝利したことでそんなことは全てチャラになりました。
それ程一回の勝利の味はなにものにも勝ります。 いやー、勝って良かった。

2018-05-19T16:47:04.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

4/17 super rugby サンウルブズvs.ブルーズ [■スポーツ観戦]

〈イベント〉
ウルビーバルーンが向かって左に移動。 三菱自動車、宝くじブースなど先週と変わらず。
コンコース内にJスポーツが提供したスクラム「VR」体験が面白かった。
最初にドームに入り、ボールの視点でスクラムを見上げる形。
堀江さんやジャバさんのぶっとい足がこれでもかと押し寄せる!あー触りたい。
その後ドームを出てVRのヘッドセットを(手で)支えつつ鑑賞。ドームで見た通りのスクラムが、実際にそこで行われているように見えました!思わず立ち上がってしまいました。何となく立ち上がった方が選手と目線が合うような気がしました。

●稲垣の解説
・1回目のディフェンスで人数を割きすきている。一人の人に対して人が集まりすぎている。ラックに無駄に人数をかけすぎている。相手が少ない人数でボールを回そうとしているのに、サンウルブズは人数をかけている。
一週間そのディフェンスを修正してきた。
・ラインアウトは、後ろにパスを出せればバックスに速やかに回せるため、それに固執しすぎていたからミスが多くなったり、相手に読まれた。
・ジャバさんなどジョージアのスクラムは癖があるので、いま日本流に仕込んでいるところ(笑)
・ナイアボロに対して無策すぎた。
・マイケル・リトルは運動量も多く、チームに刺激を与えてくれるいい選手。
・敵陣深く切り込んで、トライ寸前でボールを奪われて、一気にゲインされてトライされるのは一番やってはいけないミス。
・フォワードがしっかりサポートしていれば、いいトライが生まれる。
・サンウルブズは得点する能力は高いが、ディフェンスのミスが多いため、失点が多い。
・ジョージアのニコロズ・カティアシヴィリのスパイクには「PUSH」と刻印されている。余程のスクラム好きかと。
・・・よく前に出てくれる姫野選手のことも褒めてました。稲垣選手は凄く頭の回転もよく、解説がうまい。将来は解説者ですね!

〈試合概況〉
稲垣が言っていたディフェンスのミスが、今回も出てしまいました!
前半はリードしていたのに、やはりブルーズとは相性がいい気がします。またラピースが気を吐きました。
でも彼がどんなにタックルをかましても、縦に切り込める選手がいないことには。
後半、最終ラインの15番松島が交代。これは、見ていたときは「?」だったのですが、監督曰く「ディフェンスで何回もミスしたから」とのこと。リプレイで見ると、トゥポウも簡単に抜かれすぎていたし、フルバックの松島だけの責任ではない気がします。素人目にも、ちょっと最終ラインやウィングが前に出すぎな気がしますね。

しかし今回はラインアウトもよく通ったし、スクラムでの反則もとられる回数が減ってきた。
それに対してオフサイドが多かった気がします。一進一退ですね!3年間で定着しないメンバー、足りない練習量、長距離の移動、慣れない外国、どんなプロチームでも新造チームが短期間で強くなるわけがない。
地道に応援していこう!と心に決めたのでした。


そういえば、試合が終わった後の会場近くで、相撲の呼び出しさんがいました。テレビで見た美声の人でしたね…。大荷物持ってたから、巡業の帰りかな?

