So-net無料ブログ作成

君の名は。 [青春・恋愛・コメディ]

満足度★60点

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション

「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: Blu-ray

■其処此処に設定のズレと浅さがある

うん。観客動員数の割に評価が低い人も多いので、警戒して観ていたが、概ね面白かった。
特に全編に流れる瑞々しさは清々しい。
登場人物ではウブで生真面目な三葉より、妹の四葉の生意気さ加減が好ましい。
お婆ちゃんはちょっと説教臭いかな…。
突っ込ませてもらうと、高校生の台詞としてちょっとどうかと思うところが。
・「酒税法違反」←高校生が知っててもおかしくないけど唐突。
・「生まれ変わったらイケメンの男の子にしてください」←普通だったら、都会のかわいい女の子にしてくださいというところを、何故イケメンの男の子? これは、何故入れ替わる相手が瀧くんなのかと突っ込まれることへの予防線がありありとしてて、興醒め。
・髪の毛切って「失恋?」←(三葉が巫女だから長い髪に思い入れがあったとしても)いつの時代?
・「嫁入り前のむすめ」←いつの時代?
これらは普通の高校生を描こうとしているからこそ、余計目立つなぁと思いました。また、散々言われていたようにおっさん目線がそこかしこに。ぎりぎり見えない乳首とかね。
色んな人物が頬を赤らめることが多くて、それがなんか漫画のステレオタイプというか、オタクっぽい描写というか…。
あとラスト。忙しい時間にわざわざ途中下車して階段まで行ったのに、すれ違うなよ!
どうせ巡り会うのはわかってるんだから、見つめあったならさっさと話しかけてしまえ!
気をもたせるどころか、まどろっこしくて多少イライラした。
あと、三葉と瀧くんが山頂で出会うところで、記憶の消滅が加速したので驚いた。
入れ替わりが終わって暫く経過しても瀧くんの記憶は無くならなかったのに、三葉の死を意識してから急加速。
口噛み酒も飲んで再び入れ替わったのに、なぜ?
三年前と現在が違う時間軸で同時進行しているのなら、本来ならば、三葉が死んでしまい入れ替わりが無くなった時点で記憶が消えていくのがこの世界上のルールなのではないか・・・?
そこを崩したくないのなら、冒頭を「どうしても思い出せないことがある…」という瀧くんのモノローグにすれば、違和感が減らせたかもしれない。
三葉が彗星が落ちて死ぬことがわかっていたことや、同級生と変電所を爆発させたことは、彼女の中でどう記憶されているのかな。
ま、そこはいいとして、ラストのご都合主義も手抜き。
共通設定がないと、二人が偶然出会うことに無理がある。瀧くんが糸森のスケッチと共に三葉の顔も描いていて、そのスケッチを大事に持っているとか、そういうアイテムがあれば説得力もあっかもしれないのに。
いい映画だからというより、話題だからという理由で見させられた人もたくさんいるだろう。
瑞々しいだけでは感動できない私のような年齢の人には「そこそこ楽しめたが傑作ではない」という評価に落ち着く。
ま、いわゆる中高生向けですね。
余談ですが、ほとんどの人は興味ないだろうが、巫女の舞の戯作と振り付けが歌舞伎役者の中村壱太郎だった!
あそこの動きはよく描けているなと感心していたけれど、適当に拾ってきた動画から作画したわけじゃなかったんですね。
歌舞伎ファンとしては嬉しい発見でした。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

松の内からアフタヌーンティー@マザーリーフ [■グルメ]

●HP・・・http://www.motherleaf.jp/


店内も外装もリニューアルして、よりいっそう上品かつ女子力の上がったマザーリーフで、昼休みに同僚四人とアフタヌーンティーをしました。
松の内からなんて贅沢~(*^^*)
二人分はケーキ四つとスコーン二つ、好きな紅茶を二種類選べて3000円。
一人1500円の気軽な量とお値段です。
ホテルなどで提供される、ボリュームが多いものはちょっと遠慮したい、という場合にとってもぴったり。

私は期間限定のブレンドティーを選びました。
ダージリンベースでほのかにストロベリーのような香りも漂う、茶葉の濃い紅茶でした。
四つのケーキのうち、じゃんけんで負けて残りの二つを頂いたが、どちらも四角いケーキだったので体積的にちょっとお得?(笑)

【デリスフランボワーズ】=フランボワーズのクリームがサンドされたスポンジケーキ。
【マスカルポーネ&ベイクドチーズケーキ】名前そのまま、こっくりとしたチーズケーキ。
スコーンには木苺のジャムと、クロテッドクリームがついて。
初めて食すクロテッドクリームは、マーガリン風味で、触感はバターよりもサワークリームのようにやや軽かったです。