2018-04-21T15:38:20.jpg
↑今回も秘密の場所でエネルギーチャージ
2018-04-21T15:38:20.jpg
2018-04-21T15:38:20.jpg
2018-04-21T15:38:20.jpg
↑VRは手持ちです
2018-04-21T15:38:20.jpg
↑アキラ・イオアネ・・・かも?
2018-04-21T15:38:20.jpg
↑ラガマルがTV出演?!すっかり遠い存在に・・・
2018-04-21T15:38:20.jpg
↑ドヤ顔ジャージはブリッツ

2018-04-21T15:38:20.jpg
↑買っておいてよかった

2018-04-21T15:38:20.jpg
↑気づけば3年目のカーキー。後ろに偶然カーキーのリアルフェイスタオル
2018-04-21T15:38:20.jpg
↑稲垣は解説者タイプですね
2018-04-21T15:38:20.jpg
↑パフォーマンス前のチア
2018-04-21T15:38:20.jpg
↑パフォーマンス後のチア♪元気いっぱい
2018-04-21T15:38:20.jpg
↑ハーフタイムショーはリトルグリーモンスター
2018-04-21T15:38:20.jpg
↑当たったことなどない!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

4/7 super rugbyサンウルブズvs.ワラターズ [■スポーツ観戦]

〈試合概況〉

強風のあおりでラインアウトがノットストレート、キックオフボールがダイレクトでタッチを割ったりと、ちょっとツイてなかった。
でもまあそれは相手も同じ条件なので、それを修正できなかったのもまた事実。

先週お休みのラピース、相手ラインまであと数メートルというところまでキャリー。そのとき味方にパスしたが、敵に阻まれてトライにならなかったのは惜しかった。そのままキャリーすれば良かったのでは、と思うがラピースは走力のある方ではないのかな。
バーナード・フォーリーがキックをパカスカ決めます。

ひどい点差ではないけれど、何かズルズルと負けるべくして負けた印象。
その中で、マイケル・リトルのビッグゲインと、マシレワのランが光りました。

〈イベント〉
イベント前に、個人的に最近流行の秘密の場所で一休み。ガパオ弁当で栄養補給。

ウルビーバルーンが正面入り口の右手に固定。
今日はウルフミーティングが無いので、三菱自動車や宝くじなど、さまざまなブースをチョコチョコ回りました。
バックスタンドのコンコースも、この日は子供とのパス&ランを行っておらず、その代わりボランティアの方がいて、選手が使った練習球でキャッチボールしてくれました。

ステージのトークショーにヴァルアサエリ愛と村上晃一さん。
アサエリはいつ試合にでるのか!と村上さんも突っ込み。前回の試合を振り返って解説してくれました。

それにしても、アサエリのX脚、大柄力士の明瀬山を思い出します。
成長期に上体が急に重くなってしまったのかな。

ハームタイムにMAN WITH A MISSION、DJにTRFのKOOさん。
MAN WITH A MISSIONがウルビーと記念撮影してて、MAN WITH A MISSIONよりウルビーの巨大頭の方が目立ってて笑ってしまった。

2018-04-17T10:30:11.jpg
↑今日のエネルギーチャージ飯
2018-04-17T10:30:11.jpg
↑ポケットティッシュしか当たらない!
P_20180407_122625.jpg
↑てんぱって、しょうもないことを書いてしまった・・・
P_20180407_124229.jpg
↑どや顔は田中
P_20180407_125635.jpg
↑焼きそばまだ未体験・・・!

P_20180407_130247.jpg
↑アンケートに答えたらもらった飴ちゃん
P_20180407_135950.jpg
↑ラピースの足がコーチの腕を突き抜けているように見えてしまった

P_20180407_141510.jpg
↑お馴染みとなったカウントダウン
P_20180407_150831.jpg
↑ハーフタイムはマンウィズがプレゼントバズーカ。ワオーンコラボ


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

3/24 super rugby サンウルブズvs.チーフス [■スポーツ観戦]

〈3/23 キャプテンズラン〉

今回からリストバンドを回収。持ち出して再利用されることを恐れてか? でも受付で名前を告げてメールを見せなければならないので、リストバンドだけで入ろうとすることはできないはずだが…。
ラインアウトかハイパントボールのキャッチ練習中、ボールが結構スタンド内に入り込むことが多く、ドキドキしました。
ラピースの姿が無かったし今回もスコッドに入ってないので、故郷でしばしの休暇?
スタンドを出て外で、チーフスの練習終わるのを待つも、ダミアンの姿が見あたらず。
Twitterで電車で遭遇したと書いてる人がいたので、どこかにいたはずだが…くやしー!
帰りは外苑前界隈の寺社めぐりして帰りました。

2018-03-28T23:54:01.jpg

2018-03-28T23:54:01.jpg
↑ダミアン見つからず

2018-03-28T23:54:01.jpg


〈試合当日〉
サンウルブズ、立ち上がりの連携酷い。 チーフスはタックルが刺さるように鋭い。 特に何かビッグプレーをされたわけでもないのに、あたりまえのように負けてしまった。
ラインアウト。堀江さんのノットストレート多し、ラインアウト自体のサインミスは無さそうだけど、相手に読まれてること多し。
パスを低く集めたいのはわかるけど、ノックON、またはワンバンが多く、ハイパントは相手にとられて走られてしまう。むしろチーフスにはハイパントやらない方が…と思ってしまった。
バックスのランの速度、重量級の選手の重いタックル、両方が武器となってボール持たれるとなかなか止められない。素人目には、個々の才能はそれほどの差はないように思う。やはりチームでの練習量か。

知り合いが、「サンウルブズは負けるのをわかっていて、戦術を変えずにやっている。W杯で勝つため今から相手に情報を与えないよう、新しい戦術を使わないのでは」と言っていた。信憑性があるかはわからないが、弱いチームは何年も前からそういう対策をとらなければ、勝てないものかもしれないな、と思った。

〈event〉
ここ三回は毎回同じ。 ステージ、ビジョン、トークショー、ウルフミーティング。
ハーフタイムに湘南乃風「若旦那」の弾き語り。 初回の郷ひろみのインパクト改めて凄い。

ウルフミーティングは一部と二部は選べますが、AかBかは選べません。選手、誰が来るかはお楽しみ。確か前前年度の初回は、最初から選手が選べました。 そうすると人気選手ばかり集中してしまったんだろうなぁと思います。私と連れは下記のメンバーでした。

・第一部…B バズこと浅原さん&ジェイソン・エメリー
・第二部…B 福岡とヘイデン・パーカー そういえば浅原さんは短期契約ではなく、フル契約になったんですね。欠かせない人材だと思うので、良かったなあと思います。

福岡は内田と共に公式ショップでも顔を出し、ファンサービスしてました。
ジャバさんは子供とのラン&パス体験。

親に言われて嫌々やっている顔つきの子供がいて、ジャバさん戸惑うことも。 全くの偏見かもしれませんが、ラグビー場にいる子供(男の子)って、図々しく横柄な印象を受けます。 そう思わざるを得ない場面にしょっちゅう出くわします。 女の子はこぞってしっかりしてる。受け答えもはっきりするし、挨拶もまともに交わす。 何なんでしょうね、これ。 選手は一社会人として叱っていいと思います。未来のラグビー人口を増やそうなどと言って、甘やかしてるからいけないんだと思います。 私が子供の頃なんて、他人に怒られるのは普通でした。時代が変わっても、そこは変えなくていいと思うし、社会が人を作る部分は無くしてはいけないと思います。 私はなるべく失礼な言葉を発する子供がいたら、窘めます。

とまあ、脱線しましたが、eventは固定されてきました。ウルビーバルーンが、正面からバックスタンドへの通り道から、正面広場に移動してきたのが大きな変更点でした。

チーフスの出待ちするもみな、さっさとバスに乗り込む。バックスタンドなどでサインしていたと思うのでしょうがないのかな…、正面スタンド組は損だなー。

2018-03-28T23:54:01.jpg
↑観戦前の食事
2018-03-28T23:54:01.jpg
↑ラガマル。今日はポシェット持ってるラガ!
2018-03-28T23:54:01.jpg

2018-03-28T23:54:01.jpg

2018-03-29T09:52:10.jpg
↑湘南乃風の若旦那
2018-03-28T23:49:56.jpg
↑サム・ワイクスにリーチの顔タオルをはめこんでみました。すみません
2018-03-29T09:52:10.jpg
↑解説前の村上さん
P_20180324_130451-800x600.jpg