同じく1500円で一人様用のワンプレートのアフタヌーンティーセットもあるので、同伴者と無理にアフタヌーンティーにしなくてもいいのが嬉しいですね。

2018-01-11T02:28:46.jpg

2018-01-11T02:28:46.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2017イルミネーション~六本木ミッドタウン・汐留・ミチテラス [■お出かけ・雑記]

●カレッタイルミネーション~真実の愛の物語・・・http://www.caretta.jp/Illumination/
●スターライトイルミネーション・・・http://www.tokyo-midtown.com/jp/xmas/illumination/stlgarden.html
●ミチテラス・・・http://www.tokyo-michiterasu.jp/

イルミネーション総括です。今年はイルミ好きの友人とたっぷり堪能しました。
汐留は職場から近いので、寧ろ足早に通過してしまうのですが、今年は真面目に鑑賞(笑)
「美女と野獣」をテーマに、ベルと野獣をイメージしたライトアップ。
ミュージカルのように音楽に合わせて点灯する趣向はなかなかでしたが、一箇所にぐっと集まっているのでそこを見てしまうと後は何もありません。カレッタはそれが残念かな。

ミッドタウンの宇宙をテーマにしたイルミネーションが、光で絵を描くようで素敵でした。
私たちが見に行ったときは月曜だったので「月」がテーマ。球体に地球や月が投影されて、ショーといっても過言ではないスケールです。
この日は【麺匠 竹虎】で腹ごしらえ。 壁面の虎の絵とシャンデリア風照明がバブリー。
個室があるので、他人の目を気にせず啜れちゃいます。
ラーメンは色々種類がありましたが、基本の「あご出汁醤油ラーメン」をチョイス。
スープに潜む魚独特の苦みとコクが美味。 チャーシューも肉厚で美味。
居酒屋のように利用してもらうことを意識した店なので、つまみも豊富に揃っています。

●麺匠 竹虎・・・http://www.menshou-taketora.com/

ミチテラスのほうは、歩きながらイルミネーションを楽しめるし、レストランやカフェからでも眺められるので、何時間でも楽しめる。
街全体がしっとりとした雰囲気で落ち着きます。風情が正確にいうとミチテラスではないのですが、丸ノ内イルミネーションがシャンパンのように光が弾けてきれいです。
最近ブルー系のネオンが多いので、淡いろうそくのような光がとても温かみがあって、個人的には好きです。

帰りは「KITTE」のメリーチョコレートが経営する「Mary's cafe」へ。
チョコは店頭で量り売りしているチョコを50g、好きな種類を選び店内でいただきました。

「Mary's café」・・https://www.mary.co.jp/mary/marys_cafe/

2017-12-31T20:51:28.jpg
2017-12-31T20:51:28.jpg2017-12-31T20:51:28.jpg
↑カレッタ

2017-12-31T20:51:28.jpg
↑シャンパングラスのようなイルミ
ミッドタウンイルミ.jpg
↑ミッドタウンの、ショーのような音と光のイルミ

2018-01-19T12:03:30.jpg

2018-01-19T12:03:30.jpg

2018-01-19T12:03:30.jpg
↑竹虎


2017-12-31T20:51:28.jpg
↑ミチテラス
2017-12-31T20:51:28.jpg2017-12-31T20:51:28.jpg
↑花に彩られた東京駅・丸の内

2017-12-31T20:51:28.jpg
↑イルミ帰りの客で大人気でした


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

2017年 鑑賞した映画&ベスト5 [▼各年鑑賞映画リスト&ベスト5]

★は劇場で鑑賞

総括すると今年は面白いものを観たなぁ!という満足度が低い。
特に大作に期待はずれのものが多かった。

デッドプール 】は公開時から評判が良かったのでとっても期待してしまった分、面白いけど手を叩いて興奮するほどではない…というのが感想。

【スター・ウォーズ 最後のジェダイ】、【 バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 】の脚本が酷い。
作り続けなければいけないシリーズ作品がために、脚本が練りきれてないままプレジェクトが先走って動いてしまったような、典型的な失敗作の匂いを感じる。

あと全く作る必要のなかった続編も。 【10クローバーフィールドレーン】 【インディペンデンス・デイ リサージェンス】 。
前者は映画としては面白かったけど、果たして続編として必要かというと微妙。
ということで今年度鑑賞した映画74本中のベスト5.


1…きっと、星のせいじゃない
2…アバウト・タイム いとおしい時間について
3…月に捕らわれた男
4…
her 世界にひとつの彼女
5…ライフ!