P_20180324_125948-800x600.jpg

P1230877.jpg
↑笑顔の貴公子ダミアン・マッケンジー

P_20180324_141602-600x800.jpg

P1230875.jpg

P1230880.jpg
↑ダミアンを見つめるサンウルブズ


〈花見〉
秩父宮から四ッ谷~飯田橋まで花見散歩。すっかり七分咲き。
東京生まれ東京育ちだけど、実は初めて外壕公園を歩きました。高台になっていて、線路を見下ろすのがいいですね。ベンチもそれなりにあるし、ゴミ収集場所も等間隔で存在する。至れり尽くせりの場所です。ただ大人数で車座になるのはきつい場所が多いのも事実ですね。
私は連れと二人で、ラグビー観戦中に余ったビールをベンチで頂きました。

2018-03-29T09:52:10.jpg
2018-03-29T09:52:10.jpg

2018-03-28T23:49:56.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

3/3 super rugbyサンウルブズvs.レベルズ [■スポーツ観戦]

●HP…https://sunwolves.or.jp/information/


この日のラインアウトは、サンウルブズ初年度に逆戻りしたかのよう。
先週は良かったのに何でだろう。 リーチ・マイケルが入ったから今回の試合は期待したのだけど、ラインアウトも含め全体的にチグハグ。要のハッティングが早々に怪我をして、余裕でとれるものもとれなくなって、サインミスなのかフッカーのパスミスなのか勘違いなのか、 ほぼ取れない。飛べなかったこともあったほど。自滅ですね…。

日本人選手が英語ができない人が多いのかな?コミュニケーション不足もあるのか。本当のことはわからないけど、頑張ってほしい。

一昨年は木津さんやトゥシ・ピシリアキ・モリ、フィルヨーン、ミフィポセチなど、割りと同じメンバーが出続けて尻上がりにまとまりがよくなったが、シーズン終了後にメンバーの体は疲労蓄積。去年は怪我人を出さない方針で、メンバーがころころ入れ変わって、個々のスキルは高い人が多かったけど、チームとしてのまとまりはどうなのかと思った。

今年は最強メンバーだと思うし、まだ移動の楽なオーストラリア・カンファレンスだし、シーズンが終わったらメンバーが初年度ほどボロボロにはならないのでは…と推測。とにかくタフなラピースとブリッツがどこまで怪我せず耐えられるか。

まあとにかく今回は、レベルズに入った(解散させられた)フォースのメンバーの恨みや憤懣が、 噴出したようにも思える。それで容赦なく山田もティモシーも刈られた。
ラピースがマークされて相手のラフプレイがきつい。でも彼も柔和なマスクの下は荒々しく、相手の胸ぐらを掴んで立たせたり乱闘で田中から引き離されていたり、頼もしく思います。

それにしてもあの最後のインテンショナルノックオンは微妙だった!カークの手が下から持ち上げるように出されていたら、ただのノックオンになったかもしれない。
先週のブランビーズのスローフォワードよりかはやるせなくないけれど、本当に微妙な判定。
とにかく元気な野口君と、セブンズ経験の徳永が調子いい。具君も怪我せず動けているので、フォワード陣の要のひとりとして頑張って欲しい。

2018-03-05T17:36:54.jpg

2018-03-05T17:36:54.jpg
↑陸上自衛隊に一日入隊したときの様子も興味深かった。アイランダーは整列する文化がないんですね
2018-03-05T17:36:54.jpg
↑もっと出番増やして欲しいチアガールズたち
2018-03-05T17:36:54.jpg
↑戦い終え…

2018-03-05T17:36:54.jpg


〈イベントなど〉
先週よりテーブルが増えた!ステージに集まりやすい。 
・泣き虫先生の【スクール・ウォーズ】のダイジェストが流れました!会場大盛り上がり!予備知識だけは世代なのであるのですが、実は私、見てないんです。この伝説のドラマ。でも見入っちゃいますね~!この熱さ! 本当に、なぜstopがかかったのか不思議。ラグビー知らなくてもドラマは知ってるといわれるくらい有名なのにね。