ベイマックス
隠し砦の三悪人
ホビット竜に奪われた王国
ホビット 決戦のゆくえ
プロジェクト・アルマナック
★ヒトラーの忘れもの
ヒトラー最期の12日間
フューリー
ミッドナイト・イン・パリ
★沈黙
別離
★ラ・ラ・ランド
ライフ!
きっと、星のせいじゃない
フィフス・エステート
世界から狙われた男
トランスポーター
ウォルト・ディズニーの約束
★ムーンライト
シン・ゴジラ
アフター・アース
あの日の声を探して
インサイド・ルーティン・ディビス
★メッセージ
アバウト・タイム 愛おしい時間について
★怪物はささやく
スローターハウス5
僕だけがいない街
ジョン・ウィック
ローン・レンジャー
her 世界でひとつの彼女
ダイバージェント
ジェイソン・ボーン
月に捕らわれた男
ジョジョの奇妙な冒険
複製された男
10クローバーフィールドレーン
インディペンデンス・デイ リサージェンス
パージ
デットプール
アイヒマンショー
ヒトラーの代理人
ハドソン川の奇跡
ドント・ブリーズ
マギー
SPI/スパイ
世にも怪奇な物語
フィフス・ウェイブ
バットキット・ビギンズ
ヴィジット
★エル
ファンタスティック・ビースト
アラバマ物語
★ダンケルク
テッド2
プロトタイプL9
その女諜報員アレックス
トゥルー・ストーリー
エベレスト3D
96時間
96時間リベンジ
96時間レクイエム
シークレット・アイズ
★ブレードランナー2049
ホワイトハウス・ダウン
ポンペイ
ウォーカー
バイオハザード ザ・ファイナル
ファンボーイズ
★オリエント急行殺人事件
★スター・ウォーズ 最後のジェダイ
あかひげ
バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生
ジュラシック・ワールド

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

衝撃のスター・ウォーズ展②~幻のポスター [★STAR WARS]

VRを体験するだけのために、行ってきました二回目。
展覧会内部のVR「BBー8」を修理しようというゲーム性のあるVR。

操作するレバーは一種類。
ヘッドセットを装着すると円形の部屋があり、中央に修理ドロイドがいます。
修理台の上にスタートの合図である↓が宙に浮かぶので、それにレバーを向けると操作する目印のビームが出てきます。↓似向けてクリックすると、ゲームスタートで、後方の貨物エレベーターでBBが降りてきます。

色々なタイプのBBがいるようですが、私は映画の主役といえるオレンジ×白のBBを修理しました。
ミッションごとに↓が現れるので、それをクリックしていくだけの至極簡単なゲームなのですが、左右と下にけっこう広い範囲で顔を巡らせないと、↓を見失ったりします。

BBにセッティングするカードのようなものを交換するのですが、間違ったカードを抜いてしまうとBBが「ピー!」と泣いて可愛い(笑

ゲーム自体は簡単ですが、視界の奥に広がる空間は意外と広く感じるので、面白い。
任務完了すると1分くらいBBを動かせるので、VRの中の部屋を遊ばせたのですが、これ端から見ると馬鹿みたいに見えるんだろうなぁ。

※ちなみに入り口には各ポスターが飾られている。こちらのタイトルに要注目!

>>wiki抜粋
ルーカスフィルムは当初、本作の副題を『Revenge of the Jedi』(『ジェダイの復讐』)と発表した。その後、パラマウント社が『スタートレック』シリーズの劇場版第2作の副題を『Vengeance of Khan』(『カーンの復讐』)と発表したため、ルーカスフィルムが副題が類似しているとパラマウント社に抗議し変更を求めた。対立の末パラマウント社が折れ、『スタートレック』の劇場版第2作は『The Wrath of Khan』(『スタートレックII カーンの逆襲』)に変更された[2][3]

しかし本作の公開直前になりジョージ・ルーカスが「高潔なジェダイの騎士に「復讐(リベンジ)」という言葉はそぐわない」と考えを改めたことと、「リベンジ」という言葉が女性客に受けない等の理由で『Return of the Jedi(『ジェダイの帰還』)』に変更した[2]


だが、日本ではすでに『ジェダイの復讐』名義の(宣伝ポスターなども含める)関連商品の生産がすでに充分に進んでおり、宣伝効果として同名義での認知度はすでに高く変更が間に合わない、また興行的成功を狙ったインパクトのある副題を求めたため[要出典]、そのまま『ジェダイの復讐』として1983年に公開され、1997年に公開された《特別篇》でも踏襲された[4]2000年夏に日本で本シリーズのファンが改題署名運動を行ったが実現せず[要出典]2004年の「スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX」の発売を機に、ようやく日本でも原題の直訳である『ジェダイの帰還』へ変更された。

IMG_20171222_182620.jpg
DSC_1929.JPG
DSC_1930.JPG
↑腹ごしらえにランチパック
DSC_1933.JPG
↑当初はジェダイの復讐というタイトルだったのだが、ジェダイの帰還に変更された。

しかしポスター類は作成してしまっていたためポスターでは復讐となっている。
幻のポスター!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画