・トップリーグのチャリティーオークションの試み、とてもいいと思う。コールしたけど、予算がなく買えなかった(笑)。でも競れば競るほど、募金額は増えるのでよしとします。

・福岡君と庭井さんと、村上晃一さんのトークショーでの前節振り返りがとてもわかりやすい。村上さん舌鋒鋭く流のゴールポストにパスしてしまったミスを指摘。福岡君は他人のミスを絶対茶化したりしないのね。この~優等生め! ポストの後ろ側にいたメンバーにパスしたつもりが、連携があわずそのまま流されてしまったんだとのこと。

・ラガマル君がクラウドファンディングで集めた資金で作った赤いレインコートを着てました!そして先週とはうって変わってセンターにぐいぐい。レンジーのジーの唇を奪ったり、はじけてました。

・ステージ司会は声が瀧川クリステル似の女性に。MC人類はどうした。

・ハーフタイムはアニメ「オールアウト」の挿入歌を歌った瀧川ありささん。アニメ見てましたが、松任谷由実の曲たどは知りませんでした。あのアニメ、スポーツ漫画物としてはあまり好きになれませんでした…。
・試合前後はTRFのDJ KOOさんが自由席でプレイ。 なんとこの方、ラグビー経験者らしい。最後まで90年代ヒットメドレー、というか小室プロデュース曲のオンパレードで盛り上がりました。

2018-03-05T17:36:54.jpg

2018-03-05T17:36:54.jpg

2018-03-05T17:36:54.jpg

2018-03-05T17:36:54.jpg

2018-03-05T17:36:54.jpg

2018-03-05T17:36:54.jpg

2018-03-05T17:36:54.jpg

2018-03-05T17:36:54.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

2/24 super rugbyサンウルブズvs.ブランビーズ [■スポーツ観戦]

■キャプテンズラン

ウィリー・ブリッツ、新キャプテン。
彼はキャプテンであろうと何だろうと、いつでも全力投球ということがつくづくわかった。

流さんも新キャプテン。彼は「生まれながらにキャプテン」と言われてるとおり、物怖じせずガツガツ指示を出していく。 ポジション同じだからあたりまえですが、田中選手と二人話し込んでるのが気になって。何を話してるんだろうなぁ。

ジャバさん加入でスクラムがどうなるのか。ジャバの見た目から受ける印象は「真面目で寡黙」。悪くいえば冗談通じなそうで怖い(笑)。

でも、が~まるちょばならぬガバルジョバと話しかけたらニッコリ。ジョージア語の発音全然わからないし、グーグル先生も発音お手上げだから、伝わるのかわからなかったけど、通じたよ。

ラインアウトは最初から最後まで真面目に打ち合わせしてました。クボタスピアーズ組のバッティングとラピースが加わりどうなるのか。

カンタベリーショップでは真壁選手と内田選手のサイン会&撮影会が行われました。
キャプテンズランの前に整理券をもらい、終わった後に参加。ファンクラブの人数くらいでごった返しにならずに丁度いい感じ。 真壁選手は、まだチームとの練習にそれほど参加していないそうです。
真壁選手は去年のシェイクシャックでも1日店員でサービスしてました。二人ともいい人!
P_20180223_134554-600x800.jpg


■ブラジル料理「イグアス」


外苑前に数知れず訪れてるものの!初めてはいりました!

こんなに美味しいなんて~。シチューを頂いたんですが、スープ状ではなくて、角切りの牛肉をトロトロになるまで煮込んだもの。フォークでホロホロと崩れて柔らか~い。

レジ前にあるブラジルのお菓子、ピーナツクリームを固めたようなお菓子も甘いけど病みつきになる美味しさ。豆の香りがよいです。


2018-03-01T16:25:45.jpg


2018-03-01T16:25:45.jpg

2018-03-01T20:05:56.jpg


■試合当日
〈当日の流れ〉
・ファンクラブブース 9:30~45
・整理券配布(ウルフミーティング 選手サイン会 撮影会) 無くなり次第終了 10:00~
・公式グッズ販売(10:15→遅延10:30)
・ファンクラブ先行入場 11:00、サンウルブズのタオルプレゼント※一般開場 11:15
・ラッキーウルフ+推し選手カード配布 11:00~
・ウルフミーティング
①11:15~12:00 集合11:00~11:45まで
②12:00~12:45 集合11:45~12:25まで
・オープニングセレモニー 13:05 チアガール、国家斉唱 郷ひろみ
★キックオフ 13:15
・ハーフタイム 14:05~18 郷ひろみ(62) ♪2億4千万の瞳
・試合終了 15:10
・グリーティング 15:15~15:45
・レンジー 正面玄関(試合終了後)


〈感想〉
・パブエリアはテーブル三つしかなかった。もっと置いた方がステージに人が自然に集まると思う。MCの人もやりにくそうだった。

・ガオダンスの振り付け師のJUNKOは、松岡修造のようなグイグイ系で、盛り上がっていないステージ前を一人で華やかにした。毎回呼んでもいいくらい。しかもアイドル顔負けの可愛さ!

・郷ひろみのパフォーマンスは最高に盛り上がった!62歳とは思えない歌唱力とスタミナ。ハーフタイムはグランドを駆け回り、バックスタンドの方も湧いた。

・フードワゴンのメニューは世界の料理というには、もう一捻り欲しい。唐揚げ四個で500円は高すぎる。

・公式グッズの販売準備が予定より遅かった!グリーティングの整理券もらったあと、その足で買いたいのにひらいてないので手持ち無沙汰に。

・バックスタンドとメインをつなぐ北の通路が開いていて助かった!しかもいつも選手がインタビュー受けるバックヤードを通る導線になっており、チアガールの練習風景を見ることができて、楽しい。いつもその機会がなかったが、声をかけることもできた。


〈試合〉
・ラピースの異常なモチベーション。タックル成功率の高さ、ランの距離、やはり欠かせないフランカーになりそう。

・期待したハッティングが前半で怪我で離脱。背がとびきり高いので、ラインアウトの強化になりそうだったのに次の試合は無理かも。重たくなければいいが。

・ジャバさんは堀江と交代して、20分くらいでまた掘り出し物と交代…。ジャバさんが怪我したのか、それとも堀江を休めるためなのか(そういう理由でフッカーの交代していいかわからないけど)不明。

・前半、このまま勝ちに行けるかも?と思わせる連続得点だったが、後半急に失速。 スタミナ切れ?点をとった後、すぐに失点するのは日本代表サッカーよう。 初戦は一番勝ちやすいと言われている。勢いにのって一勝したかったが、残念。

だけど、勝ち点狙いの最後のペナルティーキックは、がむしゃらにやってみるという一年目から、確実に成果を上げるという戦略的な段階にサンウルブズが入ったと言えるのかもしれない。

スクラムの強くなったことも大きな改善。モールでトライなんて、今まで考えられなかった!


2018-03-01T16:25:45.jpg

2018-03-01T16:25:45.jpg

2018-03-01T16:25:45.jpg

↑一番右が振り付け師

2018-03-01T16:25:45.jpg


2018-03-01T16:25:45.jpg

↑フードワゴンのにゅ~めん。日本酒も販売してました


2018-03-01T16:44:42.jpg

↑郷ひろみさん、国家熱唱


2018-03-01T16:44:42.jpg


2018-03-01T16:44:42.jpg

↑グラント・ハッティング負傷


2018-03-01T16:44:42.jpg

↑ジャパーン!

2018-03-01T16:44:42.jpg

↑スクラムは負けてない

2018-03-01T16:24:45.jpg

↑ジー

2018-03-01T16:24:45.jpg

↑レン。外国人に人気

2018-03-01T16:44:42.jpg

↑ラガマルひっそり。耳を上げる必殺技を披露


2018-03-01T16:25:45.jpg

↑子供との体験会に野口さん

2018-03-01T16:25:45.jpg


2018-03-01T16:44:42.jpg

↑チアのみなさん

2018-03-01T16:44:42.jpg

↑白血病から復帰、リアリーファノ


nice!(0)  コメント(0) 

「FIRST TRY CHANCE 」オープニングセレブレーション@丸ビル [■スポーツ観戦]

●HP・・・https://www.rugbyworldcup.com/news/304785

芸能人やラグビー選手がきて、トークショーやセレモニーを行うというので行ってきました。
残念ながら着席でセレモニーを見ることのできる先着に間に合いませんでしたので、周囲の観覧スペースで待つことに。
レッドカーペットはどこにあるの?と思っていたら、まさかの外ー!
丸ビルの中を通って設置されるのかと思いましたよ。しかもビルの一角に、ビルに沿うようにして9の字に赤いのが敷かれてるだけ。ランウェイのように、真っ直ぐ伸びた道を脇から挟み、ワーワー言うのがレカペだと思っていたので… 選手も芸能人も一般人も寒そう!

そんなこんなでひたすらレカペ終了を待つこと45分、Tシャツでワハハと言いながら、最初に入ってきたのはアニマル浜口さんでした。
ボクシングWBA世界ミドル級王者の村田諒太大魔神佐々木、高橋克典、はるこじ、ラグビー選手ではアマナキ・レリィ・マフィ、田中史、キンチャンこと大野均、山沢拓也が登場。

大魔神はナキよりも大きい。高橋克典は噂には聞いてましたがイメージより小さい。170センチもなさそう。スタイルはよかったけどね。中高時代ラグビー部に所属し、途中退部したけどラグビー愛は継続中の様子。
W杯のことを詳細に解説してました。しかも、自分のSNSでカウントダウンを毎日発信しているそう。

田中は当時のW杯で奥さんに遺書を書いたことにコメントを求められると、「本当に泣いてしまうんで…」と本当に涙ぐんでしまいました。きんちゃんはいつものこと、と軽くスルー。田中をヨシヨシするナキが可愛かったです。反対に緊張して何もできなかったのは山沢くん。 若さゆえのへんちくりんなコメントで笑いをとってました。

ボクシング村田はナキの筋肉に注目し、特に臀部を触ってました。「筋肉が柔らかい、理想的な筋肉です」と、さすがアスリートだけあって、見るところが違うんですね。

直前に発表された公式キャラクター『レンジー』もお目見え!歌舞伎も好きなのでこのコラボはすごくうれしい。
写真NG時間での登場だったので一緒に撮れませんでしたが、頭が巨大(笑)

最後にアニマル浜口さんでもわかる、簡単チケット購入の仕方!という主旨の動画が流れましたが、大魔神が「アニマルさんは絶対わかってないと思いますが(笑)、皆さんは若いので大丈夫!」と太鼓判を押し終了(笑)

いや、若くてもこのシステム少し理解するのに手こずったぞ。第一希望欄とかないんだもん。一ファンとして大会が成功すればいいけど、自分が買えなかったら「抽選ってなんなの?ラグビーファミリーは申し込み先着で買えることにすればいいじゃない?」と憤っちゃうよ、ほんと。
一般枠の人が当たってラグビーファミリーが外れたら、それこそ「本当のファン」は行けないことになる。
当選するためにあれこれ悩む時間、待たされる時間…時間の浪費がすごく嫌。
転売でも確実に買える方がよっぽど楽だと思ってしまいます。

話は脱線しましたが、いろんなジャンルの方が見れてなかなか楽しめました。
とにかく高橋克典のラグビー愛が熱かった!

P_20180127_111507.jpg
↑ワールドカップのレプリカ

P_20180127_113114.jpg
↑会場全体図
P_20180127_130512.jpg

P_20180127_134021.jpg
↑レンジー!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

12/24 トップリーグ最終節 Kubota vs NTTコム [■スポーツ観戦]

●HP・・・http://www.top-league.jp/schedule/detail/15031/

最終戦、Kubota勝ちました!
まさか勝てると思わなかったけど、正念場で頑張りましたね。マプーのランが光りました。
Nコムに檄を飛ばす人がいて、それを野次とけなしてる人がいましたが、私はスポーツに野次は付き物と思ってるし、選手にはっぱをかける意味合いでもいいと思うし、もしかしたら元選手で後輩を叱咤激励してるのかもしれないし、いろんな人がいていいと思います。
スポーツには緊張感がないと駄目だと思ってるので、寧ろ何人かいないとしまらない気がします。

と、話はそれましたがNコムは後半アマナキ・レレィ・マフィが投入されてから怒涛の追撃。なんだあの獣は。審判にもタックルしてあわや気絶か?と騒然としました。
Nコムはクボタよりラフプレーが多かったし、集中力に欠いていたのは確か。
最後の試合に今シーズン一試合だけ登場したNコムのヤンチースが、二回コンバージョンキックを失敗したことにも救われました。
それに降格圏内という必死さが影響したのでしょうか。最後まで足が動いていたのはKubotaでした。

フッカーの杉本さんもラインアウト確実に決めてました。

レッドカンファレンス6位になって、降格争いには加わらなくて済みました~。
ということで合ってるのかな?今年はトップチャレンジリーグが設けられたから複雑で。
来年一月六日はトップリーグ総合順位の9位から12位をかけて、ホワイトカンファレンスの5位Canonとまずは戦いますね。
勝ったら9位か10位になり、負けたら11位か12位。得失点差ではホワイトカンファレンスの同位よりも上回ってるのに、損した気分ですね。

そして忘れてたけどこの日はX'masイブ。ところどころサンタ帽の控え選手がいたり、スッピーが恒例のサンタの格好で、お菓子を配っていました。スッピー、ギュッとしてくれたよ! 来年もKubotaを応援します。


〈行程〉
10:00
クボタブースの受付開始。 ビブスをもらい、抽選会⇒外れました。 今年もまた、来年用の卓上カレンダーが欲しいと思いましたが、なんと作っていないそうです。作るよていもないそうな。ホワイ、なぜ?

P1210670.jpg

P1210672.jpg

P1210673.jpg

10:20
スピアーズ ラグビー体験コーナー(サブグラウンド)で、先着200名ミニラグビーボール プレゼントをGET!
恐らく子供にだけ…ってことなんだろうけど、ラインアウト体験させてもらって、ミニボールをもらいました(笑) そして近くの専門学校のトレーナー候補生が無料でストレッチを行っていたので、私もやってもらいました!寒空の小雨がちらつくなか、やりとおしてくれた生徒さんに感謝!
一緒に施術していた先生によると、生徒の勉強のために行っているそうです。お客様とのコミュニケーションをしながら施術することに慣れるため、Jリーグやスポーツイベントに参加しているとのこと。まさにウィンウィン!

P1210679.jpg
↑右手にフーシェ

11:15
JRFU会員の先行入場で会場入りし座席を確保

12:30
【GLOBO デンバープレミアム蘇我店】 へ。200㌘のステーキとサラダバー&スープバー付きで試合開始まで一時間弱、慌ただしくもたらふく腹ごしらえ!メニューの写真とほぼ同じ大きさのお肉を提供する店は久しぶり(笑)。肉厚でちょうどよい焼き加減で美味でしたよ。

P1210693.jpg

P1210694.jpg

P1210695.jpg

13:30
そして会場カウントダウンの後にキックオフ!

P1210700.jpg

P1210751.jpg
↑ヤンチースのプリケツ

P1210762.jpg
↑ナキにタックルされた審判に大丈夫?とねぎらう金

P1210714.jpg

P1210767.jpg

15:30~16:00
西1ゲート(メイン側)でグリーティング。 エルトン・ヤンチース、ラピース、グラント・ハッティングと2ショット。 相変わらず立川不在(笑)

P1210790.jpg
↑ナイスガイたち

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - ■スポーツ観戦 ブログトップ